6/23にサイトを移転しました(現在ご覧のサイトは新サイトです)。
新しいURLは『http://demonition.com/』です。お気に入り・RSS等の変更をお願いします。

まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 感想

2012年06月23日 氷室の天地コメント(0)
まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 (1)

表紙はスターマイン。
コミックス最新刊大重版決定と大人気でなにより。
押しつけられて変形する胸っていいよね・・・。
さすが身体性能(乳的な意味でも)抜群である。

氷室の天地 Fate/school life 磨伸映一郎

まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 (2)

校内マラソン大会、氷室たち陸上部もやる気まんまんです。
初っ端からネタも炸裂、今回も濃いネタ盛りだくさん。
「いい勝負の綱引きは中心が動かないだろう? それと同じだ」
とか言って音を操る人が吹奏楽部に居たら怖いよw

まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 (3)

君はシベリアー送りだろー♪ (イェーイ!)
なんでもシベリア送りにする蒔寺さん。
また変わった歌をチョイスするというかw あの歌は妙に耳に残りますw
歌いながら走ってボケとツッコミまでするマキジと氷室はハイスペック!

まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 (5)

前回から引っ張る占いネタ。
今日の蒔寺さんは絶好調で項目が全部該当しちゃう。
いや、ステキな出会いとやらは外れてるかもしれない。

まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 (4)

それにしてもアライグマは順調にこの作品のレギュラーとなりつつあるのではw

由紀香の睡眠学習の意味も明らかに。
氷室はアート・ブレイキーを聞かせて運動苦手な由紀香を救済しようという計らい。
しかし一晩中かけて聞いていたのはマキジのクレイジーキャッツでしたw
由紀香の様子がおかしいとは思ってましたが・・・まさかオチに二重にビックリ!

みりたり! まもウィリアムズ
完璧に巻き込まれたと思ったらいつの間にか解決?
紛争の友の力は偉大である。
色仕掛けされる宗平が羨ましいでござる。
ただのゲーマーなのにまた女が寄ってくるとは・・・これが英雄の息子!

まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 (6)

国防局の人エ口過ぎる

スターマイン ストロマ

まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 (8)

里梨が発情する回(違う
なんだか里梨がモジモジしてると思ったらスパッツを履いてないからでした。
郷は思ったことはっきり言いすぎですねw

まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 (7)

事あるごとにビクビクしてる里梨ちゃん可愛いんですけど!
見られたくないのは分かるが、スパッツの有無でこうも変わるのか。
スカートの下にジャージ履くなどという方法に逃げないで本当に良かった。
あれはなんというかビジュアル的にすごく萎えますよね。

まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 (9)

気づいた行成はよく見ているなー。
ご褒美に巨乳を押し付けられるハグだと・・・ッ!?
行成はおっぱい好きですからー。
というか上だけじゃなく下(意味深)も好きだっらどうなるんですか里梨さん。

魔女とほうきと黒縁メガネ へーべー
みかんちゃんの回。
今回はテスト勉強ということで私服姿のみかんにシェスカも大興奮。
乃梨子もテスト直前だが、既に諦めている。
そんな乃梨子にリアナが英語の手ほどき、見事なイングリッシュを操れるほどに!
ただしアイラブユーだけ(笑)。
しかも本人はラブの意味分かってないしw

まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 (10)

アイラブユー大活躍。
囁かれた人は胸の高鳴りを抑えきれぬ。
キマシタワー!・・・いつも以上に百合の花を咲かせておるわ。
というかみかんちゃんもガチ百合だったとは・・・相手はシェスカさんというまさかの展開。
当のシェスカさんは意外とウブだったしこの二人はどうなることやらw

まんが4コマぱれっと 2012年 8月号 (11)

百合の花が美しい中、乃梨子の残念さは留まるところを知らぬ(笑)。
人の夢の中にまで出てきてこの人は何を言ってるのだろうかw
続きを読む

ヤングエース7月号増刊 アルティマエース 感想

2012年06月18日 Fate/Zeroコメント(0)
男だらけポスターマスター編 (1)

男だらけポスターマスター編が付録のアルティマエース7月号を買ってきました。
絵柄はサーヴァント編よりも全力でネタに走ってる一品でした。
本当にこれは誰得なんだろうかというポスター、少なくとも飾るにはとても勇気が必要である。

《特別付録》「Fate/Zero」真じろう描き下ろし男だらけポスター マスター編

男だらけポスターマスター編 (4)

ヤングエース5月号の付録として、巷を揺るがしたあの「男だらけポスター」の第二弾がアルティマエースに降臨!
此度はマスター達の英姿を刮目せよ!

男だらけポスターマスター編 (3)

いかん……!真じろう先生が根源へ至ってしまった……!
これが根源だとすると時臣は念願かなったということか。
「御免だ。私は、あそこに墜ちるのだけは嫌だ!」って言った少女の気持ちがわかるようなw

男だらけポスターマスター編 (2)

真じろう先生が言うには絵画調だから飾れるねとのことですw
ちなみにそれぞれに元ネタありなんですよ。
ということで調べてみてまとめました。

■キリストの変容 (Trasfigurazione)1518-1520年
龍之介

■泉 (La source) 1820-1856年
ケイネス

■叫び (The Scream) 1893年
雁夜

■ ビーナスの誕生 (Nascita di Venere)1485年頃
ウェイバー

■アダムの創造 (Creazione di Adamo)1510年
切嗣、綺礼

■ウィトルウィウス的人体図
時臣


Fate/Zero 黒 雌鳥
ちつじょを守ってたのしくファイト!

要するに街の治安を守るために聖杯戦争の参加者に何ができるかってことですね。
さて、どこから突っ込むべきだろうかw

7月号増刊 FateZero 黒 (1)

子供たちに自衛手段を教えてくれる切嗣おにいさん。
モロトフ火炎手榴弾の作り方を教えてくれようとする。
自己防衛とか覚悟とか余計な知識も与えている!
簡易ブラックジャックを振り回す幼女とか怖いよw

7月号増刊 FateZero 黒 (2)

そんなキラーマシンに対する認識。
なんだかよくわからないけどかっこいい!
キッズたちはダークヒーローが好きらしいけど、切嗣ってウケるものなのでしょうかw

綺礼神父は普通に見回り。
おかげで悪影響を受けた子供たちは無事?
悪い知識は隠蔽できたけど神父のご馳走する昼食を食べた子供たちはたぶん無事ではないw

7月号増刊 FateZero 黒 (3)

舞弥さんは自分たちが消費することで経済を循環させるという案でした。
というわけで大好きなケーキも高価なものを優先して食べています。
好きなもの買ってるだけとか言うのは禁止ですかw

7月号増刊 FateZero 黒 (4)

アイリさんも舞弥の案を採用。
マダムはもちろん服に興味津々でございます。
セイバーがいろんな服を着れば街のためになる、ナイスアイディアでございますマダム。
そしてチャイナ服やチア服のアイリだと・・・ッ!
下手したらイリヤに新しい妹ができるでしょうな(ぉ
続きを読む

Fate/Zero 第24話 「最後の令呪」 感想

2012年06月17日 Fate/Zeroコメント(0)
Fate Zero 24 (1)

「衛宮切嗣の名の許に、令呪を以てセイバーに命ず―」
いよいよ聖杯戦争も佳境。
ああ、終わりが近い・・・。

アクションシーンも映像のクオリティも素晴らしかったです。
それだけに尺が足りないというのが残念で仕方ありません。
OPも無しで最初から盛り上げてくれる。
凄い詰め込まれた濃い回でした。

続きを読む

Fate/Zero 第23話 「最果ての海」 感想

2012年06月11日 Fate/Zeroコメント(1)
Fate Zero 23 (1)

「ああ、そうか。この胸の高鳴りこそが、最果ての海の潮騒だったのだ」
英雄王と征服王の最終決戦。
王道を示す二人があまりにもカッコイイ。
ぶつかり合うシーンは最高に盛り上がりました。

そしてセイバーとバーサーカーの縁も明らかに。
騎士王もまた誇りを持って戦う王。
今回はそれぞれの王と臣下のあり方を見せてくれました。

続きを読む

コンプティーク 2012年 7月号 感想

2012年06月10日 Fateコメント(0)
コンプティーク 2012年 7月号 (1)

今月号は付録にFate/ZeroのアンソロジードラマCDが付いてくるということで楽しみにしてました。
必聴!! 麗しのヒロイン・セイバーをめぐる学園ロマンスとかなんとか。
しかしドラマCDの脚本は氷室の天地でお馴染みのあの人。
聞いてみたらやっぱりというかひどかったよ!(褒め言葉)

コンプティーク 2012年 7月号 (2)

ビジュアルアーツ 20周年&大感謝祭ということで付録にINTRODUCTION BOOK。
座談会やらインタビューとかガッツリ掲載されてました。
描き下ろしイラストやショートストーリーなどもあって読みごたえは十分です。

コンプティーク 2012年 7月号 (3)

枕の新作「向日葵の教会と長い夏休み」
野々原雛桜を見て基4さんの絵柄が結構変わったなーと思いました。
そしてスタッフ勢揃いで力の入りようが感じられます
枕の新作もいいけどサクラノ詩と陰と影もいつかやりたいですケロQさん

「Fate/Zero」アンソロジードラマCD 《アルトリア・ロマンス》

コンプティーク 2012年 7月号型月関連 (1)

このドラマCDはアーチャー、ランサー、ライダーがセイバーをめぐる学園ロマンス。
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

ドラマCDの脚本は氷室の天地で有名な磨伸映一郎先生。
ということでネタの宝庫。
学園ロマンスしてたのは冒頭のセイバーの予想だけ。
それ以降は男連中がバカやってセイバーさんが突っ込み役ですよw

アーチャーが富樫源次だったり雷電テンプレ出てきたり
ネタも男塾ですよ、ロマンスはどこ行った!
想像してたのと全然違った(笑)。
けど磨伸映一郎さんの名前を見て納得w

そして何げに会話してるアーチャーとランサー。
こんなギャグ時空が初の会話になるなんて思いませんでしたねw
学園ということで所属しているクラブのネタも。
原作の面影を残念な方に感じて面白かった。特にアーチャーの愉悦研究会とか。

ロマンスはしないけどロマンスの妙な知識は教えてくれる。
ロマンスの語源はローマにあったとか、アーサー王こそロマンスの代名詞とか。
この辺りの知識とうんちくも流石の一言。
ちょっとアーサー王ロマンスに手を出してみようかなと思ったり。

というわけでセイバーさんが男連中に弄られてカリバる話でした。
乙女ゲーみたいなのを予想していた人には残念?だけど自分は楽しませていただきましたよ。
キャラ崩壊とか気にせずFate/Zero本編と違ったノリが楽しみたい方にオススメ。
アーチャーというよりは関智一さんがノリノリですw

アーネンエルベコンプ支店 第5回

コンプティーク 2012年 7月号型月関連 (3)

今回はほたさんによる桜のジューン・ブライドネタ。
ライス大盛りで桜新婚フェアとかどうしてそうなった。
そして飲食店でゴキブリに遭遇しないのはお店の人の努力の賜物なんだろーなと思ったり。

フェイト/エクストラ Phantasm13:理想郷/utopia ろび~な

コンプティーク 2012年 7月号型月関連 (4)

レオナルド・ビスタリオ・ハーウェイの語る理想の世界。
世界を実質的に支配する西欧財閥、その中核たるハーウェイ家の次期当主。
世界の全ての富や資源を公平に分配し、それにより争いもなくし人類を平和に導こうとする西欧財団の方針を是とする。
Fate/Zeroの切嗣さんとか賛同しちゃいそうだなと思ったり。

コンプティーク 2012年 7月号型月関連 (6)

西欧財団の方針を否とする人たちも確かに居る。
遠坂凛とかもそうです。
レオと凛が語る幸せの定義も平行線です。
しかしどちらにも確固たる信念があるのは確かです。
その辺があやふやな白野はまだまだ揺れるばかりですね。

コンプティーク 2012年 7月号型月関連 (5)

セイバーさん可愛すぎる
ゴロゴロ寝てたり成長した白野にキュンとする表情とかたまりませぬ。

そして凛vsラニ。
いよいよここまで来ました。
果たして二人のうちどちらがヒロインになるのやらですね。

ひびちかタイム 22Time 大森林
今回は肝だめしネタ。
結城姉はこういうの苦手だそうで。
深夜の学校とかお墓って怖いですよねー。

コンプティーク 2012年 7月号型月関連 (7)

やっぱり普通にはやらない肝だめし。
スナオちゃんは楽しそうに脅かし役になります。
悪い顔してるでぇ・・・w
脅かす役って面白そうですものね。

コンプティーク 2012年 7月号型月関連 (8)

でも殴られたり逆に驚かされたり思惑通りにいかないスナオちゃんなのであった。
そして本当に幽霊が・・・!?
ひびちかの周りには不思議がいっぱいなので何があっても驚かないですとも。

コハエース+ 第4話「まほよフェス」
有給とってまほよ満喫中の琥珀さんに代わって翡翠ちゃんが登場。
うん、年次有給休暇とかそんなシステムは無いよねw

コンプティーク 2012年 7月号型月関連 (9)

なんだか普通にニュースを伝えるのが新鮮ですね。
もうすぐ単行本発売なので自虐ネタ込みで宣伝もあり。
逆にやりづらいと言う秋葉様がけっこう重症だと思いますw
でもやっぱり相変わらずのノリで凄い。

コンプティーク 2012年 7月号型月関連 (10)

琥珀さん遅れて登場でファイヤーエムブレムクリア報告。
そして今回いろんな事情でページが少ないらしい。
この漫画好きなんですけど大丈夫なんですか経験値さん!?

コンプティーク 2012年 7月号型月関連 (2)

そんなコハエース単行本の表紙。
発売日は6月26日です。
末永く続け。

コンプティーク 2012年 7月号型月関連 (11)

そしてコハエースの出張情報が。
気になる人はバンプレちゃんねるにゴーですよ。
続きを読む

Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」 感想

2012年06月04日 Fate/Zeroコメント(0)
Fate Zero 22 (1)

ついに第四次聖杯戦争の最期の一日が幕を開ける。
決戦前夜における各陣営の様子が描かれていきます。
中でもウェイバーと綺礼が戦いに挑む決意を固めるのは見所。
前者は成長ぶりを、後者は魂の躍動を見せてくれました。

そして今回出てきた聖杯の中身。
不気味な胎動を感じさせてくれます。

続きを読む

ヤングエース 2012年 7月号 感想

2012年06月02日 Fate/Zeroコメント(0)
ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (1)

表紙はまたまたセイバー。
最近はエヴァに次いでこの雑誌の表紙を飾ってますね。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (2)

付録のパジャマセイバーさん枕カバー。
Zero本編では見られない可憐な美少女っぷリに癒されるべし。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (3)
ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (4)
ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (5)

セイバーの周りに転がってるぬいぐるみも可愛いな。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (6)

予告でもまたまたFate/Zeroの付録告知が。
また使わないストラップが増えるでござる。


今月号の「Fate/Zero」はがっつりセイバー陣営にスポットを当てています。
イリヤ相手に大人気ないことしてヌッフッフ・・・と笑う切嗣(笑)。
ケイネスもこんな笑い方してましたねw

アニメよりもさらに詳しいアイリと切嗣の打ち合わせシーンもあります。
霊脈と聖杯降霊についての件は放映中のアニメでもタイミングよく出てきたのでおさらいにいいかも。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (8)

切嗣とセイバーの溝、アニメよりもアイリが板挟みになってる感じがよく出てますね。
アイリの心中も詳細に描写されているので、夫とセイバーの両方に対する想いがわかりやすい。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (9)

そして真じろうさんの描くアイリスフィールも良い感じでした。
慣れてきたのか原作に近い絵柄なんじゃないでしょうか。

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (7)

キラーマシーン切嗣
恐ろしい顔してますね。
この後のアイリに弱音を吐くところの表情も中々でした。
今月号は切嗣のいろんな表情を見ることができてお得である(えー

ヤングエース 2012年 7月号 Fate関連 (10)

あと子供引き連れて乗り込んでくるキャスターさんも。
相変わらずこの人が登場するともれなくバイオレンス。
子供の頭を握りつぶすシーンとかリアルすぎてヤバイよ。
続きを読む

Fate/Zero 第21話 「双輪の騎士」 感想

2012年05月27日 Fate/Zeroコメント(0)
Fate Zero 21 (21)

セイバーとライダーの決戦。
ここのシーンはスピード感が凄い上に動きの一つとっても高クオリティ。
カーチェイスはFateであることを一瞬忘れさせるほどです。
カッコイイ演出とか、どの瞬間も見逃せませんよ。

そして後半にある間桐雁夜のシーンも見所の一つ。
新垣樽助さんの演技もあって強烈でした。

続きを読む