文庫版『Fate/Zero』6巻 煉獄の炎

2011年06月11日 19:12 Fate/Zero

今年の初めから毎月刊行していた文庫版Fate/Zero
この6巻でついに完結です。
丁度半年間でしたがとなんだかあっという間でした。

表紙のセイバーはセイバーオルタを思わせますね
>「……そこを、退け……」
> 怨嗟の如く押し殺した声で、セイバーは呟いた。
> 狂おしいまでのその執念は、かつて翠緑に澄んでいた瞳を、黄鉛色に濁らせはじめている。

このシーンをそのまま再現したかのようで中々良いと思います。
ドラマCDや同人版の儚げなのもいいですが、こういうのもアリですね。

この絶望と妄執が出ているかのようなセイバーの壁紙が こちら の公式サイトでダウンロードできます。


Fate/Zero(6) 煉獄の炎 (2)
折り返しは湖の騎士ことサー・ランスロット。
そういえば文庫版では彼の素顔は拝めませんでしたね。



完結ということで今までの巻を並べてみました。
表紙イラストについては3巻あたりから予想はしてましたが結局全部セイバーでした。
この中ではやはり6巻がひときわ異彩を放っていますね。

6巻巻末には奈須きのこさんによる解説も掲載されています。
読んでみると虚淵玄さんと奈須きのこさんの関係とFate/Zeroの在り方が分かって面白かった。
10月からのアニメも今から楽しみです。

オススメ記事

「Fate/Zero」カテゴリの関連記事

コメント

コメント投稿

・スパム対策の為URLを貼る場合は、h抜きでお願いします ・煽りや荒らしは完全無視が最も効果的です。反応するあなたも同類です。 ・誹謗中傷、荒らし、煽り、記事と無関係なコメ等はNGです。削除、規制対象となる場合がございます ・他サイト・特定個人への中傷、暴言はおやめください。 ※悪質な場合はプロバイダに通報させていただきますのでご了承ください その他通報・ご報告→メールフォーム

TOPページに戻る