6/23にサイトを移転しました(現在ご覧のサイトは新サイトです)。
新しいURLは『http://demonition.com/』です。お気に入り・RSS等の変更をお願いします。

コンプエース 2012年 8月号 感想

2012年06月29日 プリズマ☆イリヤコメント(2)
コンプエース 2012年 8月号 Fate関連 (1)

今月号にはFate/Zeroのコミックアラカルトやらコハエースの宣伝漫画も掲載されていました。
TYPE-MOONの特集記事もあり。最新情報もあって目が離せない。
付録にTYPE-MOON 10周年記念ポスターも付いていて型月ファンには嬉しい1冊。

コンプエース 2012年 8月号 Fate関連 (2)

プリズマ☆イリヤの人気投票の結果発表。
やはりイリヤがダントツの1位でした。
2位が美遊で3位がクロとメインキャラが続く中で予想外だったのも何人か。
最近出たばかりの子ギルがベスト10に入るのにも驚いたが、4位がカレンというのが一番ビックリ。

……っていうか、何故なのはに票が入ってるんですかね
まあ番外編でコラボしましたけどもw
ちなみに自分はセラ(11位)を支持させて頂きました。

>今回の結果は進行中のアニメへの影響もあるかも?

アニメについては続報待ちですね。

コンプエース 2012年 8月号 Fate関連 (4)

コンプエースにまで出張してきたコハエース。
宣伝でセイバーさん大活躍?
セイバーエースってのも良いよね。

コンプエース 2012年 8月号 Fate関連 (3)

8月10日に角川より「Fate/Prototype Tribute Phantasm」という書籍が発売。
描き下ろしイラスト、コミック、設定紹介、インタビューなど収録された本だとか。
まさかこんなに早くFate/Prototypeに動きがあるとは・・・。
このままアニメなども展開してく路線なんでしょうか。とにかく期待。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! ひろやまひろし
お互いの目的を確かめ合ったイリヤと田中。
しかし肝心のエインズワース家について全く分からない。
エインズワース家を絶対に滅ぼさなきゃいけない田中さんの正体が気になる。
ほぼ関係者なんだろうけど元は身内なのか完全に外部の人なのか情報が少なすぎるぜ。

しっかし見知らぬ世界で情報源が何もないってのはワリとピンチ。
がっくりするイリヤに続いて田中は空腹のあまり地面に倒れ伏していた。
このままじゃ行き倒れ、田中も覚醒すればすごそうなんですけどねw

コンプエース 2012年 8月号 Fate関連 (5)

そんなイリヤたちを助けたのは・・・よりにもよって麻婆神父。
この世界ではラーメン屋の店主みたいです。
でも存分に味わうがいいと差し出されたラーメンどんぶりの中には真っ赤なラー油に沈んだ豆腐とひき肉が。
あれ、さっきまで確かにラーメン作ってたような・・・。

「麻婆豆腐だが?」
「ラーメンはどこに行ったの!?」

当然のように地獄のような辛さでとことん優しくない食べ物w
平行世界でもなんだか相変わずの麻婆豆腐好き。
ああ―安心した。

コンプエース 2012年 8月号 Fate関連 (6)

酷い目にあったものの、色々と情報を提供してくれる店主。
あのでっかいクレーターは五年前に冬木の地下に眠っていた膨大な天然ガスが爆発した大災害の爪痕らしい。
その影響で町に人がいなかったのか。
なんだか天災じゃなくて人災の感じがぷんぷんとするね。

気になったのは夏には雪が降るもの?
記憶喪失の田中だと勘違いだけどいろいろ知ってる言峰がこの回答、何かあるのかな。
エインズワース家についても何か知ってそうな雰囲気があるようなないようなw

コンプエース 2012年 8月号 Fate関連 (7)

一文無しのイリヤたちは食事の代金を請求されて再びピンチ。
当然お金を持っているはずもなく、言峰はブチ切れ。
文字通り身体で支払ってもらうと禍々しい殺気とともに襲いかかる言峰(笑)。

コンプエース 2012年 8月号 Fate関連 (8)

そんなイリヤたちを助けたのは・・・今度は子ギルだった。
なんだか子ギルの絵が気合入ってるような気がする。
魔法少女モノなのにショタっ子の放つ王気(オーラ)がスゴイでござる。

コンプエース 2012年 8月号 Fate関連 (9)

過去のことを「仲良くやろうよお姉ちゃん」と子ギルの言葉で水に流してしまうイリヤ。
イリヤさんちょろいですなw

コンプエース 2012年 8月号 Fate関連 (10)

それにしても子ギルはスンナリ仲間になりましたなー。
「黒い方」の僕の意志を尊重しただけで、自分個人としてはイリヤと敵対する理由はないらしい。
でも正面から打ち破ったイリヤのことも認めてはいるのかな?

コンプエース 2012年 8月号 Fate関連 (12)

とことん頼りになる子ギル。
さすがお金持ち、平行世界における金銭の不安はこれで解消されましたな。
この時代のことやエインズワース家まわりの知識を持ってるばかりか案内もしてくれる。
これほど頼りになる男も居ないでしょう。
本格的に味方になってくれるかはまだわからないけどもね。

子ギルのエインズワースへの用ってのはやっぱり色々と取り返すためなのかな?
手を貸す理由が町が退屈だったから起こした気まぐれ、という辺りが小さくても英雄王って感じです。

いざ、クレーターの真ん中にあるエインズワース家の工房へ。
てな感じで次回に続く!
いきなり敵の本拠地へ攻め込むのかな?
2話にして面白くなってきました。
続きを読む

コンプエース 2012年 7月号 感想

2012年05月26日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (1)

今月号からいよいよプリズマ☆イリヤ ドライが開始。
Fate/Zeroのコミックアラカルトもいくつか掲載されていました。
付録に「Fate/Zero」アンソロジー ドラマCDも付いていて型月ファンには嬉しいですね。


コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (3)

ドラマCDはコンプティーク7月号にも付属。
セイバーメインの学園ロマンスとはこれまた面白そうな予感がしますぞー。

「Fate/Zero」アンソロジー ドラマCD 《間桐家の試練》

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (2)

魔術師の修練をする間桐雁夜。
こう聞くと真面目っぽい話なんですが、ドラマCDの脚本はアンソロで有名なたぽさん。
タイトルはアンソロと同じだけど話の内容は違うものでした。
冒頭からこれはマトモじゃないと思ってたやっぱりマトモじゃなかった(褒め言葉)

間桐の蟲って個性的な子が多いのか。
あの姿形で恥ずかしがりや、怒りっぽい、おしゃまななのが居るらしい。
蟲使いの衣~♪のとことかSEがアウトー!
蟲とスキンシップさせられたり黒歴史を掘り起こされたり雁夜は散々すぎる扱いが・・・面白いぞ!?
というか雁夜と臓硯の会話が面白いw
二人とも本編じゃ絶対しないやり取りと声を出していて下手をしたらイメージ台無しですよ。
本当は爺と仲良いだろとか、とても余命一ヶ月とは思えないとか、声が明るすぎるとか・・・
ツッコミが追いつかない
新垣樽助さんもはっちゃけてるというか、楽しそうに演技してて何よりですw

というわけで、ドラマCD中々良かったです。
「妄想の中でぐらい幸せでいていいだろ!」
この台詞が笑い話で済むのはこんなドラマCDだからだと思ったり。
変態扱いされたりと雁夜空回りっぷりを楽しめますよ。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! ひろやまひろし

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (4)

今月号より待望の新章開幕!
巻頭カラーで連載開始です。

ツヴァイのあの引きからの続き。
クレーターの中で目覚めたイリヤ。
一人ぼっちで周りには誰も居ないうえにルビーまで無い。
山から見える光景は自分が住んでいる街だが、巨大なクレーターやら海岸が遠くに移動していたりと差異がある。
自宅は残骸、街は廃墟と普通の状態じゃありませんね。
数々の異常を見せられてようやく平行世界に自分は来たのだとイリヤは理解します。

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (5)

どこに行ったのミユー!と叫ぶイリヤの前に早速の新キャラが登場。
体操服を着た少女、なんだかおバカな娘っぽい雰囲気がひしひしとw
イリヤは一体なにがどうなっているのかと尋ねるが・・・少女は何も知らない様子。自分自身のことさえもw
いきなり困っている人が増えたぞw

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (6)

自分の空腹やら公園の水道を知らなかったりと色々常識的な知識が無い体操服の少女。
ゼッケンの文字から田中さんと呼ぶことに。
寒さでガタガタと震えるイリヤだが田中のほうは身体がほかほかしてるとか。
そして何も知らないと思ったらあっさりとミユの居場所を教えてくれました。
美遊はエインズワース家に捕まったらしい。
何やら新しい名前が出てきましたが、なぜそんなことを知っているのかは本人もわからないらしい。

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (7)

情報が得られると思ったイリヤの前に現れたのは謎のゴスロリ少女。
美遊をさらっていったやつ等の一人でした。ベアトリス・フラワーチャイルドというらしい。
エインズワースの超絶美少女ドールズだとか。ドールズってのはホムンクルスみたいなものかな?
美遊を捕まえてる相手だがルビーが無いから逃げの一手しかない。
と思ったら田中はゴスロリ少女に近づいてしまう、この子やっぱり残念な娘かもしれないw

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (9)

ベアトリスはバーサーカーのカードを限定展開(インクルード)し、大暴れ。
田中も攻撃を何回か受けるがなんと健在。
ただのおバカな娘ではないと思ってましたが生身でこれは凄いですね。
ベアトリスも表情からお調子ぶった感じが消えるほどですよ。

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (10)

駆け寄るイリヤに「あなたは誰ですか?」そして「あなたは何をする人ですか?」と問う田中。
これに触発されてイリヤも逃げるのはやめ、名乗りを上げてミユを助けるためにこの世界に来たという目的を叫ぶ!
ベアトリスもそれを聞いて全力を出そうとするが、何やらイリヤたちよりも優先する出来事が発生?
お前らは後回しだと言って去っていく。
イリヤ以外の誰かがどこかで暴れてるのだろうか。

そして田中が思い出したひとつだけやらなきゃいけないこと。
それはエインズワース家を滅ぼすのが自分の役目だということでした。
ドライが開始早々、新キャラが出てきて盛り上げて次号に続く。

この真面目な話にバランスが良く挟まれたギャグ、プリズマ☆イリヤを待っていた!
これからの展開も気になる作品です。
続きを読む

コンプエース 2012年 6月号 感想

2012年04月28日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (1)

今月号は豪華W付録
プリズマ☆イリヤと魔法少女リリカルなのはの特製ストラップと、
Fate/Zeroとプリズマ☆イリヤのリバーシブルポスターが付いてきます。
前みたいなFate×なのはコラボ漫画ってやらないんでしょうかね?


コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (3)

プリズマ☆イリヤのおさらいコーナーがありました。

コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (4)

そして人気投票の途中経過。
メインの3人は当然として凛とルヴィアもさすがの一言。
小学生組の中では龍子が健闘しているみたいですね。
バカな子がカワイイということだろうかw

コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (14)

来月号から開始のプリズマ☆イリヤ ドライの告知。
バゼットの上には子ギルらしき影が。
完璧にシルエットになってるキャラは誰だろうか?
新キャラだと思うのですが髪型や体格がリズっぽいですね。

コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (5)

来月のコンプエース付録にFate/ZeroのドラマCD付くとのこと。
なんと雁夜が主役。タイトルからすると話の内容はたぽさん原作の漫画からでしょうか?
本編の殺伐とした雰囲気とは全く違うノリを楽しみたい人にもウケるのではと思います。
あのギャグのノリが聞けるとかちょっとワクワク。


Fate/Zeroコミックアラカルト ミッション・ドレスアップ たぽ

たぽさんの描く漫画はまたもや間桐の家のお話。本当に好きなんですねw
そしてこの人の描く雁夜おじさんはとても余命が一ヶ月とは思えないくらい元気に見えますw

コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (6)

今回はいつも同じ服を着ている桜ちゃんのために洋服を買いに行くお話。
さすがに毎回おみやげを用意するだけあって雁夜は気が利きます。
それに対する臓硯の反応と感心は本当に淡白。本編でもこんな感じなんでしょうね。
金渡して好きなの買ってくりゃいいというのは実際にありそうだ。

コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (7)

そして子供服売り場へとやって来るのですがなんと一人。
顔色の悪いパーカー姿の男が吐血しながら子供服を探すというのは見事に不審者。
バーサーカーやら怪しい形をした蟲まで出てきたのによく店員さんは通報しなかったですね(笑)。

コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (8)

厳選した服を購入して帰宅する雁夜は同じく子供服を見るセイバーとアイリスフィールに遭遇。
あわや桜ちゃんのための子供服はバーサーカーの宝具にされてしまうのでした(笑)。

Fate/Zeroコミックアラカルト 騎士王の教室 また

サーヴァント達が同じクラスに居る学園ネタ。
学級委員長のセイバーさんはセーラー服も含めて似合っております。

コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (9)

まあこれだけ我の強い奴等が集まれば意見なんて統一できるわけも無く・・・w
ランサーだけがセイバーの味方か!と思ったらランサーも自分勝手でした(笑)。

コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (10)

なんだか学園ネタで委員長というポジションだからか困ってるセイバーが可愛かった。
無視されて固まったりプンスカしたりともうね、たまらない。

Fate/Zeroコミックアラカルト デート・ダブル・ナイト 白浜コータ

コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (11)

それぞれデートを楽しむ話?
サーヴァントを騙してデートしようとするやり方と思考がソラウとアイリでかぶってるのがまたなんともw
ソラウはランサーとのデートイベントは状況と時間が許されれば本当はやりたかったんでしょうね。
なんというかセイバーもランサーもなんだかんだで付き合いがいいというか。

コンプエース 2012年 6月号 Fate関連 (12)

そして遭遇するデートを楽しむ両陣営。
ランサーとセイバーは以心伝心で自分たちはサーヴァントじゃないよーって言う、ナンダコレ。
そしてアラカルトとはいえアイリとソラウが話しているシーンは新鮮です。
個人的にはここに葵が加われば最高なんですがw

そして空気を読まないライダー陣営の登場。
それでもごまかす両陣営はなんとも苦しそうですな、もう皆で遊んで帰ればいいのでは・・・w
続きを読む

コンプエース 2012年 5月号 感想

2012年03月27日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (1)

祝☆7周年ということで表紙は武内崇先生による描き下ろしFate×なのはコラボイラスト。
5周年の時にもコラボしてましたね~。
今回は同誌連載中の魔法少女同士が手を取り合ってるイラストです。


コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (2)

新連載告知のコーナーにプリズマ☆イリヤ ドライ!の情報が。
連載は5月に発売するコンプエース7月号から開始とのこと。
来月号ではアニメビジュアルを初公開予定となっていました。

コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (7)

ヤングエースの告知もあって武内崇先生による描き下ろしセイバーが見れます。
Zeroでおなじみスーツセイバーなのですが、このアングルと表情のおかげで新鮮な感じがしますね。


コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (4)

武内崇×ひろやまひろし 特別対談 のコーナーは7ページありました。
お二人のアニメ化に対する思いや影響を受けた作品などの話が聞けます。
同人活動の頃の話ではお二人の出会いとひろやまひろし先生の同人活動のことも。
ひろやまひろし先生の出したステンノとエウリュアレの本は自分のオススメですよw

コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (5)

>「そうだ、ギル様をイリヤたちと同年代の子供にすればいいいんだ!」とヒラメキまして。

ツヴァイの話ではギルガメッシュに関する裏話が聞けました。
本来なら大人だったのを幼年体に変更した理由は色々ありましたが、どれもなるほどな~と。
個人的には空気世界観を考慮して同年代の子ギルを持ってきたのは面白かったしナイス判断だと思ってます。

>たたもうと思っていた風呂敷も、グワッと広がってしまいました。

カードの設定とかも作中では明らかにする予定は無かったそうです。
そしてドライでは色々と明らかになるだけではなく、更に熱いバトルが展開されるそうです。
戦闘シーンがあれ以上凄くなると聞いてはもうきたいせずにはいられませんね。


コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (3)

掲載されてるプリズマ☆イリヤ ツヴァイ!の最終話はこちらでレビューしたので割愛。 
続きを読む

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (5) ひろやまひろし

2012年03月23日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (1)

ひろやまひろし先生のコンプエース連載漫画、プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!の5巻を買ってきました。
ツヴァイはこれが最終巻になりますが、物語はここから新たなる展開に突入していきます。
アニメ化企画進行も決定していて、プリズマ☆イリヤはどんどん盛り上がりを見せてくれる。
Fate/stay nightのスピンオフ漫画であるこの作品もここまで来たかという感じですね。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (6)

ちなみにアニメ化は去年から進んでいたそうです。
担当編集者さんに居酒屋でポロリされたとか(笑)。

では雑誌掲載時の感想と共にいってみようと思います。

第23話 監視者
この号は巻頭カラーで表紙は武内崇さんとひろやまひろしさんのコラボイラストでしたね。
圧倒的な力を見せた黒化英霊が鏡面界を破壊してこちらの世界へとやってきてしまいます。
地底からヴィマーナで軽々と地盤を突き抜けて地上に行くまでの過程は圧巻でした。
この辺りから見覚えのある宝具もチラホラ出てきてこの英霊の正体は疑いようもありませんね。

第24話 地下のその地下にあるモノ
この号にはプリズマ☆イリヤが活躍するドラマCDの「イリヤエ・ロボマエ」が付いてました。
マジカルルビーと琥珀で声優がかぶってしまうのですが、その時の対応策は意外なものでしたw

カレン・オルテンシアも本編に関わってきてシリアスに拍車がかかる。
こんな空気でもコミカルなシーンもちゃんとあるあたりは流石の一言。
カレンの戦闘服に「スカートはいてない」ネタをやってくれました(笑)。

大空洞のある円蔵山に向かった黒化英霊を見つけたイリヤと美遊。
巨大な魔方陣の上で笑う黒化英霊を押し出そうとするのですが、押し出されたのは金髪の子供でした。
まさかの子ギル登場にはビックリでした。しかも全裸。
その上イリヤに●●●を握られていたというから、もう何がなにやらって感じですねw

第25話 金色の少年

ワールドワイド!さすがは英雄王でございます。
この号はギャグな部分でしっかり笑せてくれました。
異常事態が進んでる中ですっぽんぽんの子供とやりあう魔法少女というのも凄い絵です(笑)。
そして子ギルから語られる驚愕の事実からシリアスへ。
アインツベルンとは別の聖杯戦争や美遊の秘密、そして平行世界の関わりが明らかに。
ここから謎がいろいろと分かってきます。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (2)

ちなみに修正されてる所もありました。
雑誌掲載時に修正するって言ってましたがまさかこっち方面とは。これは際どい(笑)。

第26話 黒色の運命

これまで謎だった様々な設定が明かされるのですが、
それがFate本編の設定を踏襲しているからファンとしてはたまりません
聖杯や並行世界などに美遊も絡めて、ここにきて物語の根本に関わる存在となりました。
そして子ギルのお姫様発言と共になんだか囚われのヒロイン的なポジションへと。
それを助けようとするイリヤはまさにヒーローですね。
イリヤと美遊の友情が大きく描かれているのが見所でした。

最終話 世界の片隅で君の名を

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (3)

イリヤが覚醒してツヴァイフォームの新コスチュームをお披露目。
可愛く素敵な姿で巨大な黒化英霊と真っ向からぶつかるバトルシーンが見所です。
いや、それにしてもバトルの迫力が半端無い。怒涛の勢いで戦闘してます。
何よりエアと打ち合う程の力を見せるのだから驚きですね。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (4)

イリヤの奮闘もあって助け出された美遊。
「わたしたちは友達だから」の流れから、イリヤと美遊の美しい友情を魅せてくれます。
美遊の表情が乙女チックモード全開。二人の絆がより深まったのを感じさせる実に美しい光景です。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (5)

このまま大団円かと思った所に現れたのは謎の二人。
片方はアーチャー(ギルガメッシュ)のカードをインストールした少女。
もう一人は何者かサッパリ分かりません。
わかったのはエアの作った世界の裂け目から美遊を迎えに来たということ。
ということは並行世界の存在でしょうか。
しかし美遊に対する扱いがとても好意的なものではありません。

そして引き裂かれるイリヤと美遊の絆。
ハッピーエンドかと思った矢先に訪れた衝撃のラストでした。
改めて表紙を見直してみるとこの結末を予感させるかのような切ない構図になっています。
一体二人は、そして周りに居た他のメンバーはどうなってしまったのか。
この結末から物語は3rei(ドライ)へと続きます。


最終巻と聞いてどうまとめるのかと思ってたら、まさかのドライです。
ここからどのように物語がどのように展開していくか本当に気になりますよ。
とりあえず受肉した子ギルが今度こそ味方になってくれたら個人的に面白いと思っていたりする。
普通なら強すぎる味方ですがエアやエルキドゥのような主力はたぶん持ってかれてるんじゃないかなと。
子ギルも友(鎖)を取り戻すためという奇しくもイリヤと同じ目的を持つ展開になったら燃えるではないですか!
全力を出して負けた子ギルがなんだか清々しそうだったから、イリヤを友人として扱うとかも面白いかも。

まあ自分の予想はあてにならないので鵜呑みにしないように(笑)。
まだまだこの作品が楽しめるというのは純粋に嬉しいですね。
アニメ化も決まりましたし盛り上がりも絶好調なプリズマ☆イリヤをこれからも応援していきたいと思います。
続きを読む

コンプエース 2012年 3月号 購入

2012年01月26日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 3月号  (1)

表紙はえびてん。
巻頭特集は魔法少女リリカルなのはでした。


Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! ひろやまひろし

子ギルよって美遊が言えずにいた事実が暴かれる。
8枚目のクラスカードがあった場所は平行世界の境界面でした。
そのためにゼルレッチが介入してきたとはバゼットさんの談。
平行世界だけでなく聖杯戦争のことも理由に入ってそうだと思ったり。

コンプエース 2012年 3月号  (2)

美遊は生まれながらに完成された聖杯、天然物でしかも中身入り、そしてオリジナルに極めて近いレアリティ。
そのため件の平行世界では美遊のために聖杯戦争が作られたとか。
イリヤとは境遇が真逆ですね。

そうこうしてる間に黒化英霊も巨大化して凄いことに。
巨大な腕に捕らわれた美遊は取り込まれる前にサファイアのステッキをイリヤに託します。
続いて子ギルも黒化英霊と合体。
子ギルはイリヤに協力してくれるのかと思ってたんですが、ラスボスになってしまったでござる。
大魔王バーン様の最終形態よろしく暴れる姿は圧巻の一言。

「劣化物(レプリカ)じゃ 原典(オリジナル)には勝てないよ」

イリヤは射殺す百頭(ナインライブス)で攻撃するも、子ギルは真・射殺す百頭(ナインラウブス)で迎撃。
ホーミングレーザーでイリヤの斧剣はあっという間に粉砕。やはり強いな。
しかしイリヤもアサシンによる身代わりで攻撃をかわしたりと上手く戦ってます。

コンプエース 2012年 3月号  (4)

このどうしようもない怪物の中心部で美遊は生きてはいる。
イリヤに自分もろとも倒してくれと言いましたが、当然「はいそうですか」ってわけにはいかない。
だって二人は友達ですからね。
それなのに「わたしごと壊して」だの 「関係ないあなたを巻き込んでしまってごめんなさい」
なんて言われたら怒るでしょう。
友達に言うセリフじゃないって、まったくもってその通り。
美遊を引きずり出してひっぱたいてやるという決意と共にイリヤは覚醒。
ルビーとサファイアの二つの力を合わせたカレイドライナーツヴァイフォルム!
今まで逃げるのに精一杯で、反撃することすらできなかった圧倒的な攻撃を受け止めてしまいます。

コンプエース 2012年 3月号  (5)

なんという超王道展開・・・燃える。
お約束ですがですが、やっぱりテンション上がってしまいますね。
この先が非常に楽しみなだけに来月号は休載というのが残念でならない!
続きを読む

コンプエース 2012年 2月号 購入

2011年12月27日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 2月号 (1)

表紙はらき☆すた。
なんだか表紙も付録も新年ムードですね。


Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! ひろやまひろし

コンプエース 2012年 2月号 (2)

本編お休みで番外編です。
栗原雀花とその姉によるコミケ前の修羅場。
時期的は違えどネタがタイムリーですね(笑)

コンプエース 2012年 2月号 (3)

なんとこの番外編はTYPE-MOONエース VOL.7に掲載されていた番外編と繋がってます。
落とした原稿の台割にミミちゃんの「禁断のカルテット」が採用される事に。
登場人物の題材はもちろん友達です(笑)
性転換させる前のアイディアとか見てみたいかも

今回は番外編と言うことでページも少ない短めのお話でした。
プリヤは今最高に盛り上がってるのでそりゃもう先が気になってます。
子ギルの活躍が早く見たいですよ。
続きを読む

コンプエース 2012年 1月号 購入

2011年11月29日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (1)

表紙はPSPゲームの魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-
なのはとヴィヴィオと一緒に移ってるのはゲームに登場するキャラクターですね。
自分はゲームを遊んでないのでこのマテリアルズについて詳しくは知らないんですよ。
とある格闘ゲームの情報体みたいな扱いなんでしょうか?
そのマテリアルが活躍するマテリアル娘が新連載するのでこの機会にチェックしてみようと思います。


コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (2)

付録として真剣で私に恋しなさい!のドラマ&ラジオCDが付いてきます。
約55分収録でドラマパートはタカヒロさんの書きおろしだとか
前半のラジオパートはまじこいが初めての人向けのキャラ紹介を含めた語りです。
後半のドラマパートは5話のエピソードが楽しめます。
中々面白かったですが男はキャップのみで大和が居ないからちょっと物足りないかもしれません。
でもタカヒロさんが書いてくれてるしキャストが8人も居るので充分豪華で満足できました。
個人的に2話の仲良し三人組が良かった。


Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! ひろやまひろし
衝撃的な登場を果たしたギルガメッシュ幼年体バージョン。
まさかのすっぽんぽんで(笑)

コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (4)

全裸なのに堂々としているとはさすが英雄王であらせられる。
イリヤと美遊のほうが恥ずかしがってますよ
これが青子先生みたいなショタコンのお姉さんだったら大喜びでしょう(笑)
イリヤ達には刺激が強すぎるようですねw

コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (5)

この子ギル、分離したけど力の大半は黒い英雄王の下にあるみたいです。
子ギルのゲート・オブ・バビロンにはろくなものが無いとか。
この分だとエアも向こうにあるのでしょうね。
小ギルの台詞から察するにつつがなく受肉もしてそうでいよいよ手に負えなくなってきた感じです。
とりあえずバビロンに服が入っていたのはイリヤ達には幸いだったね(笑)

そして黒い英雄王が聖杯を求めていることや、今回の件に平行世界が関わっていることが明らかに。
ここはやっぱりかーって感じですね。
予想してたとはいえ、こうやって核心に迫られるとテンション上がる。

コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (7)

子ギルよって暴かれる美遊の触れられたくない秘密。
聖杯戦争の続きをするには美遊が必要。
そして美遊は平行世界のお姫様!?
盛り上がって来ましたね!


コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (10)

コンプティークにまたカーニバル・ファンタズムのドラマCDが付くので要チェックですね。
続きを読む

コンプエース 2011年 12月号 購入

2011年10月26日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
¥

今月号は豪華付録として「TYPE-MOOON10周年記念ドラマCDfeat.カーニバル・ファンダム」と、
魔法少女リリカルなのはViVidのクリアかけかえカバーが付いてきます。




コミック125万部突破記念ということで?全員が裸エプロン。
しかもニーソまで装備していてなかなかにえっちぃです。


コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (3)

TYPE-MOOON10周年記念ドラマCDfeat.カーニバル・ファンダム
「イリヤエ・ロボマエ」

・イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:・・・門脇舞以
・マジカルルビー:・・・高野直子
・遠野秋葉:・・・ひと美
・琥珀:・・・高野直子
・翡翠・メカヒスイ:・・・松来未祐
・遠野志貴:・・・野島健児
・???:・・・中田譲治

相変わらず所々にちりばめられたパロディネタが凄いw
溶鉱炉に落ちていく殺人ロボットと「hasta la vista baby」のセリフ
これってあの名作映画じゃないですかw
メカヒスイによる旧エヴァ劇場版ネタとかやりたい放題だな(笑)
またそれが面白いんだけどねw

コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (5)

内容はプリズマ世界のイリヤが遠野邸にて琥珀さん率いるロボット軍団と戦うお話です。
なんというカオス。うんいつも通りの内容でした。
相変わらず遠野邸は人外魔境ですねw

琥珀さんはとうとう志貴のメカまで作りましたか。
愛の言葉を囁く仕様で一部のヒロインに需要がありそうだな。
エミヤや約束された勝利の剣のBGMを変なところで使うなw
臨場感あふれるBGMの効果と妙なシチュエーションのせいで本当にわけわからん事になってるw
47分にも及ぶカオスで面白いドラマCDでした。

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! ひろやまひろし
前回の事態急変からヴィマーナを駆る英雄王を追うイリヤ達。
追いかける前にイリヤがカレンに聞いた事は「スカート履き忘れてませんませんかッッ!?」
ファンはもう慣れちゃってますが初めて見る人はやっぱりなんでこの人スカートはいてないの? って言いますよねw

コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (6)

カレンさん照れちゃってますよ。
やはり小学生に面と向かって(しかも善意)言われるのはちょっと恥ずかしいのだろうかw

そして事情が色々と明らかになってきてきましたね。
やはり今回の事件はもうひとつの聖杯戦争が鍵のようです。
地下大空洞の魔方陣に見覚えがあるというルビー。
イリヤが儀式という言葉を使ったのも気になります。
果たしてイリヤの聖杯の器としての機能が関わってくるのかどうか

コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (7)

件の英雄王はあっというまに地下大空洞に辿り着いて術式を起動。
一撃で地表を蒸発させるとか本当にめちゃくちゃなお人です。
目的は聖杯による受肉でしょうか
このままじゃまずい!と魔方陣から黒化英霊を押し出そうとするイリヤと美遊。
黒化英霊めがけて突貫し、押し出そうとして現れたのは・・・

コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (9)

まさかの子ギル登場
子ギルが登場して小学生組みと絡めば面白いだろうなーとは思いましたが本当に登場するとは・・・。
しかし魔方陣の中の黒化英霊もまた健在です。
もしかして英雄王vs英雄王の対決になるのだろうか。
これは面白くなってきましたね!


コンプエース 2011年 12月号 Fate関連 (4)

Fate/Zeroのコミックアラカルト乱雲編の情報がありました。
参加する作家さん次第ですが今のところ購入予定です。
続きを読む