『氷室の天地 Fate/school life』2011年2月号感想

2010年12月23日 21:15 氷室の天地

氷室の天地 2011 2月号
体育祭の競技当日のお話。
最初は短距離や大玉ころがしなどの競技だから普通・・・かと思いきや、余計な事をする蒔寺。
氷室の力学応用を独自に解釈するのはいいが、他クラスの選手に大玉をぶつけるのはどうかw 
まぁワカメだからいいか!
凛は殴りたいと思っても学園では猫をかぶってるからそれもできないというジレンマがなんとも…w
オーストラリアのマグロ投げも本当に採用されていて見る分には面白そうでしたw
三枝由紀香の参加したパン食い競争が別のクラスの提案で、本当はパンの大食い競争というものでした。
普通の競技だと思って参加した由紀香と沙条綾香は、前回の予言どおり完全に裏目に出る結果となりました(笑)

そして最後のメインイベントとなったのは将棋ボクシング。
将棋はからきしな美綴綾子がとった戦法は、将棋ラウンドは時間を稼いでボクシングでのKO勝ち狙い。
空手部の師範代に就いている彼女の相手をする普通の娘が可愛そうだw
対して柳洞一成はその間逆。
ボクシングラウンドの短さを考慮してひたすら受け流し、将棋で詰めるという戦法。
勝ったのは柳洞一成。決勝で戦いたくない氷室はワザと負けてしまいA組はあえなく敗退しました。
特設ステージまで作られて普通の学校ではまずお目にかかれない競技ですねw

最後に沙条綾香がパンの大食い競争にてトップだったのには驚きました。

オススメ記事

「氷室の天地」カテゴリの関連記事

コメント

コメント投稿

・スパム対策の為URLを貼る場合は、h抜きでお願いします ・煽りや荒らしは完全無視が最も効果的です。反応するあなたも同類です。 ・誹謗中傷、荒らし、煽り、記事と無関係なコメ等はNGです。削除、規制対象となる場合がございます ・他サイト・特定個人への中傷、暴言はおやめください。 ※悪質な場合はプロバイダに通報させていただきますのでご了承ください その他通報・ご報告→メールフォーム

TOPページに戻る