6/23にサイトを移転しました(現在ご覧のサイトは新サイトです)。
新しいURLは『http://demonition.com/』です。お気に入り・RSS等の変更をお願いします。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (5) ひろやまひろし

2012年03月23日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (1)

ひろやまひろし先生のコンプエース連載漫画、プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!の5巻を買ってきました。
ツヴァイはこれが最終巻になりますが、物語はここから新たなる展開に突入していきます。
アニメ化企画進行も決定していて、プリズマ☆イリヤはどんどん盛り上がりを見せてくれる。
Fate/stay nightのスピンオフ漫画であるこの作品もここまで来たかという感じですね。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (6)

ちなみにアニメ化は去年から進んでいたそうです。
担当編集者さんに居酒屋でポロリされたとか(笑)。

では雑誌掲載時の感想と共にいってみようと思います。

第23話 監視者
この号は巻頭カラーで表紙は武内崇さんとひろやまひろしさんのコラボイラストでしたね。
圧倒的な力を見せた黒化英霊が鏡面界を破壊してこちらの世界へとやってきてしまいます。
地底からヴィマーナで軽々と地盤を突き抜けて地上に行くまでの過程は圧巻でした。
この辺りから見覚えのある宝具もチラホラ出てきてこの英霊の正体は疑いようもありませんね。

第24話 地下のその地下にあるモノ
この号にはプリズマ☆イリヤが活躍するドラマCDの「イリヤエ・ロボマエ」が付いてました。
マジカルルビーと琥珀で声優がかぶってしまうのですが、その時の対応策は意外なものでしたw

カレン・オルテンシアも本編に関わってきてシリアスに拍車がかかる。
こんな空気でもコミカルなシーンもちゃんとあるあたりは流石の一言。
カレンの戦闘服に「スカートはいてない」ネタをやってくれました(笑)。

大空洞のある円蔵山に向かった黒化英霊を見つけたイリヤと美遊。
巨大な魔方陣の上で笑う黒化英霊を押し出そうとするのですが、押し出されたのは金髪の子供でした。
まさかの子ギル登場にはビックリでした。しかも全裸。
その上イリヤに●●●を握られていたというから、もう何がなにやらって感じですねw

第25話 金色の少年

ワールドワイド!さすがは英雄王でございます。
この号はギャグな部分でしっかり笑せてくれました。
異常事態が進んでる中ですっぽんぽんの子供とやりあう魔法少女というのも凄い絵です(笑)。
そして子ギルから語られる驚愕の事実からシリアスへ。
アインツベルンとは別の聖杯戦争や美遊の秘密、そして平行世界の関わりが明らかに。
ここから謎がいろいろと分かってきます。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (2)

ちなみに修正されてる所もありました。
雑誌掲載時に修正するって言ってましたがまさかこっち方面とは。これは際どい(笑)。

第26話 黒色の運命

これまで謎だった様々な設定が明かされるのですが、
それがFate本編の設定を踏襲しているからファンとしてはたまりません
聖杯や並行世界などに美遊も絡めて、ここにきて物語の根本に関わる存在となりました。
そして子ギルのお姫様発言と共になんだか囚われのヒロイン的なポジションへと。
それを助けようとするイリヤはまさにヒーローですね。
イリヤと美遊の友情が大きく描かれているのが見所でした。

最終話 世界の片隅で君の名を

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (3)

イリヤが覚醒してツヴァイフォームの新コスチュームをお披露目。
可愛く素敵な姿で巨大な黒化英霊と真っ向からぶつかるバトルシーンが見所です。
いや、それにしてもバトルの迫力が半端無い。怒涛の勢いで戦闘してます。
何よりエアと打ち合う程の力を見せるのだから驚きですね。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (4)

イリヤの奮闘もあって助け出された美遊。
「わたしたちは友達だから」の流れから、イリヤと美遊の美しい友情を魅せてくれます。
美遊の表情が乙女チックモード全開。二人の絆がより深まったのを感じさせる実に美しい光景です。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (5)

このまま大団円かと思った所に現れたのは謎の二人。
片方はアーチャー(ギルガメッシュ)のカードをインストールした少女。
もう一人は何者かサッパリ分かりません。
わかったのはエアの作った世界の裂け目から美遊を迎えに来たということ。
ということは並行世界の存在でしょうか。
しかし美遊に対する扱いがとても好意的なものではありません。

そして引き裂かれるイリヤと美遊の絆。
ハッピーエンドかと思った矢先に訪れた衝撃のラストでした。
改めて表紙を見直してみるとこの結末を予感させるかのような切ない構図になっています。
一体二人は、そして周りに居た他のメンバーはどうなってしまったのか。
この結末から物語は3rei(ドライ)へと続きます。


最終巻と聞いてどうまとめるのかと思ってたら、まさかのドライです。
ここからどのように物語がどのように展開していくか本当に気になりますよ。
とりあえず受肉した子ギルが今度こそ味方になってくれたら個人的に面白いと思っていたりする。
普通なら強すぎる味方ですがエアやエルキドゥのような主力はたぶん持ってかれてるんじゃないかなと。
子ギルも友(鎖)を取り戻すためという奇しくもイリヤと同じ目的を持つ展開になったら燃えるではないですか!
全力を出して負けた子ギルがなんだか清々しそうだったから、イリヤを友人として扱うとかも面白いかも。

まあ自分の予想はあてにならないので鵜呑みにしないように(笑)。
まだまだこの作品が楽しめるというのは純粋に嬉しいですね。
アニメ化も決まりましたし盛り上がりも絶好調なプリズマ☆イリヤをこれからも応援していきたいと思います。
続きを読む

コンプエース 2012年 3月号 購入

2012年01月26日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 3月号  (1)

表紙はえびてん。
巻頭特集は魔法少女リリカルなのはでした。


Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! ひろやまひろし

子ギルよって美遊が言えずにいた事実が暴かれる。
8枚目のクラスカードがあった場所は平行世界の境界面でした。
そのためにゼルレッチが介入してきたとはバゼットさんの談。
平行世界だけでなく聖杯戦争のことも理由に入ってそうだと思ったり。

コンプエース 2012年 3月号  (2)

美遊は生まれながらに完成された聖杯、天然物でしかも中身入り、そしてオリジナルに極めて近いレアリティ。
そのため件の平行世界では美遊のために聖杯戦争が作られたとか。
イリヤとは境遇が真逆ですね。

そうこうしてる間に黒化英霊も巨大化して凄いことに。
巨大な腕に捕らわれた美遊は取り込まれる前にサファイアのステッキをイリヤに託します。
続いて子ギルも黒化英霊と合体。
子ギルはイリヤに協力してくれるのかと思ってたんですが、ラスボスになってしまったでござる。
大魔王バーン様の最終形態よろしく暴れる姿は圧巻の一言。

「劣化物(レプリカ)じゃ 原典(オリジナル)には勝てないよ」

イリヤは射殺す百頭(ナインライブス)で攻撃するも、子ギルは真・射殺す百頭(ナインラウブス)で迎撃。
ホーミングレーザーでイリヤの斧剣はあっという間に粉砕。やはり強いな。
しかしイリヤもアサシンによる身代わりで攻撃をかわしたりと上手く戦ってます。

コンプエース 2012年 3月号  (4)

このどうしようもない怪物の中心部で美遊は生きてはいる。
イリヤに自分もろとも倒してくれと言いましたが、当然「はいそうですか」ってわけにはいかない。
だって二人は友達ですからね。
それなのに「わたしごと壊して」だの 「関係ないあなたを巻き込んでしまってごめんなさい」
なんて言われたら怒るでしょう。
友達に言うセリフじゃないって、まったくもってその通り。
美遊を引きずり出してひっぱたいてやるという決意と共にイリヤは覚醒。
ルビーとサファイアの二つの力を合わせたカレイドライナーツヴァイフォルム!
今まで逃げるのに精一杯で、反撃することすらできなかった圧倒的な攻撃を受け止めてしまいます。

コンプエース 2012年 3月号  (5)

なんという超王道展開・・・燃える。
お約束ですがですが、やっぱりテンション上がってしまいますね。
この先が非常に楽しみなだけに来月号は休載というのが残念でならない!
続きを読む

コンプエース 2012年 2月号 購入

2011年12月27日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 2月号 (1)

表紙はらき☆すた。
なんだか表紙も付録も新年ムードですね。


Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! ひろやまひろし

コンプエース 2012年 2月号 (2)

本編お休みで番外編です。
栗原雀花とその姉によるコミケ前の修羅場。
時期的は違えどネタがタイムリーですね(笑)

コンプエース 2012年 2月号 (3)

なんとこの番外編はTYPE-MOONエース VOL.7に掲載されていた番外編と繋がってます。
落とした原稿の台割にミミちゃんの「禁断のカルテット」が採用される事に。
登場人物の題材はもちろん友達です(笑)
性転換させる前のアイディアとか見てみたいかも

今回は番外編と言うことでページも少ない短めのお話でした。
プリヤは今最高に盛り上がってるのでそりゃもう先が気になってます。
子ギルの活躍が早く見たいですよ。
続きを読む

コンプエース 2012年 1月号 購入

2011年11月29日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (1)

表紙はPSPゲームの魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-
なのはとヴィヴィオと一緒に移ってるのはゲームに登場するキャラクターですね。
自分はゲームを遊んでないのでこのマテリアルズについて詳しくは知らないんですよ。
とある格闘ゲームの情報体みたいな扱いなんでしょうか?
そのマテリアルが活躍するマテリアル娘が新連載するのでこの機会にチェックしてみようと思います。


コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (2)

付録として真剣で私に恋しなさい!のドラマ&ラジオCDが付いてきます。
約55分収録でドラマパートはタカヒロさんの書きおろしだとか
前半のラジオパートはまじこいが初めての人向けのキャラ紹介を含めた語りです。
後半のドラマパートは5話のエピソードが楽しめます。
中々面白かったですが男はキャップのみで大和が居ないからちょっと物足りないかもしれません。
でもタカヒロさんが書いてくれてるしキャストが8人も居るので充分豪華で満足できました。
個人的に2話の仲良し三人組が良かった。


Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! ひろやまひろし
衝撃的な登場を果たしたギルガメッシュ幼年体バージョン。
まさかのすっぽんぽんで(笑)

コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (4)

全裸なのに堂々としているとはさすが英雄王であらせられる。
イリヤと美遊のほうが恥ずかしがってますよ
これが青子先生みたいなショタコンのお姉さんだったら大喜びでしょう(笑)
イリヤ達には刺激が強すぎるようですねw

コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (5)

この子ギル、分離したけど力の大半は黒い英雄王の下にあるみたいです。
子ギルのゲート・オブ・バビロンにはろくなものが無いとか。
この分だとエアも向こうにあるのでしょうね。
小ギルの台詞から察するにつつがなく受肉もしてそうでいよいよ手に負えなくなってきた感じです。
とりあえずバビロンに服が入っていたのはイリヤ達には幸いだったね(笑)

そして黒い英雄王が聖杯を求めていることや、今回の件に平行世界が関わっていることが明らかに。
ここはやっぱりかーって感じですね。
予想してたとはいえ、こうやって核心に迫られるとテンション上がる。

コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (7)

子ギルよって暴かれる美遊の触れられたくない秘密。
聖杯戦争の続きをするには美遊が必要。
そして美遊は平行世界のお姫様!?
盛り上がって来ましたね!


コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (10)

コンプティークにまたカーニバル・ファンタズムのドラマCDが付くので要チェックですね。
続きを読む

コンプエース 2011年 12月号 購入

2011年10月26日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
¥

今月号は豪華付録として「TYPE-MOOON10周年記念ドラマCDfeat.カーニバル・ファンダム」と、
魔法少女リリカルなのはViVidのクリアかけかえカバーが付いてきます。




コミック125万部突破記念ということで?全員が裸エプロン。
しかもニーソまで装備していてなかなかにえっちぃです。


コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (3)

TYPE-MOOON10周年記念ドラマCDfeat.カーニバル・ファンダム
「イリヤエ・ロボマエ」

・イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:・・・門脇舞以
・マジカルルビー:・・・高野直子
・遠野秋葉:・・・ひと美
・琥珀:・・・高野直子
・翡翠・メカヒスイ:・・・松来未祐
・遠野志貴:・・・野島健児
・???:・・・中田譲治

相変わらず所々にちりばめられたパロディネタが凄いw
溶鉱炉に落ちていく殺人ロボットと「hasta la vista baby」のセリフ
これってあの名作映画じゃないですかw
メカヒスイによる旧エヴァ劇場版ネタとかやりたい放題だな(笑)
またそれが面白いんだけどねw

コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (5)

内容はプリズマ世界のイリヤが遠野邸にて琥珀さん率いるロボット軍団と戦うお話です。
なんというカオス。うんいつも通りの内容でした。
相変わらず遠野邸は人外魔境ですねw

琥珀さんはとうとう志貴のメカまで作りましたか。
愛の言葉を囁く仕様で一部のヒロインに需要がありそうだな。
エミヤや約束された勝利の剣のBGMを変なところで使うなw
臨場感あふれるBGMの効果と妙なシチュエーションのせいで本当にわけわからん事になってるw
47分にも及ぶカオスで面白いドラマCDでした。

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! ひろやまひろし
前回の事態急変からヴィマーナを駆る英雄王を追うイリヤ達。
追いかける前にイリヤがカレンに聞いた事は「スカート履き忘れてませんませんかッッ!?」
ファンはもう慣れちゃってますが初めて見る人はやっぱりなんでこの人スカートはいてないの? って言いますよねw

コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (6)

カレンさん照れちゃってますよ。
やはり小学生に面と向かって(しかも善意)言われるのはちょっと恥ずかしいのだろうかw

そして事情が色々と明らかになってきてきましたね。
やはり今回の事件はもうひとつの聖杯戦争が鍵のようです。
地下大空洞の魔方陣に見覚えがあるというルビー。
イリヤが儀式という言葉を使ったのも気になります。
果たしてイリヤの聖杯の器としての機能が関わってくるのかどうか

コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (7)

件の英雄王はあっというまに地下大空洞に辿り着いて術式を起動。
一撃で地表を蒸発させるとか本当にめちゃくちゃなお人です。
目的は聖杯による受肉でしょうか
このままじゃまずい!と魔方陣から黒化英霊を押し出そうとするイリヤと美遊。
黒化英霊めがけて突貫し、押し出そうとして現れたのは・・・

コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (9)

まさかの子ギル登場
子ギルが登場して小学生組みと絡めば面白いだろうなーとは思いましたが本当に登場するとは・・・。
しかし魔方陣の中の黒化英霊もまた健在です。
もしかして英雄王vs英雄王の対決になるのだろうか。
これは面白くなってきましたね!


コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (4)

Fate/Zeroのコミックアラカルト乱雲編の情報がありました。
参加する作家さん次第ですが今のところ購入予定です。
続きを読む

コンプエース 2011年 11月号 購入

2011年09月27日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2011年 11月号 Fate関連 (1)

表紙はプリズマ☆イリヤ ツヴァイ!
なんと武内崇さんとひろやまひろしさんのコラボイラストです。
これはいいものだ!
ひろやまひろしさんのイリヤへの愛深き作品、プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!をこれからも応援しております。


コンプエース11月号 ドラマCD

今月号は付録にシュタゲのドラマCDがついていますよ!
綯が料理を教えて欲しいということでラボメンのみんなが奮闘するお話でした。
鈴羽はやっぱりサバイバル的な料理を作ろうとしてましたなwバッタはやめて!
萌郁はカップメンというねwしかも中にブートジョロキアとか入れて恐ろしいことに・・・!
今回はミスターブラウンメインみたいな感じで面白かったですね。
最後の最後にオカリンに弁当を渡す助手はいいツンデレで良かったw
でも助手の料理の腕前は・・・お察しくださいw
約37分とボリュームもあり非常に楽しめたドラマCDでした。


Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! ひろやまひろし
表紙に続いての巻頭カラー。
前回で圧倒的な力を見せた黒化英霊からほうほうのていで撤退したイリヤ達。
しかしすぐさま目の前に現れその威容を見せつけます。
黒化してるとはいえ流石は英雄王、閉じ込めておける檻などありませんね。

コンプエース 2011年 11月号 Fate関連 (2)

最終手段としてコンクリと地層を合わせ1000万トンで押しつぶそうとするものものともしません。
ヴィマーナで地層を軽々と突き破って空を悠々と飛び回る我様。
本当に手がつけられないというか、どうしようもない(笑)。

コンプエース 2011年 11月号 Fate関連 (3)

手詰まりなみんなの前に現れたのはなんとカレン・オルテンシア。
聖堂教会所属でバゼットのカード回収のバックアップ兼 監視者だそうです。
やはりただの保険の先生ではありませんでしたね。
しかしその名前は無理があるでしょw

コンプエース 2011年 11月号 Fate関連 (4)

そうこうしてる内にヴィマーナは聖杯の眠る地である地下大空洞を目指して飛んでいきます。
英雄王の目的は聖杯なんでしょうかね。
そして色々と知ってそうなカレンですがいったいどんな事情があるのやら。
事態が急変してきて先が気になります。次回に期待ですね。

MELTY BLOOD X 桐嶋たける
いよいよオシリス改とのラストバトルです。
黒幕というか元凶が琥珀さんだった事実をなんとか隠そうとする秋葉w
この騒動を収束させるために誰よりも張り切ります(笑)

コンプエース 2011年 11月号 Fate関連 (7)

その頑張りもあってオシリス改の暴走を食い止めることに成功。遠野家の身内の恥を晒さずに済みましたw
そしてこの路地裏ピラミッドナイト編ですが今回が最終回だったみたいです。
路地裏同盟よ永遠に。という感じで終わりましたがなんだか終わった感じがしませんねw
また別のエピソードがあったら見てみたいですね。

Fate/Zero コミックアラカルト 狂言 雌鳥
楽屋のような謎時空でサーヴァントとマスターが一同に会してバーサーカーの相談に乗るお話。
何故かギルガメッシュだけいません。

コンプエース 2011年 11月号 Fate関連 (8)

しかし何とも低姿勢で話す狂戦士だなw
彼の正体を知ってる型月ファンなら意外とすんなり受け入れられるかもしれませんよw


コンプエース 2011年 11月号 Fate関連 (9)

カーニバルファンタズムの記事もありました。
なんとまたしてもブルマ。
前の記事でもセイバーと秋葉のブルマがありましたが今回はアルクェイドも居ますよ!
カーニバルファンタズムのアルクはただでさえかわいすぎるのに・・・これはやばい。とにかくやばい。
続きを読む

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!限定版 (4) ひろやまひろし

2011年09月23日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 4巻 ひろやまひろし (1)

喜怒哀楽全方位型魔法少女コミック最新刊!
ひろやまひろしさんのコンプエース連載漫画、プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!の4巻を買ってきました。
中身は、ねんぷち、ドラマCD,コミック4巻という内容になっています。


Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 4巻 ひろやまひろし (3)

・イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:・・・門脇舞以
・美遊・エーデルフェルト:・・・名塚香織
・クロエ・フォン・アインツベルン:・・・斉藤千和
・遠坂凛:・・・植田佳奈
・ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト:・・・伊藤静
・マジカルルビー:・・・高野直子
・マジカルサファイア・・・松来未祐
・衛宮士郎:・・・杉山紀彰
・桂美々:・・・佐藤聡美
・嶽間沢龍子:・・・加藤英美里
・栗原雀花:・・・伊藤かな恵
・森山奈々亀:・・・伊瀬茉莉也
・バゼット・フラガ・マクレミッツ:・・・生天目仁美
・アイリスフィール・フォン・アインツベルン:・・・大原さやか
・柳洞一成:・・・真殿光昭


ドラマCDは限定版の付録ながらキャストは総勢15人という多さ。これはいくらなんでも豪華すぎるだろ!(笑)
収録時間約60分くらいあって聞き応えもバッチリですよ。
内容は夏休み中の話、本編で海に行った時に集まった顔ぶれがリゾート地に出かけるというもの
初っ端から相変わらずの犬猿の仲を見せ付ける凛とルヴィア。
飛行機の中でもガント合戦をやらかしてしまって無人島に不時着してしまう羽目に。
いざ、小学生組みにその事実を隠してサバイバル&リゾートな展開になります。

穂群小の四神の3人は今回ではじめて声がつきましたね。
最初は誰が誰だか分かりませんでしたが聞いてるうちに分かるようになってきましたw
そして無人島において男が士郎と一成だけというある種のお約束状態です。
5人の気持ちが士郎に向いてるのでほとんどハーレムみたいなものですねw
終盤あたりは士郎がイリヤたち3人に迫られて色々アウトな展開に(笑)
遭難して救助されるまでの物語なんですがなんだかあっという間でした。


Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 4巻 ひろやまひろし (4)

そしてコミック本編。
カードを回収しに来たバゼットさんとの戦いもひと段落し、新たに現れた8枚目のカードを回収へ動くことに。
前巻でバゼットさんとの壮絶な戦いとシリアス展開が無かったかのような始まり方です。
カラーページ見開きで小学生たちの水着姿が見れますよ!
紐ビキニやらディープキスをはじめとしていつも以上にロリな百合展開ととんでもない事になってる気がします(笑)
ちなみに自分はロリコンではない。
なので凛とルヴィアの水着姿が拝めなかったのが残念でなりません!

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 4巻 ひろやまひろし (5)
Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 4巻 ひろやまひろし (6)

前半はギャグパートなのでバゼットさんもこのとおり。
見事なダメットさんぶりを見せ付けてくれます。
上が前巻で執行者として登場したとき、下が海の家のアルバイトとして登場したときです。
同じ構図なのにバゼットさんとダメットさんでこうも違うのかw

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 4巻 ひろやまひろし (9)

しかし後半からはシリアス展開。
いつもの執行者モードのバゼットさんも交えてイリヤ達は8枚目のカード争奪に挑みます。
存在しないはずの8枚目のカードの正体とは・・・。
前の記事でも書きましたが戦いの末に出した乖離剣から考えるとギルガメッシュなんでしょうね。
圧倒的な力の前に戦意をくじかれたイリヤ達に果たして勝ち目はあるのだろうか、というところで次回へ続きます。

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 4巻 ひろやまひろし (10)

番外編のセラとリズが活躍する話も良かったですね。
ゲーム本編だとセラの士郎に対する反応が淡白なんですが、この漫画ではそんなことありません。
激しいスキンシップが多いのは士郎を長男として認めているせいだろうか。
この平行世界ならではのアインツさん家は見ていて楽しいので、もっとスポットを当てて欲しいですね。


ねんどろいどぷち 「プリズマイリヤ」

ねんどろいどぷち 「プリズマイリヤ」 (1) ねんどろいどぷち 「プリズマイリヤ」 (2)

これはまたクオリティが高いですね。
ちっちゃいのによく出来ています。
それにしても魔法少女に変身したイリヤがとてつもなく可愛い!

ねんどろいどぷち 「プリズマイリヤ」 (3) ねんどろいどぷち 「プリズマイリヤ」 (4)

なんと別の表情パーツまであります。
これは珍しい、そしてこれまた可愛らしい表情パーツですね。
付属品はこの表情パーツとカレイドルビーのみですが、これなら納得です。

ねんどろいどぷち 「プリズマイリヤ」 (5) ねんどろいどぷち 「プリズマイリヤ」 (6)

表情パーツは他のねんぷちとも互換性があります。
これは色々と遊べそうで面白い表情ではないでしょうか。

ねんどろいどぷち 「プリズマイリヤ」 (7)

同誌連載中の別作品の魔法少女二人と撮影。
美遊とクロのねんぷちも是非とも欲しい!

ねんどろいどぷち 「プリズマイリヤ」 (8)

最後に平行世界のイリヤ達と一緒に。
以上、ねんぷちのレビューでした。


というわけで色々な特典が付いたこの限定版コミック。
付録だけでなく漫画のクオリティも高くて面白いですよ~。
続きを読む