Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! (1) ひろやまひろし

2012年11月19日 プリズマ☆イリヤコメント(4)
Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (1)

喜怒哀楽全方位型ストーリー、プリズマ☆イリヤドライ!の1巻が発売しました。
スピンオフ漫画であるこの作品も通巻8巻目。
アニメ化も決定してプリヤはますます人気も急上昇ですね。
萌えて笑えて燃えるこの作品も本家と共に更なる盛り上がりを期待しております。
雑誌掲載時の感想はこちらからどうぞ → 1話 2話 3話 4話 5話

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (2)

ツヴァイの大団円かと思ったら衝撃のラスト!という引きから始まるドライ。
イリヤは平行世界へ飛ばされてしまい、たったひとりで目覚める。
美遊をはじめとした今までの主だったメンバーは誰もおらずルビーも無いのでヤバイ状態。何より寂しい。

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (3)

そんなイリヤの新しい仲間である田中さん(仮)。
ドライから登場の新キャラですがまだ詳しいことは不明です。何より本人が記憶喪失なので(笑)。
エインズワースとの関わりが今後重要になってくることでしょう。
田中さんはこれから色んな事にズンガズンガしていくのか。
ズンガズンガ、これは流行る。

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (4)

お馴染み言峰さんも登場。名前は出てないので謎のラーメン屋のおじさんで(笑)。
この漫画では初登場ですが、平行世界だろうと麻婆豆腐と共に在るその姿に・・・―ああ、安心した。
「辛そうで辛くないむしろ辛かったことを脳が認識しようとしてくれないラー油」
を湯水のように使った特製麻婆ラーメンをご馳走(有料)してくれたので酷い目にあいましたw
イリヤが出会ったのは幸運かはたまた不幸か。

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (5)

小さい英雄王もとりあえずイリヤに協力してくれます。
子ギルのレギュラー化と仲間になるという展開はみんなが期待していたんではないでしょうか。
そして何より頼りになる。窮地に立たされているイリヤに色々な助力をしてくれます。
今まで分からなかった情報、平行世界から美遊を攫ったエインズワースのこともさらっと教えてくれます。

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (7)

戦闘面でもその強さを見せつける子ギル。
子ギルが雑種を手ずから誅戮する様が見れるのはプリヤだけ!
魔法少女モノなのにショタっ子が大活躍するなんて!と偏見で物を言ってみる。

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (6)

子ギルは本家と違ってかなりイリヤに友好的なんですよねー。
ツヴァイで戦った時に色々あったからでしょうかね。友に対する姿勢とかエアと真っ向勝負した実力とか。

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (9)Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (10)

そしてドライでイリヤ達の敵として立ちはだかるエインズワースの面々。
ベアトリス・フラワーチャイルドとアンジェリカ。ツヴァイの最後で出てきた二人ですね。
エインズワース家のドールズだとか使ってるカードの事とかまだこの巻では詳しいことは不明。

エインズワース家の黒幕って誰なんでしょうねー。
きっとゼルレッチの弟子か遠坂家の縁者に違いない(適当)。

囚われの美遊のお兄さんも登場したけどあの姿はどう見ても・・・。
というわけでまだまだ気になることが多すぎですねー。
新章もまだまだ始まったばかりって感じでした。

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (8)

「復ッ活!!」「プリズマ☆イリヤ復活ッッ!」
ベアトリスとアンジェリカと戦うことになりましたが一進一退のやり取りは熱い、熱いぞー。
イリヤと子ギルが力を取り戻して逆転かと思いきやドールズの二人が取り出したカードで状況が一変!?
どうなるかは次巻へ続く。

コミックのおまけ要素でクラスカードのステータスもありました。
アーチャー(ギルガメッシュ)のカードは宝具まであるので情報量多し。
矢避けの守りの説明見てコミック見直すと確かに説明通りの変化も発見できましたよ。
身隠しの布すげーとかあの首飾りもそうだったんやーとか色々分かって良かった。

あとアサシンだけ四次だった理由も明かされていて
>アレだ。右手で敵の心臓WASHI☆掴みにして引きずり出すイリヤとか見たいですかっつー。
とのことでした。
ちょっと花札の弟子一号のセリフを思い出してしまったw

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (11)

番外編も1本収録されてました。
小学生のイリヤたちが中身のおかしい生々しい宿題に挑む話です。
ドライ本編で再びこのメンバーが揃う時が待ち遠しい。

Fatekaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 1巻 (12)

あとがきではひろやまひろが絶好調である。

というわけで1巻から展開がはやくて面白くて熱い第三期の3rei!!(ドライ!!)。
何もかも新しいプリヤでしたが今までついてきたファンを置いてきぼりにすることなく楽しませてくれます。
毎回目が離せなくてもうズンガズンガしちゃう。

プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻感想
続きを読む

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! ひろやまひろし 番外編

2012年10月26日 プリズマ☆イリヤコメント(1)
コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (8)

今回は番外編なんですけどちょっと内容がアレです。
腐女子になったミミがメインということでそれに関係するピンクな話になってます。
こう書くとアレですけどノリが面白いので普通に読める。
バトルもいいけどたまにはこういう話もいいよね。
続きを読む

コンプエース 2012年 12月号 感想

2012年10月26日 プリズマ☆イリヤコメント(3)
コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (1)

表紙は新連載巻頭カラーの魔法少女リリカルなのはINNOCENT
あと東方鈴奈庵 〜Forbidden Scrolleryも新連載です。

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (2)

アーチャーの背中を頼もしく感じるキャス狐たち。
花札のシナリオはどれも気になる。

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (3)

11月9日発売のFate/ZeroアニメガイドⅡの表紙イラスト。
自分は迷わずベイ。

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (4)

コンプティーク12月号の表紙はufotable描き下ろしのFateヒロインたち。
「氷室の天地」の磨伸映一郎さんが脚本を手がけるFate/PrototypeのドラマCDも要チェックや!
Fateを大特集とのことなので記事にも期待ですね。

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (15)

12月発売のTYPE-MOONエースvol.8の告知広告も掲載されていたのですが気になる一文が。
魔法使いの夜の最新情報がなにか来るのだろうか。来てくれたら歓喜ですよ。

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (5)

来月号のコンプエースから新しくTYPE-MOON原案のコミカライズが始まります。
スピンオフ作品らしくタイトルは「花のみやこ」
コミック版メルブラを担当してくれた桐嶋たけるさんによる漫画となっています。
主人公はおそらく有間都古? 大型タイトルになることを期待してます。

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (6)

そして来月の表紙はプリズマ☆イリヤが表紙でプリヤのかけかえカバーも付いてきます。
アニメ化企画の新情報もあるかもしれないですね。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! ひろやまひろし

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (8)

今回は番外編なんですけどちょっと内容がアレです。
腐女子になったミミがメインということでそれに関係するピンクな話になってます。
こう書くとアレですけどノリが面白いので普通に読める。
バトルもいいけどたまにはこういう話もいいよね。

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (9)

ノーマルなイリヤからすればやはり理解しがたい世界。
しどろもどろになったり恥じらう幼女が可愛いでござる。
今回は赤面しまくる女の子を堪能しよう。

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (7)

自分が気になったのはやっぱりイリヤとクロのアングルがエロイことですね。
ひろやまひろしさんはどんどん絵が上手くなってきていますから余計にそう感じます。

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (10)

色々と手遅れなミミちゃん。
まあ友達が自分を題材にゆりんゆりんなSS書いたり性転換したりしてると引くのも仕方ないか。
更にイリヤは愛しの兄をネタにされてるわけですしw

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (11)

クロは案外いける口

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (12)

いい話っぽく終わらせる 喪女 スズカの姉。
付き合いの長い親友なら趣味が多少あれでも認めるくらいはできちゃうという話ですね。

コンプエース 2012年 12月号 Fate関連 (14)

でもミミは多少どころの話ではなかった
ミミの腐女子限定のわけのわからない常識だけはガチだった。
イリヤもクロも逃げることしかできないのであった(笑)。
いい話かと思ったらこんなオチですかw
個人的に、この場に今回は登場しなかった美遊が居たらどんな反応するかは割と気になる。

来月からはハードなバトル再開です。
今回の話もある意味ハードでしたね・・・w
続きを読む

コンプエース 2012年 11月号 感想

2012年09月26日 プリズマ☆イリヤコメント(0)
コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (1)

表紙はまおゆう
まおゆうは詳しく知らないけど石田あきらさんの絵は好きなのさー。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (2)

ヤングエース11月号は武内崇さん描きおろし。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (3)

しかも真じろうさんの描くFate/stay night[Realta Nua]の読み切り漫画が掲載されているらしい。
男の英霊連中が精悍になってる予感・・・ッ!これは買いでござるな。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (4)

徳島マチ☆アソビVol.9で販売されるグッズの一部。
コハエースの描きおろしグッズが気になる。


Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! ひろやまひろし

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (5)

久しぶりだねこのノリ!
相変わらずのハイテンション!
再開とともにいきなりこのやり取りとか。
再会できてイリヤも嬉しいみたいだ。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (6)

そして新キャラである田中さんにルビーが食いつく。
ルビーと田中さんがキャラ被ってる? そんなわけないと思うw

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (7)

ギルガメッシュの反撃
前回のお返しとばかりにアンジェリカをボコボコにします
子ギルは鎖さばきも挑発も抜群のキレ。
小さい王様絶好調です。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (8)

なんというガチバトル
戦力差はいまだアンジェリカが圧倒的に有利なはずなのだが子ギルは余裕の態度。
アンジェリカも星の数ほどある宝具で反撃を試みるも、攻撃は全て簡単にいなされる。
あっという間に流血沙汰ですよアンジェリカさん。
しかも返し言葉がなんかテンプレっぽくてかわいそうになるでござる。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (9)

あっという間に形勢逆転。
しかしアンジェリカが新たに取り出した4枚のカードを見て子ギルの表情も変わる。
まだまだ勝負がどうなるかはわからない。

ルビーを取り戻したけどベアトリスの相手はやはりキツイみたいだ。
まあ格上との戦闘なんてイリヤにはもう日常茶飯事だよね。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (11)

火力を上げるために取った手段は限定展開(インクルード)ではなく夢幻召喚(インストール)
キャスターコスのイリヤ爆誕ですよー。
深くスリットの入ったスカートに紐パン・・・だと・・・ッ!?
扇情的すぎる。
これは他のクラスカードもインストールすべき。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (12)

だがベアトリスが振るったのは神の鎚。
ひとつの神話体系の頂点・・・!!
このカードの正体はやっぱり北欧神話に登場するあの雷神なんだろうか。
まだわからないけどエインズワースが神霊のカードを保有してるなら厳しい戦いになるのでは。
イリヤだけじゃなくもちろん子ギルも。
でも神様からの挑戦は受けて立つ英雄王なら・・・英雄王ならきっと何とかしてくれる。
というわけで次回が気になって仕方がない。

ALL AROUND TYPE-MOON 魔法少女VS魔法淑女 Bすけ

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (13)

AATM2巻発売記念特別掲載!!
プリヤの後に掲載されててちょっと驚いた。
話の内容もアーネンエルベでプリヤのイリヤと美遊がバイトする話でした。
本当になんでもありなのがこの喫茶店である。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (14)

プリヤの面々はもう何度か登場してるけど今回はひびちかコンビの姿は無し。
平行世界の知り合いと交流するドタバタコメディです。
そして魔法少女と魔法淑女が乱舞。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (15)

魔法少女に対する凛の反応がいちいち引き気味なのがアレですねw
強烈なトラウマ持ちだから仕方ないけどね!
式の魔法少女とかちょっと見たかった気もする。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (16)

最後にイリヤとイリヤの邂逅。
この話も滅茶苦茶見たいんですけど!

魔法使いの夜 コミックアラカルト バンビーノ事件 たぽ

続いてまほよのアンソロも掲載されてました。
こっちはコミックアラカルト~ナーサリーライム編~の発売記念。
AATM2巻と合わせて今度買ってこよう。

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (17)

些細な言葉のすれ違い
あるあ・・・ないんじゃないかなw
草十郎を責めてはいけないんだろうけどなんかもどかしさを感じるw

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (18)

人の認識のすれ違いはトラブルの発生のもとである。
誰が悪いってこんなデマを学校中に広めまくった木乃美だよねw

コンプエース 2012年 11月号 Fate関連 (19)

青子さんが冷静でなくなった理由は金鹿のことだけではあるまい!

というわけで今月号はTYPE-MOONのコミックが3本も掲載されていてファンには嬉しい号でした。
続きを読む