6/23にサイトを移転しました(現在ご覧のサイトは新サイトです)。
新しいURLは『http://demonition.com/』です。お気に入り・RSS等の変更をお願いします。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 感想

2012年05月26日 氷室の天地コメント(3)
まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (1)

戦乙女と屋根の下が表紙で登場。
コミックス第1巻好評発売中ですぞー。

氷室の天地 Fate/school life 磨伸映一郎
巻頭カラーで、どきっ! 女だらけの爆裂Fate4コマ!?
前回やった女子会の反省会。
そんなマキジが乙女っぽいと目を向けたのが占いでした。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (2)

発想自体は悪くないがマキジの連想する占いがどれもアウト。
氷室とマキジの二人だけだと女子っぽさがどっか行っちゃいますねw
乙女チックな会話ネタもその二人が鬼門。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (3)

マキジはいつものボケで、氷室はいつものウンチクで。
そんな親友をフォローして女の子っぽい方向へ軌道修正する由紀香ちゃんマジ健気。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (4)

前世占いで綾香と綾子も混ざっていつもの面子。
二人並んであやあやですなー。
綾香の前世が「がしゃどくろ」ってのはもしかしてあのアニメからのネタだろうかw
ちなみにコレで前世ネタが中の人繋がりだと気付けました。
綾香にがしゃどくろとくれば花澤香菜さん繋がりかなと。

※指摘も頂いたし、せっかくなので綾香の前世ネタを網羅してみました

>お前の前世は「がしゃどくろ」だ!
妖狐×僕SSの髏々宮カルタ(ろろみや カルタ)。

>・・・やたらとクラゲが好きな眼鏡ッ娘?
海月姫の倉下月海(くらした つきみ)。

>・・・その前は手から日本刀出す眼鏡ッ娘で・・・
デュラララ!!の園原杏里(そのはら あんり)。

>・・・さらにその前はパフェ大好きツンデレ海賊眼鏡ッ娘・・・
モーレツ宇宙海賊のチアキ・クリハラ。

>沙条さんの来世は千葉県のサーバーの中に生きる情報生命体だって!
ゼーガペインの守凪了子(カミナギ・リョーコ)。

>オカルト大好き憑依体質眼鏡ッ娘という手もある。
世紀末オカルト学院の成瀬こずえ。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (5)

みんなでワイのワイのやってる内に結局いつものノリですよ。
だが、それが良い。
これぞ氷室の天地ですよねー。

スターマイン ストロマ
風見と猫の遭遇。
猫娘と猫がメインかと思いきや他の面々が可愛くてたまりませぬ。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (10)

志染さんの過剰反応再び。
最近の行成は志染さんに抱き着くことが多い気がするぜ。
まあ他の娘にも抱き着いてるんですけどね!

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (11)

そして何か言いたげな雪華。
スキンシップが欲しくての「わああー」の雪華さんかわいいすぎました。
そしてオチは泣きじゃくる風見とそれを抱擁する行成。
今回は女の子とうらやまけしからんスキンシップの連続じゃないですかー!

ぱれっとonlineにてストロマさんの「くらまちゃんにグイってしたらピシャってされた!」を連載開始。
こっちも面白いので今後に期待です。

みりたり! まもウィリアムズ
クラコウジア軍のお仲間登場。
現場にはこないような背広組みということで中尉はビクビクしてます。予算の使い込みで(笑)。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (6)

ハルカ少尉の色仕掛け。
中尉にはちょっと無理がありますからね♪
いつものノリでドタバタやってたらその人が関わってる事件に巻き込まれちゃいました。
どうせ何かあるんだろうなと思ってたけど予想以上に大事ですね。
軍内部の内輪揉めってのはこの手のジャンルにはお約束ですね。
久しぶりに緊迫した雰囲気になるか?

魔女とほうきと黒縁メガネ へーべー

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (7)

リアナによる日本式魔術の研究。
乃梨子の代わりに用意した藁人形の使い方が間違っているw
リアナは自分の藁人形を乃梨子に叩かせようとしたりマゾのレベルが高いな。
もう本人じゃなくてもいいから間接的に貰おうとする辺りなんかもうね。
乃梨子もちょっと藁人形の使い方間違ってるが和んだ。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (9)

ナンダッテー
数学のノートにバツ印つけられた魔道書が妙に生々しいな(笑)。
プリティウィッチにさせられたみかんちゃんも、どうにかしてこの黒歴史ノートを抹消したいようですw

黒歴史とタイムカプセルでオチかと思ったら、最後にかなりシリアスっぽい引きが来ました。
ネタかと思われた乃梨子の黒歴史ノート「ノリコノミコン」の禁術が関係してたり?
これはシリアスな展開が来るか。
続きを読む

Fate/Zero 第20話 「暗殺者の帰還」 感想

2012年05月20日 Fate/Zeroコメント(1)
Fate Zero 20 (1)

決戦に向けて動き出すそれぞれの陣営、物語は再び加速します。
今回は戦闘シーンはありませんでしたが、それは嵐の前の静けさ。
これからの激しい戦いを予感させてくれました。

そして久宇舞弥の過去も明らかに。
自らの全てを衛宮切嗣に帰属するものと認識する彼女。
果たして彼女は幸せだったのだろうか。

続きを読む

月刊ニュータイプ 2012年 6月号 感想

2012年05月12日 未分類コメント(0)
月刊ニュータイプ 2012年 6月号 Fate関連 (1)

付録のクリアファイル5枚セットにはFate/Zeroの物もありました。
Fate/Zeroは他にも特集と合わせて、武内崇さんによる描き下ろしピンナップも。


月刊ニュータイプ 2012年 6月号 Fate関連 (2)

武内崇さん描き下ろしスペシャルなセイバー。
セーラー服を着ていて何というか、女子高生的な感じです。
「こんなセイバーが見てみたい!」企画で描いたものですが実はこれテーマは女子高生ではありません。

月刊ニュータイプ 2012年 6月号 Fate関連 (3)

コンセプトはマスター・アルトリア。
言われてみると手の甲に令呪らしきものがありますね。
まさか新たな令呪デザインを見ることができるとは思いませんでした。

月刊ニュータイプ 2012年 6月号 Fate関連 (4)

彼方にこそ栄え在り
遠く夢見た景色に思いを馳せ、現代に現われた英雄たち。彼らは今、何を求めるのか?

ライダー陣営の描き下ろし版権の他に大塚さんと浪川さんのインタビューも。
二人とも気になる所や見所など語ってくれました。
そこで大塚さんはアーチャーのことをライダーみたいに終始 金ピカ呼びしていますね。
締めには好きなキャラクターには感情を乗せて楽しむという発言があり成る程なと。

月刊ニュータイプ 2012年 6月号 Fate関連 (5)

そして人気男性キャラクターTOP10にはFate/Zeroのキャラが多数ランクイン。
その中でも征服王は堂々の1位、2位には英雄王の姿も。
美形揃いの中でトップに躍り出たムキムキ髭面のおっさんは流石の貫禄。
ちなみに女性部門では前回に引き続いてセイバーがトップでした。
続きを読む

コンプティーク 2012年 6月号 感想

2012年05月11日 Fateコメント(2)
コンプティーク 2012年 6月号型月関連 (1)

和泉つばす×ぱれっと最新作「恋がさくころ桜どき」が表紙。
巻頭特集も組んでいて付録に特製下敷きもあります。
とりあえずお○ぱい大きいな。


泉こなた 宮藤芳佳コスプレVer (1) 泉こなた 宮藤芳佳コスプレVer (2)

トイズワークスコレクション にいてんご
らき☆すた×ストライクウィッチーズ
泉こなた 宮藤芳佳コスプレVer.
ストライカーユニットのプロペラがちゃんと回転する細かい作りに驚きました。


コンプティーク 2012年 6月号型月関連 (2)

コハエース単行本化決定おめでとうございます
発売日は6月26日、伝説はここから始まるのか!?
どこまで続くかわからないですがこれからも頑張ってくださいw


アーネンエルベコンプ支店 第4回

コンプティーク 2012年 6月号型月関連 (3)

今回のゲストは片桐雛太さんによるセイバーリリィ。
なんかお○ぱいが大きいきがするけど、とにかくよし!
小ネタが無いのはセイバーリリィのキャラが定まってないからでしょうか。

かしわ餅は千鍵の色とひびきの要素を併せ持つ説が浮上。
ニシシって笑ってる千鍵が可愛い。


フェイト/エクストラ 番外編: 英雄王参戦!? ろび~な

コンプティーク 2012年 6月号型月関連 (9)

ベースはいつものセイバー、キャスター、アーチャーを従えた謎時空。
ただし主人公は岸波白野(♀)ちゃんです。
パジャマ可愛い。

コンプティーク 2012年 6月号型月関連 (8)

雑種(マスター)ってw
朝っぱらからいきなりバビられる白野。
認めてないけど一応はマスター扱いしているということでしょうか?
CCC本編ではどうなるか分かりませんが最初の扱いは悪そうですね(笑)。
英雄王にはゲーム本編でも横暴な我様っぷりで突き進んでほしいと思います。

セイバーとキャスターもCCCのコスチュームで登場。
セクシーな衣装に恥らう二人の仕草がやばいよ!
恥ずかしいといいながら白野の反応を待ってる所なんかもうね。
でも白野ちゃんのリアクションは薄い。いつもの君たちじゃないかって酷いねw

コンプティーク 2012年 6月号型月関連 (11)

ギルガメッシュと赤セイバーが意気投合?
気が合いそうというのはファンの間でも囁かれてますね。
というか顔がセイバーならなんでもいいんですか英雄王w
まだギルガメッシュの扱いはよく分かりませんが、ゲームではこういう出会いは無いんでしょうかね。
TypeMoonエースVol.6の付録DVDみたいなお祭り邂逅を何処かでやってほしいと思ったり。

というわけで前回のシリアスな空気もなんのそのな番外編でした。

コハエース+ 第3話「まほよスペシャル」

コンプティーク 2012年 6月号型月関連 (5)

TYPE-MOONには耳が痛いまほよネタの連続。
これ色々と大丈夫なんでしょうか?w

コンプティーク 2012年 6月号型月関連 (4)

今回はファイアーエムブレムでも魔法使いの夜でもなくFate/Zero2ndシーズンの特集。
まほよスペシャルとは一体何だったのかw
掴みは上々で始まったFate/Zeroの二期も、もう半ばまで来ましたねー。
最後までこのクオリティを維持して駆け抜けて欲しいというのが正直なところ。
「ぶっちゃけセイバーのマスターの方が外道だよね」
そして二期が始まってから切嗣さんはキャスター陣営よりも外道という評価を受けてますね。

そして安定のセイバー弄り。
セイバーはどんな時でも大体可愛いからスゴイよね!
最後のほうでちゃっかりファイアーエムブレムのレポートをすることも忘れませんw

ひびちかタイム 21Time 大森林

コンプティーク 2012年 6月号型月関連 (6)

満面の笑みの千鍵と目つきの悪い不機嫌そうなひびき。
ひびちかコンビの中身入れ替わりネタ回です。
といっても 日比乃ひびき:CV(仙台エリさん)桂木千鍵役:CV(本多陽子さん) というわけではない(笑)。
アニメなんかだとそういうケースと中の人はそのままで演技で入れ替わりを表現することもありますね。
自分は後者のが好きだったり。

コンプティーク 2012年 6月号型月関連 (7)

柑橘系コンビのために協力してくれるみんな。
このおかしな事態を受け入れちゃうところとか適応力ありますね。
さすがに保険医の手には余るようで。
でもヤ○ー知恵袋に頼るのはやめなさい(笑)。

入れ替わるのも元に戻るもの頭をぶつける行為で出来ました。
これは何か不思議な力が働いているのでは?(邪推)
スナオじゃないけど優しげな瞳をした千鍵というのはギャップがスゴイと思う回でした。
続きを読む

Fate/stay night (18) 西脇だっと

2012年05月04日 Fateコメント(0)
Fate 18 西脇だっと (1)

少年エースで連載中のFate/stay nightのコミカライズの18巻です。
右はアニメイト特典のミニ色紙。作中にあったランサーとギルガメッシュの対決を連想させますね。
前回で聖杯など要らぬといった士郎。だけどセイバーは?
この巻では聖杯を求めるセイバーがその願いの果てに取る行動がメインですね。

Fate 18 西脇だっと (2)

葛藤の末に聖杯よりも士郎を選んだセイバー。
しかし選んだ士郎との時間は長くは続かないだろうとわかっているだけに、
セイバーの本当の望みを聞ける所は涙無しには語れません。
この葛藤の内容も原作とは描写が違っていて面白いですね。
アーサー王とセイバーの会話がすごく印象的でした。

Fate 18 西脇だっと (3)

ギルガメッシュの登場と10年前の真実。
そしてギルガメッシュVSランサーと良い感じに話が盛り上がってきました。
この二人のやり取りも良い。

Fate 18 西脇だっと (4)

言峰教会からの脱出して難を逃れた士郎とセイバー。
クライマックスへ向かっているので色々な事実が明らかになりますね。
そして聖杯を前にして二人の信念が試されます。
士郎とセイバーは共に聖杯を壊すことを決意します。
理想に憧れた王であった少女にもはや迷いはありませんね。
前マスターである切嗣を理解する所もZeroのことを考えると感慨深いです。

Fate 18 西脇だっと (5)

凛が瀕死の状態になりイリヤが連れ去られるという怒涛の展開。
凛に最後の助言と餞別を受け取り、セイバーにアヴァロン返還。
最初から最後まで、話しのテンポ良くてラストへの展開が見えてきました。
コミカライズならではの構成が良いので最後まで楽しみです。
続きを読む

ヤングエース 2012年 6月号 感想

2012年05月02日 Fate/Zeroコメント(0)
ヤングエース 2012年 6月号 Fate関連 (1)

表紙は前回に引き続き描き下ろしセイバー。今回は真じろうさんです。
凛々しい表情に翡翠を思わせる瞳がカッコイイ。
しかしコミカライズ本編の内容はそれとは対照的にムサイ(笑)。

ヤングエース 2012年 6月号 Fate関連 (2)

予告でもパジャマセイバーさん枕カバーの告知が。
いつもの凛々しさはナリを潜めて可憐な美少女っプリに一瞬セイバーと認識できませんでした。
なんだか前回の男だらけポスターのこともあるので余計に癒されます。
ヤングエースは男推しでいきたいのかセイバーメインに据えたいのか、それとも両方か。


今月号の「Fate/Zero」は征服王イスカンダルはいてないの巻。
前後に真面目な話もあったけどメインは間違いなくこれでしょう(笑)。

ヤングエース 2012年 6月号 Fate関連 (5)

アニメとは違う視点での描写やウェイバーのモノローグなどもありました。
イスカンダルはムキムキで貫禄たっぷりだしウェイバーの百面相は普段とのギャップがw
真じろう先生の描き方は本当に面白いですね。

ヤングエース 2012年 6月号 Fate関連 (3)

アニメ本編では残念ながら控えめだった通販のやりとりですが漫画ではかなり濃い。
はいてないイスカンダルが思ってた以上に凄まじいインパクト。バルン、ボヌン、ボルルンというオイ!w
ってかやりすぎですよこれ(笑)。

ヤングエース 2012年 6月号 Fate関連 (4)

ノーパンで街を闊歩しようとするイスカンダル。
征服王の偉容を新たなる民草に見せ付けるのだ!
とか無駄にカッコイイけど下半身丸出しなんですよこの人。
シルエットとはいえよくここまで原作再現できたなと本当に感心します。
でもアレを顔に近づけるとかやりすぎといいますか原作にも無いでしょ!w

ヤングエース 2012年 6月号 Fate関連 (6)

後になって色々と反省点を挙げる真じろう先生。
こだわりというか本当にプロですね。
ふざけてるようにも見えますけどもw
続きを読む