6/23にサイトを移転しました(現在ご覧のサイトは新サイトです)。
新しいURLは『http://demonition.com/』です。お気に入り・RSS等の変更をお願いします。

コンプティーク 2012年 5月号 感想

2012年04月11日 Fateコメント(0)
コンプティーク 2012年 5月号型月関連 (1)

表紙と巻頭特集はTYPE-MOON最新作!魔法使いの夜。付録の下敷きもあるよ!
発売が目前に迫っていてTYPE-MOON COUNTDOWN!というコーナーで特集を組んでいます。
この手にまほよが届いたらきっと垂涎の至福を味わっていることでしょう。


コンプティーク 2012年 5月号型月関連 (2)

奈須きのこ先生とこやまひろかず先生の対談。
見所などを語ってくれてますがここまできたらもう商品を楽しむしかありません!
お二人が言う「本物」のバトルシーンが今から楽しみで仕方ありません。
あとはクリア後の「デザート」とやらも気になりますね。

そして初回特典の小冊子には書き下ろしの小説が収録されているとのことですが、
奈須きのこ先生いわく、絶対にクリア後に読んでくださいとのことでした。
みんなも最初に読んでしまわないように気をつけてくださいね。


アーネンエルベコンプ支店 第3回

コンプティーク 2012年 5月号型月関連 (3)

今回のゲストは桐嶋たける先生によるシオン。
桐嶋たける先生によるひびちかコンビはこれが初めてでしょうか。
小ネタはフトモモとミニスカ。
ケータイさんのシオンの魅惑のラインが写ってるという写真の詳細はまだですか?

クワガタ娘のスナオちゃん。
自分はTYPE-MOONから送られてきたその資料に興味津々なのですが。


フェイト/エクストラ Phantasm12: 少女の見た夢 ろび~な

コンプティーク 2012年 5月号型月関連 (4)

いよいよアリスとの決戦。
しかし決戦場は固有結界やら陣地作成やらで相手に有利な状況です。
極めつけにジャバウォックまで居るので白野にはとんでもなく不利な戦い。
原作と同じやり方でこれらを一つずつ攻略していきます。
ちなみに名無しの森の解呪するときに「フランシスコ・・・ザビ・・・!?」のボケは残念ながらありませんでした(笑)。
作中屈指の名(迷?)場面が気になる方は是非ともゲームで拝んでください。

コンプティーク 2012年 5月号型月関連 (6)

ありすはすでに死んでしまっている人間、つまりはサイバーゴーストと呼ばれる存在。
しかしそれでも白野は相手を消滅させることに躊躇します。
彼女はただ遊びたかっただけの寂しい子供。
そしてそのサーヴァントはそんなありすの夢をずっと続けさせるために頑張っている。
優しい白野からしたらやりにくいでしょうね。

コンプティーク 2012年 5月号型月関連 (5)

ありすは敗北後、遊んでくれたアリスや白野に感謝して最期を迎えます。
アリスも「本当の私はどこにもいない」と嘆きつつもアリスで幸せだったと口にして消えていきました。
正しいかどうかは別にして二人はずっと一緒に遊んで居たかったんじゃないかなと思ったり。
勝ったものの、この戦いは白野には相当応えるものとなりました。


ひびちかタイム 20Time 大森林

不良っぽいファッションも似合っているひびき。
よく見るとガクランの背中に日輪ぽいものが・・・あんたじゃ燃えねえなあ。
ひびきは何を着ても似合うのは間違いないと思う。
それにしてもクラスの目もきにせずよくこんな格好できるなと思いますw

コンプティーク 2012年 5月号型月関連 (9)

ひびちかコンビのあだ名、千鍵がカッキーでひびきがヒッキー。ヒッキーってw
非社交的な人みたいなあだ名はひびきには最も似合わないものですねw

コンプティーク 2012年 5月号型月関連 (10)

不良になったひびきとユキは非行に走る。その手段はアンパン。
しかしアンパンはアンパンでも小豆餡を詰めた餡パン。
そのまんまじゃないですか(笑)。
バカな娘って可愛いよね。


コハエース+ 第2話「まほよ直前大特集」

もうまほよ発売延期のネタが使えなくなるとさびしい・・・なんてことはありません(笑)。
出来れば今後も新作が出るときは延期ネタとは無縁であるといいなと思ってますよTYPE-MOONさん!

コンプティーク 2012年 5月号型月関連 (8)

こないだのセイバー人気投票で赤に勝ったのが嬉しい青の人。
全国の奏者(カレシ)は次回頑張ってください。
白セイバーはCPでも唯一登場しなかったセイバーなのに1位はすごいですよね。
これから明確なキャラ付けがなされることはあるのでしょうか。

コンプティーク 2012年 5月号型月関連 (7)

月姫よりもふくよかなバストを手に入れた青子を見て天啓を得た秋葉様。
こやま効果を受ければ自分もお○ぱいが手に入る!当主ジョーク(笑)。

次回はファイアーエムブレム特集!!
え、ホントに?w
続きを読む

ヤングエース 2012年 5月号 感想

2012年04月04日 Fate/Zeroコメント(1)
ヤングエース 2012年 5月号 Fate関連 (1)

表紙は武内崇先生の描き下ろしセイバー。
高原を吹く一陣のさわやかな風のような表情をしています。
華やかイラストですが付録のFate/Zeroのポスターはそれとは対照的にムサイです(笑)。


ヤングエース 2012年 5月号 Fate関連 (2)

「Fate/Zero」真じろう描き下ろし男だらけB2ポスター
>真じろうが描き下ろした大迫力のポスター!
>ここでしか手に入らないレアアイテムを手に入れろ!


確かに大迫力というか力が入ってると思いますw

ヤングエース 2012年 5月号 Fate関連 (5)ヤングエース 2012年 5月号 Fate関連 (3)

ちゃんとアサシンとバーサーカーも居ます。
アサシンがシーツの下でバーサーカーが左上の黒いもやの所ですね。
バーサーカーはもうちょっと後の時期ならその甲冑を脱いだ姿を披露していたかもしれません(笑)。

ヤングエース 2012年 5月号 Fate関連 (4)

キャスターはご満悦。
聖処女枕とか、これも有る意味現代の文化ですねw
変な誤解されそうなのでとても飾れませんがw ネタ的な意味で面白いポスターでした。


ヤングエース 2012年 5月号 Fate関連 (6)

今月号の「Fate/Zero」は綺礼、単独行動を取り始めるの巻。
切嗣にどうしても会いたい彼はサーヴァントを使わずに自ら戦場へと赴きます。
この単独行動を時臣にたしなめられるシーンはアニメには無いものですね。
他にもキャスターのことを報告する会話も所々変わっています。

ヤングエース 2012年 5月号 Fate関連 (7)

ギルガメッシュが綺礼に興味を持つ所もちょっと変わってますね。
真じろうさんの髪下ろしギルはこれが初登場ですがイケメンですなあ。
今回はこのイケメン英雄王をたっぷり堪能できますよ。

ヤングエース 2012年 5月号 Fate関連 (8)

なんとアニメと違って出入り口を開けて帰っていく英雄王。
どうでもいいと言えばそれまでだけど、なんだか気になりました。
まあ酒を飲み散らかしたまま帰っていったのには変わりないんですけどw
続きを読む

まんが4コマぱれっと 2012年 5月号 感想

2012年03月30日 氷室の天地コメント(0)
まんが4コマぱれっと 2012年5月号 (1)

表紙はみりたり!
今号でちろちゃんが最終回。
そして抽選プレゼントのサイン色紙は結城心一先生のちろちゃんです。
最終回ラッシュが続いて寂しいですね。

氷室の天地 Fate/school life 磨伸映一郎
女子高生が集まって鍋をつつくお話。
こう聞くとハートフルな物語が展開するように聞こえますが内容は闇鍋。
それも氷室の天地でやるとなればタダで済むはずがありません。
ここの沙条綾香はもう食いしん坊キャラが定着しつつありますな。
マキジよ、ペットショップに釣具店は人間の食い物を売っている場所じゃないw

まんが4コマぱれっと 2012年5月号 (5)

鍋にはやっぱり普通の人が思いつかないような食べ物を入れています(笑)。
へー、ミドリムシって59もの栄養素があるんですね。
>理論上では“ミドリムシだけ食べていればヒトが生きていくのに必要な栄養素をまかなえる”
>と言われるほど栄養バランスに優れている(ユーグレナ社より)

調べて見たらミドリムシを専門に扱ってるところもあって本当に注目の食材みたいですね。
でも食べるのはちょっと勇気が必要でしょうw
ちなみにマキジはサルミアッキを入れてました。
良かった、一応人間の食べ物だ。世界一不味い飴だけどな!

まんが4コマぱれっと 2012年5月号 (6)

■世界一不味い飴「サルミアッキ」を食べてみた。(リムさんの奇食の館より)
どれだけ不味いか気になる人はここのレビューを見てみてください。
恐ろしさの一端が伝わるかも。

こんな世界一不味い飴をジャラジャラ入れても普通に食べられる鍋だった。
いったいどんなミラクルが・・・!沙条さんの投入したジョーク食材とやらが怪しいな!
しかし美味しくいただけたのが気に入らないからリベンジすることに。なんでさw
次回は闇鍋第二弾が炸裂するかもしれません。

みりたり! まもウィリアムズ

まんが4コマぱれっと 2012年5月号 (2)

中尉の思考回路がどうなってるかなんてこちらが聞きたいくらいです(笑)。
今回は福引ネタですがまあ欲しい物が手に入らないのはお約束ですよね。
しかし温泉旅行とししゃもを交換してもらおうとするのはどーかと思うw
次回は中尉が当てた温泉旅行に行く話になるみたいですがはてさて。


スターマイン ストロマ

まんが4コマぱれっと 2012年5月号 (3)

志染さんメインの回。ワーイ。
最近は志染さんが活躍するばかりか可愛らしい一面を見せてくれていいね!
裸ワイシャツから制服姿にジャージと色々な格好もしてくれます。
志染さんは保護者だけどいい意味で保護者に見えません。
こんな可愛い人にアーンしてもらうなんて行成は羨ましいやつである。

魔女とほうきと黒縁メガネ へーべー

まんが4コマぱれっと 2012年5月号 (4)

相変わらずシェスカのことを誤解しているみかんちゃん。
合法的にパンツ見るために全力を出すのがシェスカという女ですw
プロレスごっこをハァハァしながら迫るシェスカを見ても憧れの感情が変わらないみかんちゃんってw
そしてその主人はマゾ。やっぱりこの家はまともな人が居ない(笑)。
続きを読む

コンプエース 2012年 5月号 感想

2012年03月27日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (1)

祝☆7周年ということで表紙は武内崇先生による描き下ろしFate×なのはコラボイラスト。
5周年の時にもコラボしてましたね~。
今回は同誌連載中の魔法少女同士が手を取り合ってるイラストです。


コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (2)

新連載告知のコーナーにプリズマ☆イリヤ ドライ!の情報が。
連載は5月に発売するコンプエース7月号から開始とのこと。
来月号ではアニメビジュアルを初公開予定となっていました。

コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (7)

ヤングエースの告知もあって武内崇先生による描き下ろしセイバーが見れます。
Zeroでおなじみスーツセイバーなのですが、このアングルと表情のおかげで新鮮な感じがしますね。


コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (4)

武内崇×ひろやまひろし 特別対談 のコーナーは7ページありました。
お二人のアニメ化に対する思いや影響を受けた作品などの話が聞けます。
同人活動の頃の話ではお二人の出会いとひろやまひろし先生の同人活動のことも。
ひろやまひろし先生の出したステンノとエウリュアレの本は自分のオススメですよw

コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (5)

>「そうだ、ギル様をイリヤたちと同年代の子供にすればいいいんだ!」とヒラメキまして。

ツヴァイの話ではギルガメッシュに関する裏話が聞けました。
本来なら大人だったのを幼年体に変更した理由は色々ありましたが、どれもなるほどな~と。
個人的には空気世界観を考慮して同年代の子ギルを持ってきたのは面白かったしナイス判断だと思ってます。

>たたもうと思っていた風呂敷も、グワッと広がってしまいました。

カードの設定とかも作中では明らかにする予定は無かったそうです。
そしてドライでは色々と明らかになるだけではなく、更に熱いバトルが展開されるそうです。
戦闘シーンがあれ以上凄くなると聞いてはもうきたいせずにはいられませんね。


コンプエース 2012年 5月号 Fate関連 (3)

掲載されてるプリズマ☆イリヤ ツヴァイ!の最終話はこちらでレビューしたので割愛。 
続きを読む

フェイト/エクストラ (2) ろび~な

2012年03月24日 Fate/EXTRAコメント(0)
フェイトエクストラ 2巻 (1)

Fate/EXTRA(フェイト/エクストラ)のろび~なさんによるコミカライズ版の2巻を買ってきました。
電脳空間で繰り広げられる聖杯戦争。
第2巻ではロビンフッドとの決着と第3回戦の開始と決戦前夜まで描かれています。

雑誌掲載時の感想 → 6話 7話 7話その2 8話 9話 10話 11話


フェイトエクストラ 2巻 (2)

第2回戦の対戦相手であるダン・ブラックモアとロビンフッド。
二人の騎士として戦いに挑むマスターと何をしてでも勝とうとするサーヴァントという主従が描かれています。
卑怯な手段を厭わぬサーヴァントに対するダンの憤りは本物で、令呪を使ってまでアーチャーにフェアな戦いをさせます。
大事な令呪を敵マスターを助けることに使ったダンも凄いが、令呪を持ち出さないと言う事を聞かないロビンも凄い。
二人とも頑固です。

この巻ではそんなダンとロビンの過去が語られています。
ダンは妻のために軍人としてではなく騎士として今回の戦いに挑んだこと。
ゲームでは接点の無かったあの男と戦場で会話を交わしたというのは面白いですね。
ロビンはシャーウッドの森で村の人達のために戦った生涯が語られています。
ここでロビンも騎士に対する憧れがあるのだというのが明らかに。

決戦でも持ち前の技を生かしてセイバーと白野を追い詰めます。
やはり身を潜め、毒を使い、不意打ちも辞さないその戦い方は強い。
しかし覚悟を決めた白野の言葉にダンは真正面からぶつかることを選びます。
ロビンもダンの信頼と騎士という言葉に触発されて正々堂々セイバーと白刃で切り結ぶ。

フェイトエクストラ 2巻 (3)

結局セイバーに負けてしまうのですが、その表情は終始嬉しそうでしたね。
最後に自らの思いを告白して満足そうに消えて行ってしまいました。
消える前の表情・・・何というか清々しく全ての闇が消えたって感じでしたね。
この主従は対照的なようでいて、騎士の憧れなど似ている部分がちゃんとあったというわけです。

ダンも最後に自分の在り方を教えてくれました。
記憶もなく流されるだけの白野も一つずつ成長していきます。

そして第3回戦の対戦開始。
ここまで来ると他の実力者が目をつけて関わってくるようになります。
殺し屋にテロリストなど、とてもお近づきになりたくないような人ですよ(笑)。
ああ、でも凛は可愛いから是非ともお近づきになりたいw

フェイトエクストラ 2巻 (5)

可愛いと言えば今回の対戦相手、ありすとアリスという2人の少女も可愛い。
でも可愛いからって近づくとちょん切られちゃいますよ。
無邪気で年相応の笑顔を見せてくれますが、とてつもない相手です。
自由自在に移動でき、対戦相手をアリーナに引き込む。
固有結界まで使いこなし、呼び出したお友達のジャバウォックの戦闘力は凄まじい。
枚挙すれば反則なみの強さですね。
それはセイバーとサンサー2人がかりでもなおこっちが不利になる展開からも分かります。

白野は凛やラニといった協力者のおかげで攻略の糸口を手に入れます。
そしてありすとアリスの謎も少しずつ明らかに。
対策は立てたものの、今までの相手とは事情が違う背景に白野は思い悩み決断できません。
セイバーの助言を聞いても白野は割り切れないまま次の巻へと続きます。

フェイトエクストラ 2巻 (4)

聖杯戦争の過酷な運命が描かれていますが、それと同じくらい可愛い赤セイバーも見れます。
相変わらず赤セイバーさんはドヤ顔可愛い!

フェイトエクストラ 2巻 (7)

番外編では岸波白野(♀)ちゃんも活躍してます。
セイバーさんは別に娘の姿でも一向に構わないとか。
まあ美少年も美少女も両方いけると豪語して憚らないお方ですからねw

設定資料集では今回の巻で活躍したキャラが解説付きで載ってます。
ラニはギリギリを攻めたいという話ですがこれはアウトな気が!
ろび~な先生は女の子は可愛く描きたいと言っているので今後も楽しみです。

フェイトエクストラ 2巻 (8)

でも男もかっこよく描けてると思います。特にダンとロビンの主従は。
ダンは渋いしロビンは普段の甘い顔から「はあああ!?」って表情もちゃんと描かれてるので見ていて面白い。
ダンのビジュアルは確かに学園モノでは目立つというか浮いてるかもしれませんねw
相変わらずゲームとは違った楽しみを提供してくれるコミックですよ。
続きを読む

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (5) ひろやまひろし

2012年03月23日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (1)

ひろやまひろし先生のコンプエース連載漫画、プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!の5巻を買ってきました。
ツヴァイはこれが最終巻になりますが、物語はここから新たなる展開に突入していきます。
アニメ化企画進行も決定していて、プリズマ☆イリヤはどんどん盛り上がりを見せてくれる。
Fate/stay nightのスピンオフ漫画であるこの作品もここまで来たかという感じですね。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (6)

ちなみにアニメ化は去年から進んでいたそうです。
担当編集者さんに居酒屋でポロリされたとか(笑)。

では雑誌掲載時の感想と共にいってみようと思います。

第23話 監視者
この号は巻頭カラーで表紙は武内崇さんとひろやまひろしさんのコラボイラストでしたね。
圧倒的な力を見せた黒化英霊が鏡面界を破壊してこちらの世界へとやってきてしまいます。
地底からヴィマーナで軽々と地盤を突き抜けて地上に行くまでの過程は圧巻でした。
この辺りから見覚えのある宝具もチラホラ出てきてこの英霊の正体は疑いようもありませんね。

第24話 地下のその地下にあるモノ
この号にはプリズマ☆イリヤが活躍するドラマCDの「イリヤエ・ロボマエ」が付いてました。
マジカルルビーと琥珀で声優がかぶってしまうのですが、その時の対応策は意外なものでしたw

カレン・オルテンシアも本編に関わってきてシリアスに拍車がかかる。
こんな空気でもコミカルなシーンもちゃんとあるあたりは流石の一言。
カレンの戦闘服に「スカートはいてない」ネタをやってくれました(笑)。

大空洞のある円蔵山に向かった黒化英霊を見つけたイリヤと美遊。
巨大な魔方陣の上で笑う黒化英霊を押し出そうとするのですが、押し出されたのは金髪の子供でした。
まさかの子ギル登場にはビックリでした。しかも全裸。
その上イリヤに●●●を握られていたというから、もう何がなにやらって感じですねw

第25話 金色の少年

ワールドワイド!さすがは英雄王でございます。
この号はギャグな部分でしっかり笑せてくれました。
異常事態が進んでる中ですっぽんぽんの子供とやりあう魔法少女というのも凄い絵です(笑)。
そして子ギルから語られる驚愕の事実からシリアスへ。
アインツベルンとは別の聖杯戦争や美遊の秘密、そして平行世界の関わりが明らかに。
ここから謎がいろいろと分かってきます。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (2)

ちなみに修正されてる所もありました。
雑誌掲載時に修正するって言ってましたがまさかこっち方面とは。これは際どい(笑)。

第26話 黒色の運命

これまで謎だった様々な設定が明かされるのですが、
それがFate本編の設定を踏襲しているからファンとしてはたまりません
聖杯や並行世界などに美遊も絡めて、ここにきて物語の根本に関わる存在となりました。
そして子ギルのお姫様発言と共になんだか囚われのヒロイン的なポジションへと。
それを助けようとするイリヤはまさにヒーローですね。
イリヤと美遊の友情が大きく描かれているのが見所でした。

最終話 世界の片隅で君の名を

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (3)

イリヤが覚醒してツヴァイフォームの新コスチュームをお披露目。
可愛く素敵な姿で巨大な黒化英霊と真っ向からぶつかるバトルシーンが見所です。
いや、それにしてもバトルの迫力が半端無い。怒涛の勢いで戦闘してます。
何よりエアと打ち合う程の力を見せるのだから驚きですね。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (4)

イリヤの奮闘もあって助け出された美遊。
「わたしたちは友達だから」の流れから、イリヤと美遊の美しい友情を魅せてくれます。
美遊の表情が乙女チックモード全開。二人の絆がより深まったのを感じさせる実に美しい光景です。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (5)

このまま大団円かと思った所に現れたのは謎の二人。
片方はアーチャー(ギルガメッシュ)のカードをインストールした少女。
もう一人は何者かサッパリ分かりません。
わかったのはエアの作った世界の裂け目から美遊を迎えに来たということ。
ということは並行世界の存在でしょうか。
しかし美遊に対する扱いがとても好意的なものではありません。

そして引き裂かれるイリヤと美遊の絆。
ハッピーエンドかと思った矢先に訪れた衝撃のラストでした。
改めて表紙を見直してみるとこの結末を予感させるかのような切ない構図になっています。
一体二人は、そして周りに居た他のメンバーはどうなってしまったのか。
この結末から物語は3rei(ドライ)へと続きます。


最終巻と聞いてどうまとめるのかと思ってたら、まさかのドライです。
ここからどのように物語がどのように展開していくか本当に気になりますよ。
とりあえず受肉した子ギルが今度こそ味方になってくれたら個人的に面白いと思っていたりする。
普通なら強すぎる味方ですがエアやエルキドゥのような主力はたぶん持ってかれてるんじゃないかなと。
子ギルも友(鎖)を取り戻すためという奇しくもイリヤと同じ目的を持つ展開になったら燃えるではないですか!
全力を出して負けた子ギルがなんだか清々しそうだったから、イリヤを友人として扱うとかも面白いかも。

まあ自分の予想はあてにならないので鵜呑みにしないように(笑)。
まだまだこの作品が楽しめるというのは純粋に嬉しいですね。
アニメ化も決まりましたし盛り上がりも絶好調なプリズマ☆イリヤをこれからも応援していきたいと思います。
続きを読む

Fate/Zero (3) フィギュア付き限定版 真じろう

2012年03月23日 Fate/Zeroコメント(0)
Fate Zero3巻 フィギュア付き限定版 (1)

ヤングエースで連載中の真じろうさんのFate/Zeroのコミカライズの3巻。
そのフィギュア付き限定版を買ってきました。
通常版よりも一足早い発売ですね。
パッケージイラストは武内崇さん描き下ろしのスーツを着崩したセイバーですよ。

Fate Zero3巻 フィギュア付き限定版 (2)

付録はポストカードとフィギュアですね。
コミックのカバーもパッケージイラストと同じものになっていました。
真じろう先生の描く征服王イスカンダルが気になる方は是非とも通常版の3巻表紙をご覧になってくださいw


魅力的なセイバーづくしのとなっていますが、コミックに収録されている漫画の内容はグロイです。
キャスターと龍之介のアートだけでなく間桐家の蟲蔵まであるので耐性のない人はキツイかもしれませんね
雑誌掲載時の感想はこちらからどうぞ → 11話 12話 13話 14話 15話

Fate Zero3巻 フィギュア付き限定版 (7)

真じろう先生は濃い絵柄の作家さんですが今回は特に力はいってます。
アニメで出来なかった龍之介の掘り下げは見所の一つですね。
やっていることはアレですがキャスターの百面相なども見ていて面白い。
―守りたい、この笑顔(笑)。

間桐雁夜の話では心中の語りが分かって面白い。
ここで桜が蟲蔵シーンがあるのですがこれもグロイですね。なんというか色々とヤバイ。
コミックは憎悪と凶気に染まった間桐雁夜がバーサーカーを召喚するところまで収録されてます。


Fate Zero3巻 フィギュア付き限定版 (3) Fate Zero3巻 フィギュア付き限定版 (4)

Fate Zero3巻 フィギュア付き限定版 (5) Fate Zero3巻 フィギュア付き限定版 (6)

海洋堂さんによる特別製セイバーフィギュア。
個人的にはねんどろいどぷちで欲しかったですね。
でもこれもこのサイズにしてはなかなかの出来だと思います。
顔周りにちょっと違和感があるかな? ボディの出来は良い感じです。
特に胸元や太ももの肌色が素晴らしい。
続きを読む

アルティマ・エースVOL.3 Fate/Zero 黒 感想

2012年03月18日 Fate/Zeroコメント(0)
アルティマ・エースVOL3 Fate/Zero黒 (1)

Fate/Zeroのスピンオフが連載中のアルティマ・エースを買ってきました。
雌鳥さんによるギャグ漫画なのですが知らない人も多いのでは。
更に雑誌の扱いがヤングエースの増刊で隔月発行なので見逃しやすいですよ。


Fate/Zero 黒 雌鳥

アルティマ・エースVOL3 Fate/Zero黒 (2)

ウェイバーとライダーがメインのネタ回でした。
現世を満喫するライダーに振り回されるいつものウェイバー。
しかし時々見せる征服王の威容に自分の中にある想いがどんどん大きくなっていくのでした。
流石はカリスマA。およそ人間として獲得しうる最高峰の人望を持つだけあります。

アルティマ・エースVOL3 Fate/Zero黒 (3)

確かにあの大きな腕ではアクション系統のゲームは操作しづらいでしょう。
征服王の対戦相手は幼き頃の氷室っぽいですねー。

アルティマ・エースVOL3 Fate/Zero黒 (4)

ウェイバーとアイリスフィールの絡みも面白かった。
ああ、確かにこの中ではウェイバーだけ未経験者か(笑)。
現代は娯楽や美食などの楽しみが増えたから、そっちの経験が無くても不思議ではないというのには成る程なと。
自分も仮に未来に行けたらその辺りを思う様満喫するのではと思います。

でも我々に美食や娯楽など何の意味も無いと切って捨てるセイバーさん
この頃のセイバーさんの発言としてはおかしくないのですが、聞いた周りの反応というか空気が酷い(笑)。
彼女がそれらを楽しむのはまた10年後の話なのでした。
続きを読む