6/23にサイトを移転しました(現在ご覧のサイトは新サイトです)。
新しいURLは『http://demonition.com/』です。お気に入り・RSS等の変更をお願いします。

Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」 感想

2012年06月04日 Fate/Zeroコメント(0)
Fate Zero 22 (1)

ついに第四次聖杯戦争の最期の一日が幕を開ける。
決戦前夜における各陣営の様子が描かれていきます。
中でもウェイバーと綺礼が戦いに挑む決意を固めるのは見所。
前者は成長ぶりを、後者は魂の躍動を見せてくれました。

そして今回出てきた聖杯の中身。
不気味な胎動を感じさせてくれます。

続きを読む

ヤングエース 2012年 7月号 感想

2012年06月02日 Fate/Zeroコメント(0)
ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (1)

表紙はまたまたセイバー。
最近はエヴァに次いでこの雑誌の表紙を飾ってますね。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (2)

付録のパジャマセイバーさん枕カバー。
Zero本編では見られない可憐な美少女っぷリに癒されるべし。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (3)
ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (4)
ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (5)

セイバーの周りに転がってるぬいぐるみも可愛いな。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (6)

予告でもまたまたFate/Zeroの付録告知が。
また使わないストラップが増えるでござる。


今月号の「Fate/Zero」はがっつりセイバー陣営にスポットを当てています。
イリヤ相手に大人気ないことしてヌッフッフ・・・と笑う切嗣(笑)。
ケイネスもこんな笑い方してましたねw

アニメよりもさらに詳しいアイリと切嗣の打ち合わせシーンもあります。
霊脈と聖杯降霊についての件は放映中のアニメでもタイミングよく出てきたのでおさらいにいいかも。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (8)

切嗣とセイバーの溝、アニメよりもアイリが板挟みになってる感じがよく出てますね。
アイリの心中も詳細に描写されているので、夫とセイバーの両方に対する想いがわかりやすい。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (9)

そして真じろうさんの描くアイリスフィールも良い感じでした。
慣れてきたのか原作に近い絵柄なんじゃないでしょうか。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (7)

キラーマシーン切嗣
恐ろしい顔してますね。
この後のアイリに弱音を吐くところの表情も中々でした。
今月号は切嗣のいろんな表情を見ることができてお得である(えー

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (10)

あと子供引き連れて乗り込んでくるキャスターさんも。
相変わらずこの人が登場するともれなくバイオレンス。
子供の頭を握りつぶすシーンとかリアルすぎてヤバイよ。
続きを読む

Fate/Zero 第21話 「双輪の騎士」 感想

2012年05月27日 Fate/Zeroコメント(0)
Fate Zero 21 (21)

セイバーとライダーの決戦。
ここのシーンはスピード感が凄い上に動きの一つとっても高クオリティ。
カーチェイスはFateであることを一瞬忘れさせるほどです。
カッコイイ演出とか、どの瞬間も見逃せませんよ。

そして後半にある間桐雁夜のシーンも見所の一つ。
新垣樽助さんの演技もあって強烈でした。

続きを読む

コンプエース 2012年 7月号 感想

2012年05月26日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (1)

今月号からいよいよプリズマ☆イリヤ ドライが開始。
Fate/Zeroのコミックアラカルトもいくつか掲載されていました。
付録に「Fate/Zero」アンソロジー ドラマCDも付いていて型月ファンには嬉しいですね。


コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (3)

ドラマCDはコンプティーク7月号にも付属。
セイバーメインの学園ロマンスとはこれまた面白そうな予感がしますぞー。

「Fate/Zero」アンソロジー ドラマCD 《間桐家の試練》

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (2)

魔術師の修練をする間桐雁夜。
こう聞くと真面目っぽい話なんですが、ドラマCDの脚本はアンソロで有名なたぽさん。
タイトルはアンソロと同じだけど話の内容は違うものでした。
冒頭からこれはマトモじゃないと思ってたやっぱりマトモじゃなかった(褒め言葉)

間桐の蟲って個性的な子が多いのか。
あの姿形で恥ずかしがりや、怒りっぽい、おしゃまななのが居るらしい。
蟲使いの衣~♪のとことかSEがアウトー!
蟲とスキンシップさせられたり黒歴史を掘り起こされたり雁夜は散々すぎる扱いが・・・面白いぞ!?
というか雁夜と臓硯の会話が面白いw
二人とも本編じゃ絶対しないやり取りと声を出していて下手をしたらイメージ台無しですよ。
本当は爺と仲良いだろとか、とても余命一ヶ月とは思えないとか、声が明るすぎるとか・・・
ツッコミが追いつかない
新垣樽助さんもはっちゃけてるというか、楽しそうに演技してて何よりですw

というわけで、ドラマCD中々良かったです。
「妄想の中でぐらい幸せでいていいだろ!」
この台詞が笑い話で済むのはこんなドラマCDだからだと思ったり。
変態扱いされたりと雁夜空回りっぷりを楽しめますよ。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! ひろやまひろし

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (4)

今月号より待望の新章開幕!
巻頭カラーで連載開始です。

ツヴァイのあの引きからの続き。
クレーターの中で目覚めたイリヤ。
一人ぼっちで周りには誰も居ないうえにルビーまで無い。
山から見える光景は自分が住んでいる街だが、巨大なクレーターやら海岸が遠くに移動していたりと差異がある。
自宅は残骸、街は廃墟と普通の状態じゃありませんね。
数々の異常を見せられてようやく平行世界に自分は来たのだとイリヤは理解します。

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (5)

どこに行ったのミユー!と叫ぶイリヤの前に早速の新キャラが登場。
体操服を着た少女、なんだかおバカな娘っぽい雰囲気がひしひしとw
イリヤは一体なにがどうなっているのかと尋ねるが・・・少女は何も知らない様子。自分自身のことさえもw
いきなり困っている人が増えたぞw

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (6)

自分の空腹やら公園の水道を知らなかったりと色々常識的な知識が無い体操服の少女。
ゼッケンの文字から田中さんと呼ぶことに。
寒さでガタガタと震えるイリヤだが田中のほうは身体がほかほかしてるとか。
そして何も知らないと思ったらあっさりとミユの居場所を教えてくれました。
美遊はエインズワース家に捕まったらしい。
何やら新しい名前が出てきましたが、なぜそんなことを知っているのかは本人もわからないらしい。

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (7)

情報が得られると思ったイリヤの前に現れたのは謎のゴスロリ少女。
美遊をさらっていったやつ等の一人でした。ベアトリス・フラワーチャイルドというらしい。
エインズワースの超絶美少女ドールズだとか。ドールズってのはホムンクルスみたいなものかな?
美遊を捕まえてる相手だがルビーが無いから逃げの一手しかない。
と思ったら田中はゴスロリ少女に近づいてしまう、この子やっぱり残念な娘かもしれないw

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (9)

ベアトリスはバーサーカーのカードを限定展開(インクルード)し、大暴れ。
田中も攻撃を何回か受けるがなんと健在。
ただのおバカな娘ではないと思ってましたが生身でこれは凄いですね。
ベアトリスも表情からお調子ぶった感じが消えるほどですよ。

コンプエース 2012年 7月号 Fate関連 (10)

駆け寄るイリヤに「あなたは誰ですか?」そして「あなたは何をする人ですか?」と問う田中。
これに触発されてイリヤも逃げるのはやめ、名乗りを上げてミユを助けるためにこの世界に来たという目的を叫ぶ!
ベアトリスもそれを聞いて全力を出そうとするが、何やらイリヤたちよりも優先する出来事が発生?
お前らは後回しだと言って去っていく。
イリヤ以外の誰かがどこかで暴れてるのだろうか。

そして田中が思い出したひとつだけやらなきゃいけないこと。
それはエインズワース家を滅ぼすのが自分の役目だということでした。
ドライが開始早々、新キャラが出てきて盛り上げて次号に続く。

この真面目な話にバランスが良く挟まれたギャグ、プリズマ☆イリヤを待っていた!
これからの展開も気になる作品です。
続きを読む

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 感想

2012年05月26日 氷室の天地コメント(3)
まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (1)

戦乙女と屋根の下が表紙で登場。
コミックス第1巻好評発売中ですぞー。

氷室の天地 Fate/school life 磨伸映一郎
巻頭カラーで、どきっ! 女だらけの爆裂Fate4コマ!?
前回やった女子会の反省会。
そんなマキジが乙女っぽいと目を向けたのが占いでした。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (2)

発想自体は悪くないがマキジの連想する占いがどれもアウト。
氷室とマキジの二人だけだと女子っぽさがどっか行っちゃいますねw
乙女チックな会話ネタもその二人が鬼門。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (3)

マキジはいつものボケで、氷室はいつものウンチクで。
そんな親友をフォローして女の子っぽい方向へ軌道修正する由紀香ちゃんマジ健気。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (4)

前世占いで綾香と綾子も混ざっていつもの面子。
二人並んであやあやですなー。
綾香の前世が「がしゃどくろ」ってのはもしかしてあのアニメからのネタだろうかw
ちなみにコレで前世ネタが中の人繋がりだと気付けました。
綾香にがしゃどくろとくれば花澤香菜さん繋がりかなと。

※指摘も頂いたし、せっかくなので綾香の前世ネタを網羅してみました

>お前の前世は「がしゃどくろ」だ!
妖狐×僕SSの髏々宮カルタ(ろろみや カルタ)。

>・・・やたらとクラゲが好きな眼鏡ッ娘?
海月姫の倉下月海(くらした つきみ)。

>・・・その前は手から日本刀出す眼鏡ッ娘で・・・
デュラララ!!の園原杏里(そのはら あんり)。

>・・・さらにその前はパフェ大好きツンデレ海賊眼鏡ッ娘・・・
モーレツ宇宙海賊のチアキ・クリハラ。

>沙条さんの来世は千葉県のサーバーの中に生きる情報生命体だって!
ゼーガペインの守凪了子(カミナギ・リョーコ)。

>オカルト大好き憑依体質眼鏡ッ娘という手もある。
世紀末オカルト学院の成瀬こずえ。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (5)

みんなでワイのワイのやってる内に結局いつものノリですよ。
だが、それが良い。
これぞ氷室の天地ですよねー。

スターマイン ストロマ
風見と猫の遭遇。
猫娘と猫がメインかと思いきや他の面々が可愛くてたまりませぬ。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (10)

志染さんの過剰反応再び。
最近の行成は志染さんに抱き着くことが多い気がするぜ。
まあ他の娘にも抱き着いてるんですけどね!

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (11)

そして何か言いたげな雪華。
スキンシップが欲しくての「わああー」の雪華さんかわいいすぎました。
そしてオチは泣きじゃくる風見とそれを抱擁する行成。
今回は女の子とうらやまけしからんスキンシップの連続じゃないですかー!

ぱれっとonlineにてストロマさんの「くらまちゃんにグイってしたらピシャってされた!」を連載開始。
こっちも面白いので今後に期待です。

みりたり! まもウィリアムズ
クラコウジア軍のお仲間登場。
現場にはこないような背広組みということで中尉はビクビクしてます。予算の使い込みで(笑)。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (6)

ハルカ少尉の色仕掛け。
中尉にはちょっと無理がありますからね♪
いつものノリでドタバタやってたらその人が関わってる事件に巻き込まれちゃいました。
どうせ何かあるんだろうなと思ってたけど予想以上に大事ですね。
軍内部の内輪揉めってのはこの手のジャンルにはお約束ですね。
久しぶりに緊迫した雰囲気になるか?

魔女とほうきと黒縁メガネ へーべー

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (7)

リアナによる日本式魔術の研究。
乃梨子の代わりに用意した藁人形の使い方が間違っているw
リアナは自分の藁人形を乃梨子に叩かせようとしたりマゾのレベルが高いな。
もう本人じゃなくてもいいから間接的に貰おうとする辺りなんかもうね。
乃梨子もちょっと藁人形の使い方間違ってるが和んだ。

まんが4コマぱれっと 2012年 7月号 (9)

ナンダッテー
数学のノートにバツ印つけられた魔道書が妙に生々しいな(笑)。
プリティウィッチにさせられたみかんちゃんも、どうにかしてこの黒歴史ノートを抹消したいようですw

黒歴史とタイムカプセルでオチかと思ったら、最後にかなりシリアスっぽい引きが来ました。
ネタかと思われた乃梨子の黒歴史ノート「ノリコノミコン」の禁術が関係してたり?
これはシリアスな展開が来るか。
続きを読む

Fate/Zero 第20話 「暗殺者の帰還」 感想

2012年05月20日 Fate/Zeroコメント(1)
Fate Zero 20 (1)

決戦に向けて動き出すそれぞれの陣営、物語は再び加速します。
今回は戦闘シーンはありませんでしたが、それは嵐の前の静けさ。
これからの激しい戦いを予感させてくれました。

そして久宇舞弥の過去も明らかに。
自らの全てを衛宮切嗣に帰属するものと認識する彼女。
果たして彼女は幸せだったのだろうか。

続きを読む

月刊ニュータイプ 2012年 6月号 感想

2012年05月12日 未分類コメント(0)
月刊ニュータイプ 2012年 6月号 Fate関連 (1)

付録のクリアファイル5枚セットにはFate/Zeroの物もありました。
Fate/Zeroは他にも特集と合わせて、武内崇さんによる描き下ろしピンナップも。


月刊ニュータイプ 2012年 6月号 Fate関連 (2)

武内崇さん描き下ろしスペシャルなセイバー。
セーラー服を着ていて何というか、女子高生的な感じです。
「こんなセイバーが見てみたい!」企画で描いたものですが実はこれテーマは女子高生ではありません。

月刊ニュータイプ 2012年 6月号 Fate関連 (3)

コンセプトはマスター・アルトリア。
言われてみると手の甲に令呪らしきものがありますね。
まさか新たな令呪デザインを見ることができるとは思いませんでした。

月刊ニュータイプ 2012年 6月号 Fate関連 (4)

彼方にこそ栄え在り
遠く夢見た景色に思いを馳せ、現代に現われた英雄たち。彼らは今、何を求めるのか?

ライダー陣営の描き下ろし版権の他に大塚さんと浪川さんのインタビューも。
二人とも気になる所や見所など語ってくれました。
そこで大塚さんはアーチャーのことをライダーみたいに終始 金ピカ呼びしていますね。
締めには好きなキャラクターには感情を乗せて楽しむという発言があり成る程なと。

月刊ニュータイプ 2012年 6月号 Fate関連 (5)

そして人気男性キャラクターTOP10にはFate/Zeroのキャラが多数ランクイン。
その中でも征服王は堂々の1位、2位には英雄王の姿も。
美形揃いの中でトップに躍り出たムキムキ髭面のおっさんは流石の貫禄。
ちなみに女性部門では前回に引き続いてセイバーがトップでした。
続きを読む