6/23にサイトを移転しました(現在ご覧のサイトは新サイトです)。
新しいURLは『http://demonition.com/』です。お気に入り・RSS等の変更をお願いします。

フェイト/エクストラ ろび~な 第17話 感想

2012年11月09日 Fate/EXTRAコメント(0)
コンプティーク 2012年 12月号 (8)

ランルー&ランサー戦決着。
レオがヴラド三世の真名を教えてくれたりしてたので予想はしてましたが学園内での決着となりました。
つまり4回戦は不戦勝扱い。
それでも報酬(対戦相手の情報)をくれるという話ですけどつまり5回戦のモノだろうか。
なんにせよオリジナル要素で面白くなってきた。
続きを読む

フェイト/エクストラ ろび~な 第16話 感想

2012年10月10日 Fate/EXTRAコメント(0)

オルジナル展開すごい
言峰の提案するゲームってのは原作と一緒で狩猟なんだろうなと思ったら一味違う?いやかなり違う。
なんと狩りの対象になったのは度重なるペナルティを犯したランルーくんとランサー。
他のマスターたちがこれを討伐できたら報酬として対戦相手の情報を渡すというものでした。
Zeroキャスター討伐の暫定的ルール変更のあれをEXTRAでやった感じですね面白い。
続きを読む

フェイト/エクストラ (2) ろび~な

2012年03月24日 Fate/EXTRAコメント(0)
フェイトエクストラ 2巻 (1)

Fate/EXTRA(フェイト/エクストラ)のろび~なさんによるコミカライズ版の2巻を買ってきました。
電脳空間で繰り広げられる聖杯戦争。
第2巻ではロビンフッドとの決着と第3回戦の開始と決戦前夜まで描かれています。

雑誌掲載時の感想 → 6話 7話 7話その2 8話 9話 10話 11話


フェイトエクストラ 2巻 (2)

第2回戦の対戦相手であるダン・ブラックモアとロビンフッド。
二人の騎士として戦いに挑むマスターと何をしてでも勝とうとするサーヴァントという主従が描かれています。
卑怯な手段を厭わぬサーヴァントに対するダンの憤りは本物で、令呪を使ってまでアーチャーにフェアな戦いをさせます。
大事な令呪を敵マスターを助けることに使ったダンも凄いが、令呪を持ち出さないと言う事を聞かないロビンも凄い。
二人とも頑固です。

この巻ではそんなダンとロビンの過去が語られています。
ダンは妻のために軍人としてではなく騎士として今回の戦いに挑んだこと。
ゲームでは接点の無かったあの男と戦場で会話を交わしたというのは面白いですね。
ロビンはシャーウッドの森で村の人達のために戦った生涯が語られています。
ここでロビンも騎士に対する憧れがあるのだというのが明らかに。

決戦でも持ち前の技を生かしてセイバーと白野を追い詰めます。
やはり身を潜め、毒を使い、不意打ちも辞さないその戦い方は強い。
しかし覚悟を決めた白野の言葉にダンは真正面からぶつかることを選びます。
ロビンもダンの信頼と騎士という言葉に触発されて正々堂々セイバーと白刃で切り結ぶ。

フェイトエクストラ 2巻 (3)

結局セイバーに負けてしまうのですが、その表情は終始嬉しそうでしたね。
最後に自らの思いを告白して満足そうに消えて行ってしまいました。
消える前の表情・・・何というか清々しく全ての闇が消えたって感じでしたね。
この主従は対照的なようでいて、騎士の憧れなど似ている部分がちゃんとあったというわけです。

ダンも最後に自分の在り方を教えてくれました。
記憶もなく流されるだけの白野も一つずつ成長していきます。

そして第3回戦の対戦開始。
ここまで来ると他の実力者が目をつけて関わってくるようになります。
殺し屋にテロリストなど、とてもお近づきになりたくないような人ですよ(笑)。
ああ、でも凛は可愛いから是非ともお近づきになりたいw

フェイトエクストラ 2巻 (5)

可愛いと言えば今回の対戦相手、ありすとアリスという2人の少女も可愛い。
でも可愛いからって近づくとちょん切られちゃいますよ。
無邪気で年相応の笑顔を見せてくれますが、とてつもない相手です。
自由自在に移動でき、対戦相手をアリーナに引き込む。
固有結界まで使いこなし、呼び出したお友達のジャバウォックの戦闘力は凄まじい。
枚挙すれば反則なみの強さですね。
それはセイバーとサンサー2人がかりでもなおこっちが不利になる展開からも分かります。

白野は凛やラニといった協力者のおかげで攻略の糸口を手に入れます。
そしてありすとアリスの謎も少しずつ明らかに。
対策は立てたものの、今までの相手とは事情が違う背景に白野は思い悩み決断できません。
セイバーの助言を聞いても白野は割り切れないまま次の巻へと続きます。

フェイトエクストラ 2巻 (4)

聖杯戦争の過酷な運命が描かれていますが、それと同じくらい可愛い赤セイバーも見れます。
相変わらず赤セイバーさんはドヤ顔可愛い!

フェイトエクストラ 2巻 (7)

番外編では岸波白野(♀)ちゃんも活躍してます。
セイバーさんは別に娘の姿でも一向に構わないとか。
まあ美少年も美少女も両方いけると豪語して憚らないお方ですからねw

設定資料集では今回の巻で活躍したキャラが解説付きで載ってます。
ラニはギリギリを攻めたいという話ですがこれはアウトな気が!
ろび~な先生は女の子は可愛く描きたいと言っているので今後も楽しみです。

フェイトエクストラ 2巻 (8)

でも男もかっこよく描けてると思います。特にダンとロビンの主従は。
ダンは渋いしロビンは普段の甘い顔から「はあああ!?」って表情もちゃんと描かれてるので見ていて面白い。
ダンのビジュアルは確かに学園モノでは目立つというか浮いてるかもしれませんねw
相変わらずゲームとは違った楽しみを提供してくれるコミックですよ。
続きを読む

フェイト/エクストラ (1) ろび~な

2011年09月20日 Fate/EXTRAコメント(0)
フェイト/エクストラ ろび~な 1巻 (1)

PSPソフト「Fate/EXTRA(フェイト/エクストラ)」のろび~なさんによるコミカライズ版です。
右はアニメイト特典のメッセージペーパー。
これのゲーム版は楽しく遊ばせてもらいました。
続編のCCCも今から楽しみです。

本家とは違ってエクストラの聖杯戦争は月にて行われます。
それも霊子で構築された仮想現実世界と一風変わった舞台で戦いが繰り広げられることに。
聖杯戦争の基本であるマスターとサーヴァントによる戦いは原作と同じですね~、
しかし参加者が128人だったりトーナメント形式だったりと違うところも色々あります。
ムーンセルや「SE.RA.PH(セラフ)」などエクストラならではの用語も出てきますよ。

物語はこの戦いに主人公である岸波白野が巻き込まれる所から。
まだ予選だというのにサーヴァントが激突!
ランサーとランサーが戦ったりと、ゲームでは見れなかった夢の展開は面白いと思います。
そんな中、白野は記憶喪失だということで何が起こってるかもわからず翻弄される羽目に。

フェイト/エクストラ ろび~な 1巻 (3)

絶体絶命のピンチに現れたのが真紅の衣に身を包んだ男装の少女
背中と胸が丸出しに近いことになっているけど男装ったら男装ですw

主人公はこのセイバーと共に熾天の玉座を目指して戦っていく事になります。
原作のセイバーさんとはまた違う魅力がこの赤セイバーさんは満載です。
一言で言うとコミカルな子犬系暴君でしょうかw
それとお○ぱいが大きいのも原作のセイバーさんとの最大の違いですね!
おや、まだ明るいというのに地平線の彼方に星らしき光が・・・。

フェイト/エクストラ ろび~な 1巻 (5)
フェイト/エクストラ ろび~な 1巻 (6)

設定資料集が8ページあるもの嬉しいですね。
解説にはさまれた小ネタなども面白いですが、レオタード姿の赤セイバーがヤヴァイです!
これが乙女のいじらしさの発露という赤セイバーの発言にキャス狐がツッコミを入れるのもわかろうというものですよw
>ドレス下のレオタードのデザインは、私のただの妄想です。
いいセンスだ

フェイト/エクストラ ろび~な 1巻 (7)

そして「あとがきEXTRA」という漫画。
コミカライズ版の主人公の名前決定に関するエピソードが載っていたのですが、
この岸波 白野(きしなみ はくの)という名前は奈須きのこさんによる命名だそうです。
またコミック本編では主人公は男性になっていますが、4コマでは女性主人公を扱った
ネタが展開されていました。
>奈須きのこ:ザビエルじゃ・・・・ダメ?
ゲーム中のある選択肢のせいで一部ではザビエルと呼ばれてる主人公ですが、
公式でその名前になっていたらどうなっていたのかはちょっと気になりますね(笑)

フェイト/エクストラ ろび~な 1巻 (8)

さらに岸波 白野(♀)が活躍する漫画も載ってました。
>ろび~なさんの描く女主人公も見てみたいと思ったり
前のコンプティークの記事で自分はこんなことを言いましたが、まさか実現するとは(笑)
やっぱり思った通りで可愛いですねw


というわけでこのフェイト/エクストラのコミカライズ、ゲームファンの方にお勧めです。
作中で色々な表情を魅せてくれる赤セイバーさんは必見ではないでしょうか。
赤セイバー本当にかわいいよ!
おまけ漫画や設定資料も充実していて読み応えがあります。
こういう描き下ろしがあると買うほうとしては嬉しいですね。
次の巻でもこういったコーナーを設けてくれることに期待です。
続きを読む