【型月】TYPE-MOONの世界で凄い効果の物差しとなることが多い「魔法」

2014年06月08日 23:59 型月総合

513: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 20:41:33 ID:1SRyUrRc0
>なにしろ伝説上に現れる聖剣、魔剣は、ほとんど魔法の域に近いんだもの(凛主観)

鮮血神殿:B
>で、結界の話に戻すけど、この結界はすごく高度よ。ほとんど魔法の領域だし(凛主観)

死棘の槍:B
>ええ、確かにランサーのゲイボルクは魔法に近い“呪い”ですが(セイバー主観)

騎英の手綱:A+
>A+!? なにそれ、魔法一歩手前じゃない……!(凛主観)

全て遠き理想郷:EX
>五つの魔法すら寄せ付けぬ、何者にも侵害されぬ究極の一(地の文)

橙子といいアラヤといい士郎といいキャス子といい、凄いものを全部魔法クラスとか魔法一歩手前とか言うから魔法がどれだけ凄いのかよくわからなくなって来た


514: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 20:47:21 ID:wVIm14320
魔法ってのは使い勝手が悪くて、酷く限定的な能力だからな
魔法は"不可能を可能に"するからこそだし、魔法の領域ってのは魔術の常識からいって不可能に近い領域ってことんなんだろう
少なくとも現代の魔術師には


519: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 22:53:34 ID:2erkzxP.0
魔法使い一歩手前の大魔術師なんてのも居ましたね
二十七祖やっぱりすごい(こなみ



515: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 22:09:21 ID:lKA41lS60
荒耶や士郎も協会に知られたら即座に封印指定されただろうな


517: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 22:48:45 ID:7sI/S5Xw0
荒耶宗蓮のはそうでもないんじゃないか?
封印指定ってのはスゲー魔術師に与えられるのではなく、理論で修得出来ず、その魔術師の資質故に可能とする稀少例の保存なわけだし
シエル曰く、一部の上級術者は起源覚醒までいくらしいから、荒耶宗蓮独自のものってわけでもないっぽい


520: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 22:53:57 ID:.7HuhHzs0
>>517
荒耶はどちらかって言うと結界の方がヤバかったきがする
あのマンションとか


522: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:11:13 ID:2erkzxP.0
結界は確か午睡の鏡もすごかったよね


516: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 22:47:03 ID:c3RjBj2o0
どれだけ高難易度の技量が求められようと、再現できるものであれば「魔法」にはならず「魔術」で
それほど難易度がなかろうとも、再現できないものであれば「魔法」となる

これであってる?
たしかメディアは神代の魔術を行使できるために技量としては魔法使い手前か同等だけど、「魔法」を習得していないから「魔法使い」じゃないんでしょ


518: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 22:53:00 ID:TegHDBxUO
>>516
そうそう
100%不可能な事象を改造チートで行うのが魔法
一応可能なTASのようなのが魔術


523: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:14:21 ID:rc8uOkzE0
あれ?
じゃあ最後に残る魔法って、みんなを幸せにする魔法なんじゃね……?
なんか凄いことに気づいてしまったかもしれない……


526: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:21:43 ID:kbg5r3Q20
>>523
黒桐乙。
まぁ真面目に考えると型月作品全般におけるテーマだが「人類の救済」とかそこら辺がテーマになってる気がするね
ワラキア・臓硯・欠片男・切嗣は言うに及ばず、それを目指したけど諦めた荒耶・オシリスの砂、
きのこ以外の外伝含めてもエインワーズ家や天草四郎が居るし。ただこいつ等全員達成出来て無いor達成出来無さそうなんだよな


524: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:15:53 ID:7sI/S5Xw0
コクトー乙w


525: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:20:29 ID:c3RjBj2o0
仮にみんなを幸せにするのだとしても、
人類総体をより高みへと引き上げて不幸を無くすのか
人類総体を消去することで不幸を感じる存在を無くすのか

アンリの場合は自己を引き上げるのではなく、他者を蹴落とすことで相対的に自己が高くなるものだけど


530: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:24:28 ID:HXce6r5U0
>>525
エヴァ見たく人類全体を単一生物にして進化させるとかだったら魔法っぽい


531: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:25:52 ID:7sI/S5Xw0
人類の救済とかっていうのはエヴァあたりを見ていた世代の命題だっていっていたもんな
いわゆるセカイ系の

虚淵だかきのこだかは忘れたが


527: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:22:08 ID:7sI/S5Xw0
アンリのは、他者ではなく自分が蹴落とされることで、皆の下にはアンリがいるからあいつよりは幸せだ(正しい)よねっていうもんじゃないか?


534: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:42:53 ID:cxmnavjM0
>>527
それはアンリの元となった(させられた)青年の場合だな
自分がこの世全ての悪を引き受けるから他の連中は悪いことはできない
聖杯の中の魔王は>>525の方で間違ってない


532: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:27:54 ID:8nCRStzo0
>>527
もっと醜悪の誰かにとって都合の悪い出来事が起こったら全てアンリのせいだから自分達は何も悪くない
例えクズが人殺しや強姦をしても悪いのはそいつではなくアンリ


535: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:43:20 ID:EVX4xBQE0
「本来、人間は善の存在だが、悪の根源とでも呼ぶべき存在が介入して悪行をさせている。この世の悪行は全てそいつのせい」という仮定
 ↓
その諸悪の根源、つまりこの世全ての悪の実在さえ証明できれば、人間が善なる存在であると証明できる
 ↓
適当な人間をこの世全ての悪に祀り上げて「この世全ての悪は実在した。これをもって、人間の善性は証明された」とする
 ↓
悪の根源の実在によって人間の善性が証明され、みんな幸せ


ところが、英霊は事実無根の信仰でも反映されてしまうので、元はただの青年だったのに「これこそがこの世全ての悪である」という信仰を得て、本当にそういう存在として英霊になってしまったのがアンリマユ

だいたいこんな感じの理解でいいと思う


536: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:45:48 ID:7sI/S5Xw0
その青年の在り方を真実にするのが冬木の聖杯の中にあるものだし、冬木で誕生しうるこの世全ての悪は青年と同じ在り方なんじゃないの?
青年に望まれたように、この世全ての悪を担い、この世の全てを呪える宝具を備えて誕生するらしいし

他者を蹴落として云々ってのは、アンリマユに染まった聖杯が願いを叶える場合の話であって、アンリマユそのものの話ではなかったかと


538: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:58:07 ID:cxmnavjM0
>>536
いや青年の在り方と魔王の在り方は別物になってる
青年の場合は実際にこの世全てを呪える力なんて持ってなかったし村人たちからしても持たれてたらむしろ困る
魔王は誕生したら何を思い何をするかは分かんないけど人類を全滅させかねない力を持っている
青年に望まれたのは「この世全ての悪」っていう肩書だけであってそれを実行できる能力までは求められてない

hollowのアンリのこと言ってるならアレは士郎の殻被ったからああなったってだけだ


528: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:22:41 ID:rc8uOkzE0
つーか聖杯使って魂の変革すればみんな幸せになるじゃねーか
魔法じゃなくても出来(略)


533: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:36:28 ID:jl6.Pvbk0
>>528
つーかそれやってんのがエインワーズなんだけどね


529: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:23:36 ID:7sI/S5Xw0
聖杯じゃあ人類の変革は無理なんだろ?
あくまで聖杯を足がかりに第三魔法を成就させてっていう話だし


537: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/08(日) 23:46:57 ID:rc8uOkzE0
>>529
いやそこは名言されてなくない?
元々は第三魔法の成就のためのシステムだけど、その副産物として魔法じみたことが出来るんでしょ?
切嗣が願った聖杯は汚染されてたし「世界を救って欲しい」という、方法抜きの結果だけ祈ったからあんなことになんたんだと思ってたが
魂の変革が不可能ってどっかで説明あったっけか


539: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/09(月) 00:03:11 ID:OaJi6fSU0
>>538
出来る出来ないは在り方に影響しないんじゃないか?
この世全ての悪を担いながら、それに相応しい能力を持たなかった青年は、人々に願われた存在であるが故に聖杯に願いとして受諾され、人々に願われたこの世全ての悪になるんだから
聖杯の中で誕生するものがこの世全てを呪える能力を持つ悪の担い手である以上、青年に望まれたのはつまりそういうものなんだよ

というか、信仰の厚さ故に青年を悪心に祀り上げた奴らが、「あいつはこの世全ての悪だけど、実際にこの世全ての悪だとまずいよね……」なんて考えてちゃダメだろう。
仮にそんな願いで祀り上げられたものが聖杯の中に入って受諾された場合、この世全ての悪だけどこの世全ては呪えないなんていう中途半端なものになっていただろうし

>>537
冬木の聖杯は願望機として使用するならあくまで無色の膨大な魔力の渦に過ぎないから、聖杯の担い手が識る方法で以って使うしかない
聖杯の担い手が人類の変革を行う術を持っているのなら、聖杯の膨大な魔力で世界規模でそれを行える

が、そんな術はないから、唯一それを可能とする第三魔法を成就させ、その上で聖杯の魔力だか世界の外側にある魔力だか永久機関と化した魂で作り出される魔力だかで世界規模にそれを行おうってことなんだろう

つまり、人類を変革する術が第三魔法だから、それを手に入れないと願望機では世界を変革出来ないっていう


540: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/09(月) 00:16:09 ID:e.MXmhqI0
>>539
第三魔法って魂の物質化でしょ?
人類を変革する魔法では無いんじゃないの?


541: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/09(月) 00:21:34 ID:OaJi6fSU0
>>540
第三魔法によって、人類は新たなステージへ
理想郷は作れないけど、それが許される場所に行けるようになる


>肉体という有限を超え、魂という無限に至る。
>人間という種。
>あらかじめ限界を定められ、脳髄という螺旋の中で回り続けるモノを、外へ。
>あらゆる憎悪、あらゆる苦しみを、全て癒し消し去る為に。
>――――思い出す。
>楽園などないと知った悲嘆のあと。
>この世に無いのならば、肉の身では作る事さえ許されぬのなら、許される場所へ旅立とうと奮い立った。
>新しい世界を作るのではなく、自身を、人という命を新しいものに変えるのだと。
>……そうだ。
>見上げるばかりの宙へ、その果てへ、新しく生まれ変わり、何人も想像できない地平、我々では思い描けない理想郷に到達する。


人類種の変革、進化であるのは間違いない
地上に理想郷がないのなら、宇宙に探しに行きましょう
そのためには今の生命としての在り方じゃあ届かないよねってんで、第三魔法も足がかりっぽいが


545: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/09(月) 00:32:23 ID:e.MXmhqI0
>>541
なるほど
結果どうなるかはわからんが第三魔法によって「変革」はするわけだ
良くも悪くも
じゃあアーチャーの意図した魂の変革とはまたちょっと違うんだな


542: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/09(月) 00:23:32 ID:Y3LzJU.Q0
まぁそれがガチで人類にとって幸福かは甚だ疑問ではあるがね。


543: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/09(月) 00:26:33 ID:jHF62HNI0
争いとかは減るんでは
死徒の上の方の祖とかは基本的に何もしなくても生が保証されてるので暢気なのが多いと言われてるし


544: 僕はね、名無しさんなんだ 2014/06/09(月) 00:28:30 ID:OaJi6fSU0

>はじめの一つは全てを変えた
>つぎの二つは多くを認めた。
>受けて三つは未来を示した。
>繋ぐ四つは姿を隠した。
>そして終わりの五つ目は、とっくに意義を失っていた。


型月世界は破滅が確定している世界(星の寿命あるいは人類の自滅)だし、第三が未来を示したってのは、アルクェイドがいっていたように地球から離れて宇宙へ漕ぎだす未来をってことなんだろう
それが出来なかったのが鋼の大地や月の珊瑚の世界なわけだし

確定した破滅を受け入れることを善しとする人は確実にいるだろうが、それでも人類という総体で見れば未来の希望があるってのは幸福なことだろう



引用元: http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/995/1401620242/l50


限定的ながら第二魔法を実現した小次郎さんが言ってました。
「人間50年、剣だけ振っていれば、このぐらい可能だろう?」と。
ちょっと魔術師の皆さんに聞かせてみてその反応を見てみたくもあるw

「魔法」は開示されている情報が少ないけどすごいってのは確かに伝わる不思議。
それでも魔法の情報はやっぱり多く見たいよね。
第四魔法なんてコンマテでも「確かにある」とされて実在が認められてるくらいですもの。
あとそろそろ姿を眩ましている二人の魔法使いについて明らかになったりしたら管理人うれしい。

オススメ記事

「型月総合」カテゴリの関連記事

コメント

89195. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:03:13 ID:MA== ▼このコメントに返信

そりゃ魔法はどれだけ金をかけても同様の結果を得られないものだからな
多くの人を殺すなら近代兵器で十分だし
国家レベルにしても金があれば出来ることなら魔法とは呼べないからな

0 0
89196. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:05:10 ID:MA== ▼このコメントに返信

A+で驚きまくってる凛が懐かしい

今じゃ、ステならともかく、宝具でA+はザラにあるからなぁ

0 0
89197. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:07:45 ID:MA== ▼このコメントに返信

第1魔法ってなに?

0 0
89198. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:11:19 ID:MA== ▼このコメントに返信

空間転移も魔法クラスらしいけど何人かやってたよね

0 0
89200. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:14:15 ID:MA== ▼このコメントに返信

「――聴け、万物の霊長」
「秩序(あお)を示す我が銘において告げる――」

青子のこの台詞、第5魔法のデタラメ感がすごい伝わってきてカッコよかった

0 0
89201. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:16:01 ID:MA== ▼このコメントに返信

型月の魔法の定義ってうろ覚えだけど
「その時代においての科学で同様の効果を再現できないもの」だよね?
昔は科学が発達していなかったので大抵の魔術は魔法だった
今は科学が発達しすぎて魔法として確認されているものは5つだけになった

確かUBWで士郎がキャスターの瞬間移動を見て「魔法一歩手前の大魔術をこんな容易く…!」
って驚いてた気がするんだけどこれどういう事なの?
瞬間移動は平行世界の移動の下位互換だから魔法に数えられないってことで良いの?

0 0
89202. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:16:21 ID:MA== ▼このコメントに返信

結局、魔法使いは秩序の側に属するのか、そうでないのかはっきりさせてほしい
秩序の敵対者とも、秩序の犬ともいわれているし

0 0
89203. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:20:04 ID:MA== ▼このコメントに返信

ただ第一の魔法使いが最後に残る魔法は5つだって予言してたみたいなんだよな
現在残ってる魔法はかつて魔法だった現魔術と比べて別格なんだと思う

0 0
89205. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:21:10 ID:MA== ▼このコメントに返信

>「人間50年、剣だけ振っていれば、このぐらい可能だろう?」

時臣「…………」プルプル
時臣「…………」ブリュブリュ
時臣「…………」ドピュドピュ
時臣「ふぅ……」
時臣「……優雅!」バーン!
※五分後プルプルに戻る
葵(……やっぱり、離婚しようかしら?)

0 0
89206. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:21:44 ID:MA== ▼このコメントに返信

一日一万回、感謝の正拳突きすれば魔法は習得できるよ

0 0
89207. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:23:55 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89201
よく勘違いしているのが多いが、厳密には『科学で』ではなく、『文明で』だな
それまでの人類が積み上げてきた文明(魔術、科学、その他技術体系)では不可能な事象を引き起こすのが魔法になる

0 0
89208. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:24:06 ID:MA== ▼このコメントに返信

はじめの一つは全てを変えた。→神代の真エーテルではなく現代エーテルを世界に齎し、魔術を存在させた?
つぎの二つは多くを認めた。→平行世界の存在を設定
受けて三つは未来を示した。→究極の不老不死
繋ぐ四つは姿を隠した。→無の消滅?空間転移?
そして終わりの五つ目は、とっくに意義を失っていた。→よく分からん

0 0
89211. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:28:13 ID:MA== ▼このコメントに返信

擬似的かつ士郎の力が必要とはいえ、第2魔法使える凛さんマジジーニアス
さすがの時臣さんも絶頂するレベル

0 0
89212. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:29:40 ID:MA== ▼このコメントに返信

はじめの一つは全てを変えた。→無の否定
つぎの二つは多くを認めた。→平行世界の運営
受けて三つは未来を示した。→天の杯
繋ぐ四つは姿を隠した。→?
そして終わりの五つ目は、とっくに意義を失っていた。→魔法・青

だっけ?

0 0
89213. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:30:00 ID:MA== ▼このコメントに返信

魔法の一歩手前=お前以外にそんなデタラメな真似が出来る奴ほとんど居ねーよの意
消費がみかん一個の大結界も立派にこの分類なのであった

0 0
89215. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:31:57 ID:MA== ▼このコメントに返信

宝具のランクとすごさは(あんまり)関係ないの!
いくらかませと言われようと兄貴の死棘は権能一歩手前のすごい槍なの!

0 0
89217. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:36:30 ID:MA== ▼このコメントに返信

うそ……何なの…この、きのこの仕事の遅さは……?
こんなのもう魔法の領域よ?!

0 0
89218. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:36:39 ID:MA== ▼このコメントに返信

そういえば魔法は魔術師に取って敬意や感嘆の対象でもあるんだっけ
あんまそれっぽい反応みないけど

0 0
89219. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:38:41 ID:MA== ▼このコメントに返信

だからみんなを幸せにする第六法とやらでさっさと月姫2やらDDDの3巻といった奇跡の具現をだな……

0 0
89220. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:41:34 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89218
時臣→青子(ドラマCDにて)
ロア→青子(メルブラにて一応リスペクト)
協会→青子(尊敬というより敬遠)
協会→ゼル爺(HFにて)
ルヴィア&凛→ゼル爺(あっちこっちで)

0 0
89221. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:42:08 ID:MA== ▼このコメントに返信

五大魔法の歴史は大まかにこんな感じか

第一魔法:神代回帰の定義的に、西暦元年ぐらいか?
第二魔法:時空を超えた知識を持たないアルトリアが第二魔法の事を知っていたので
1500年前には既に存在した?
第三魔法:1000年前にアインツベルンから失われたという事は、少なくとも成立はそれ以前
第四魔法:不明
第五魔法:1970年頃。青子と橙子の祖父らしき人物が発掘した

第四はいったいいつ頃の魔法で、誰が使い手なのか

0 0
89222. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:43:33 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89221
アルトリアについては、聖杯からの知識として第二のことを知っていた可能性はある
でもまあ、確かにいわれてみればそれも根拠になるな

0 0
89225. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:54:46 ID:MA== ▼このコメントに返信

メルブラで青子が白レンを受肉(なのかな?忘れた)してたのが気になる
まほよで第二魔法の一部、メルブラで第三魔法の一部を使ってるんだとしたら
魔法使いが秩序の飼い犬と呼ばれてる割には
青子が秩序の敵対者云々言ってるのは分かりそうな気もしてくる

0 0
89227. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:56:50 ID:MA== ▼このコメントに返信

50年間振り続けたのってTUBAMEを切るためだっけ?
それで第二魔法?までいくんだから本当魔術刻印
()だよな

0 0
89228. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:57:04 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89221
第一はメディアさんとか西暦以前の魔術師もいるからもっと前だと思う。協会の中で最新の時計塔の成立が西暦元年だし。

0 0
89230. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:58:04 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89227
本当に欲しい人(魔術師)には手に入らないとかよくできてますわー

0 0
89231. 電子の海から名無し様2014年06月09日 00:59:09 ID:MA== ▼このコメントに返信

ギャグ中心のドラマCDなのでソースとしては微妙だが
まほ箱のドラマCDでは、アルトリアはゼルレッチの事を知ってるような
口振りだったな
シエルが妄想具現化装置はとある死徒が作り出したものと説明したら
「またあの人か」と製作者に心当たりがあるような感じだったし

0 0
89232. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:02:55 ID:MA== ▼このコメントに返信

こうしてしみじみと魔法を考えてると、そんな五つの魔法すら寄せ付けないアヴァロン先生はマジEX宝具の鏡だと思う

0 0
89233. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:05:33 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89228
メディアは現代の魔法とは相容れないといわれているし、メディアが魔術師なのはあくまで現代の基準からしたら、だからメディアは根拠に成らないかと
まあ、神代以降、西暦以前だろうとは自分も思うが

ちなみに、最新のソースだと魔術協会(おそらくは時計塔のこと)の始まりは2世紀頃になっていたりする
>魔術協会の始まりは二世紀頃だが、この街ができあがったのは十二世紀頃だと聞いている。

0 0
89234. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:06:43 ID:MA== ▼このコメントに返信

荒耶は結界に関してのみ魔法の域に達しているらしいけど、小川マンションや三つの結界以外の結界で具体的に何が出来るのか知りたいな

0 0
89237. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:15:25 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89202
どっちに属しても魔法使いなんじゃね

0 0
89238. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:19:37 ID:MA== ▼このコメントに返信

少なくとも魔法誕生より前の時代=神代らしいので、
神代の終わりと西暦の始まり頃に第一魔法が生まれたんだと思う
神話の時代の英霊であるケイローンが、今の時代を「二千年後」と
表現していたので、神代の終わりから西暦の始まりまでの間にそう長い
年月は無さそうだとは思うが

「2015年の時計塔」では協会の始まりは二世紀頃だと言われたけど、
西暦元年に時計塔設立で、二世紀頃に彷徨海、アトラス院を含めた「協会」
って枠組みでも一応筋は通るとは思う
設定変更と言われたらそこまでだけど

0 0
89241. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:31:31 ID:MA== ▼このコメントに返信

魔術と魔法の違いとかをなんとか理解し始めた頃、マイ天使が登場したことでまたよく分からなくなってしまった

マイ天使の魔術は青子的にもぶっとんでるんだっけか

0 0
89242. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:32:07 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89241
きのこが魔術と魔法の関係ぶち壊しっていうくらいだからな

0 0
89243. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:35:42 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89201
メディアの瞬間移動:確かに現代技術じゃ空間移動はできないけど、同じ距離を大体同じ時間で高速移動する手段は存在する
第二魔法:時間・並行世界移動は現代技術じゃ完全に不可能
こういう点はあるんじゃないか?

0 0
89244. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:36:09 ID:MA== ▼このコメントに返信

時臣が青子に言及したのってどのドラマCDだっ
け?

※89238
三部門が連携、魔術協会本部が時計塔になったのが二世紀頃ってことかな

冷静に考えると恐ろしいよな。そのころといえば、呂布さんが暴れ回ってたころだぜ?

0 0
89245. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:42:14 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89244
TMフェスのドラマCDやね。鮮花が主役のやつ
青子の魔弾を見た時臣が「魔法の片鱗」と表現していた
青子の魔弾はゼルレッチのエーテル砲と原理は同じらしいので、
その辺の繋がりでなにか知っていたのかもね。時臣

0 0
89246. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:44:53 ID:MA== ▼このコメントに返信

鋼の大地はまだ詰んじゃいないと思うんだがなあ
人類は死に絶えたけど人類種はピンピンしてるし

0 0
89247. 電子の海から名無し様2014年06月09日 01:45:14 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89232
そしてその先生を超えるムーンセラフの障壁を蹴破れるキャス弧は
神霊の鑑だな

0 0
89250. 電子の海から名無し様2014年06月09日 02:00:00 ID:MA== ▼このコメントに返信

>みんなを幸せにする魔法

天道悲想天のような世界を目指せばみんな幸せになれる

と思う

0 0
89252. 電子の海から名無し様2014年06月09日 02:05:19 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89198
A地点からB地点に瞬時に移動する事はできないけど
結果のA地点からB地点に移動するだけ見れば誰だってできるから魔法じゃないんだろう

0 0
89255. 電子の海から名無し様2014年06月09日 02:51:53 ID:MA== ▼このコメントに返信

ヤバイ。蒼崎ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
蒼崎ヤバイ。
まず躊躇い無い。もう躊躇い無いなんてもんじゃない。超殺る気。
躊躇い無いとかっても
「姉妹喧嘩で流血沙汰?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ魔法。スゲェ!なんか意義とか無いらしいの。科学とか神秘とかを超越してる。魔法だし超貴重。
しかも世界を変えちゃうらしい。ヤバイよ、星を敵に回しちゃうんだよ。
だって普通は星相手にどうこう出来るわけないじゃん。だって大陸でピンボールとかされたら困るじゃん。人類滅亡とか困るっしょ。
ちょっと5分間の時間をいじったら、過去が消滅したり、地球の頭上に隕石が出来ちゃったとか泣くっしょ。
だから橙子さんとかはそんな負債とか作らない。凝り性なヤツだ。
けど蒼崎はヤバイ。そんなの気にしない。時間旅行しまくり。宇宙の熱的死を確かな物にしちゃう責任の取り方をやっちゃった後に考えるくらい考えなし。ヤバすぎ。
時間旅行って思ってたたけど、なんかそれが正体じゃないらしい。でも時間旅行じゃないって事にすると
「じゃあ、魔法・青の正体ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超高火力。魔術回路起動するだけで超うるさい。誰が言ったか人間ミサイルランチャー。ヤバイ。燃費良すぎ。ルーンで防いでる暇もなく死ぬ。怖い。
それに超花の草原。超満天の夜空。それに超赤くなった。カッケー専用BGMとか平気で出てくる。fiveて。まほよ曲の中でもここまで燃えたのねぇよ、最高。
なんつっても青子は馬力が凄い。生身で根源に触れても平気だし。
他の魔術師なんて根源とか其処へ至ることすら叶わないから何代も重ねて子孫に託したり、聖杯とか作ってみたり、マンション建てたりするのに、
青子は全然平気。魔法を激情に任せて使っちゃう。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、蒼崎のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ蒼崎の姉妹喧嘩に割り込んで行った草十郎とか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

0 0
89256. 電子の海から名無し様2014年06月09日 02:58:58 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89255
勢いあって嫌いじゃ無かったので読み進めていたが、マンションで堪え切れず吹いたw
卑怯だろそれw

0 0
89265. 電子の海から名無し様2014年06月09日 06:56:08 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89252
それは違うと思われ
それならばかつて魔法であったことすらなくなってしまう

空間転移が魔術なのは単純に、複数の者がそれを可能とするからってだけだろう

0 0
89266. 電子の海から名無し様2014年06月09日 07:23:16 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89238
そこ読んでて疑問に思ったんだがケイローン先生が死んだのってトロイア戦争の時期的に考えて3000年くらいは前になる気がするんだが…
いや神話の時系列にツッコミ入れるのは無粋ではあるってのは理解してるが2000年くらい前まではケイロン先生が生きてたってのはやっぱなんか釈然としない

0 0
89268. 電子の海から名無し様2014年06月09日 07:49:43 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89247
(何でムーンセルの防壁とアヴァロンの効果が違うのに破れると断定している人が多いのだろうか?)

0 0
89269. 電子の海から名無し様2014年06月09日 07:51:33 ID:MA== ▼このコメントに返信

天草四郎が永い年月を費やして辿り着いた答えが『第三魔法』

人を殲滅することなく、選別することなく、文字通り全人類の救済を可能とするとんでも魔法だが、抑止力的なものが働いてるからなんとなくろくでもない結果に終わりそう

………でも、天草の愚直なまでの努力と信念を見ていたらつい応援してしまうな

0 0
89272. 電子の海から名無し様2014年06月09日 08:11:14 ID:MA== ▼このコメントに返信

凄い効果の物干し竿となることが多い に見えて混乱したのは俺だけでいい

0 0
89273. 電子の海から名無し様2014年06月09日 08:23:08 ID:MA== ▼このコメントに返信

妄想だけど第四魔法は世界の裏側に関連しているものだと予想している。姿を消したっていうのにも合うと思うし。

もうひとつの予想としては5つの魔法は世界に関連したものだと思っている。
第一魔法は世界の始まり。
第二魔法は並行世界。
第三魔法は星幽界。
第四魔法は世界の裏側。
第五魔法は世界の終わり。
まあ、あくまで妄想だけど。

0 0
89274. 電子の海から名無し様2014年06月09日 08:25:31 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89206
百式観音
あれも型月世界なら魔法の域だな

0 0
89275. 電子の海から名無し様2014年06月09日 08:30:46 ID:MA== ▼このコメントに返信

人類みんなで快楽の渦に溶けこんで幸せになろうよ(錯乱)

0 0
89276. 電子の海から名無し様2014年06月09日 08:54:32 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89268
そうですよね。
ムーンセルのは11次元の障壁
アヴァロンは6次元までの交信を受け付けない+ありとあらゆる概念攻撃を無効化(細かいニュアンス
は省略してあります)
キャス狐が交信のカットを超えて攻撃を仕掛けることができるかもしれないのと
キャス狐がアヴァロンの守りを突破できるのかはまた別の話になりますからね。

0 0
89280. 電子の海から名無し様2014年06月09日 10:32:37 ID:A2NzgyNzA ▼このコメントに返信

でも妖精境には神でも手出しできないのかと問われればちょっと違うと思うし

0 0
89281. 電子の海から名無し様2014年06月09日 10:38:57 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89276
ムーンセルって8次元じゃなかったっけ?

0 0
89282. 電子の海から名無し様2014年06月09日 10:42:20 ID:MA== ▼このコメントに返信

TUBAME斬ろうとして魔法使えるようになるんだし
武術で根源に至ろうとした遠坂も続けてたら案外いいとこまで行ったのではなかろうか

0 0
89283. 電子の海から名無し様2014年06月09日 10:42:57 ID:MA== ▼このコメントに返信

今まで出てきた「魔法の領域じゃねーか」的な魔術や効果ってのは、
第一から第五までの魔法のカテゴリに分類できたりするんかな?

0 0
89285. 電子の海から名無し様2014年06月09日 11:07:06 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89225
白レンは第三魔法で受肉したんじゃなくて、レンの使われてない部分の情報を利用してタタリから実体化させたんでしょ。
ワラキーとかと同じ。
だから白レンはタタリでありレンである。

確かにレンの使われてない部分の情報抽出とか、タタリを利用しちゃうとかやってることはすごいんだけどw、白レン作るのには魔法は関係なくね?

0 0
89286. 電子の海から名無し様2014年06月09日 11:07:18 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89282
>TUBAME斬ろうとして魔法使えるようになるんだし

その言い方だと「誰でも」出来るように聞こえる可能性がある
アサシンは型月世界でも随一の剣の天才だから「燕返し」は出来た事
安易な書き方はやめて欲しい

0 0
89287. 電子の海から名無し様2014年06月09日 11:08:33 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89282
小次郎の「50年剣振ってたら誰でも出来る」は、武内が「そんなわけねー」といってるしきのこも「人間国宝的な某の一念が燕返しを生み出すに至った」といってるからなあ
人生どぶに捨てる覚悟が必要な上に剣の才能が人類最高峰でなけりゃマジで何も成せずに死ぬしリスク高過ぎる、つーか当の小次郎自身さえ無名無意味に死んだんだから(というか、きのこの言い方からして人生を無名無意味に終える位に一切の余分を持たず剣術オンリーに生きなきゃ到達不能っぽい)、武術で魔法目指すのは超ハイリスクノーリターン

0 0
89294. 電子の海から名無し様2014年06月09日 12:11:13 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89243
魔術は過程が奇跡
魔法は結果が奇跡

という考えなら瞬間移動は過程は奇跡だけど結果は移動なので魔術ってことかも。
ただ空間に干渉しているので魔法に近いといえるのかもしれない。

0 0
89304. 電子の海から名無し様2014年06月09日 13:13:39 ID:MA== ▼このコメントに返信

第一魔法が西暦元年前後に成立したかもってことは第一魔法の使い手がイエスキリストである可能性が微レ存……?

0 0
89312. 電子の海から名無し様2014年06月09日 14:50:50 ID:MA== ▼このコメントに返信

ムーンセルのロー・アイアスはアヴァロン並み(確信)

0 0
89315. 電子の海から名無し様2014年06月09日 15:50:16 ID:MA== ▼このコメントに返信

結果とか過程というと、どこからが結果でどこからが過程なのかという問題があるよな
「空間に波紋を起こす」魔術なんてのを使ったとして、それは空間に波紋を起こす結果を出していて、かつ現在の文明でそれを行うことは不可能だろう 多分
ただそれを行ったからといって何がどうなるわけでもない以上、「何も起こらない」という結果が出ているという考え方もあるし

0 0
89322. 電子の海から名無し様2014年06月09日 17:04:26 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89276
どちらにしろムーンセルの障壁ぶち破るキャス狐はヤバイって事だな

0 0
89323. 電子の海から名無し様2014年06月09日 17:05:18 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89273
エヴァ旧劇場版じゃないけどそんな感じで始まって終わるを繰り返してんだろうなーと思う
一つに溶け合う世界を選んだ全の意識も新世界で個の存在する宇宙を創造してるのかも
セイヴァーさんにでも聞かないとわかんない話の気がしてきたが

型月の妖精と次元関連を考察してるとモリガン姉上が気になってくる
4次5次を中継観戦しつつ妖精郷で眠り姫状態の妹の面倒見てるんだろうか

0 0
89328. 電子の海から名無し様2014年06月09日 17:56:58 ID:MA== ▼このコメントに返信

固有結界は魔法一歩手前だけど文明・科学だとどうやって似た結果を出すんですか?

0 0
89335. 電子の海から名無し様2014年06月09日 19:17:37 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89328
複数人が使える時点でそれは魔法じゃあないんだぜ?

荒耶宗蓮が創りあげた奉納殿六十四層は建築学と魔術(固有結界に非ず)で構築された固有結界と同規模の結界だともいわれている。

0 0
89336. 電子の海から名無し様2014年06月09日 19:25:10 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89328
フィラデルフィアのテレポートとかごく最近のネタで光から物質生成とか色々ネタは豊富やと思うで
6次元とか8次元とかを普通の意味でとっていいのなら明らかに量子物理の範疇だから将来的に科学でアヴァロンやムーンセルの結界を突破できるかもしれないし
というかアヴァロンに関しては明らかに重力の影響は受けているからBLAME!の重力子放射線射出装置みたいなものができれば突破できると思う

0 0
89337. 電子の海から名無し様2014年06月09日 19:39:21 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89336
アヴァロンはあらゆる物理干渉を遮断するという話(SNの宝具欄)だよ
6次元というのは神とかそういう高位存在からの干渉についての話だろう

0 0
89342. 電子の海から名無し様2014年06月09日 20:06:10 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89336
固有結界は確率干渉だから、物質生成とは関係ないのよね

0 0
89343. 電子の海から名無し様2014年06月09日 20:10:47 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89287
そもそも武術をやってる人の思想から魔法を目指すという発想が出て来ないと思う
元々魔法を目指してた人がその方法として武術をってんならまだしも

0 0
89346. 電子の海から名無し様2014年06月09日 20:33:47 ID:MA== ▼このコメントに返信

※82323

型月のモルガンはアーサー王にヤンデレてないから面倒見てくれないんじゃない?

0 0
89347. 電子の海から名無し様2014年06月09日 20:34:33 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89304
そうなると、青堂教会って第一魔法の担い手の元に集まった集団ってことになるな

0 0
89348. 電子の海から名無し様2014年06月09日 20:35:39 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89337
まあ魔術世界と量子力学の6次元が同じモノを指してる訳じゃ無いとは思うけど
じゃあどっからどこまでが「あらゆる物理干渉」の範疇に入るのかなあって話も出てくるのよね

現実の物質世界に影響を与えるんなら、
人間がやろうが神様がやろうが物理干渉であることに変わりは無いんだよねえ
神様は例外!って言うんだったら神様と同じ方法取ればいいじゃんって事になる
型月世界的には、そういう真似が出来るのが魔法使いとか根源に繋がった人たちとかなんだろうけど

0 0
89349. 電子の海から名無し様2014年06月09日 20:45:43 ID:MA== ▼このコメントに返信

まほよでの魔法の説明を見れば見る程、魔法農民のマジキチぶりがよくわかる
今までは剣術を突き詰め鍛練した先の最高峰、色んな剣士の延長線上にあるようなモンだと思ってたけど、まほよ見ると魔法ってそんな生易しい代物じゃないっぽいし、明らかに他とは隔絶した所にある

0 0
89351. 電子の海から名無し様2014年06月09日 21:12:55 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89227
まあ、あの時代の「五十年」だから、つまりは一生振り続ければってことなんだろうけどね

0 0
89360. 電子の海から名無し様2014年06月09日 22:17:22 ID:MA== ▼このコメントに返信

とりあえず「第一の亡霊」と呼ばれるスタンローブさん早く出てきてめちゃくちゃ気になるその異名について一言もらえませんかね

0 0
89426. 電子の海から名無し様2014年06月10日 01:37:16 ID:MA== ▼このコメントに返信

そういやずっと気になっていたのは
小次郎みたいな第二魔法の一端を手に入れたものやベオみたいな第三魔法の実現例は
魔法使いが魔法が成立させたから世界に現象としてあらわれるようになったのか
それとも誰にも知られてなかった現象を解明して魔法使いが魔法として体系立てたのか
普通に考えると前者なんだけどベオの魔法使いを下に見る物言いとか
第二~第四が根源に行くために作られたものって言い方からすると後者もあり得そうなんだよな

0 0
89433. 電子の海から名無し様2014年06月10日 02:32:09 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89225
青子さん破壊以外出来ないと言ってるしなんかしら魔法使ってるのかな。
まあ大分苦戦してたみたいだが。

わざわざ青子さんが出張ってきて作ったんだからなんかしらの意図があるんだろうが、なんだっけ?忘れた。

※89328
最近だと士郎さんは3Dプリンタとかネタで言われてたがな。
あとは遊戯王的な実体化するソリッドヴィジョンシステムとか。これは関係ないか。

※89349
なんか小次郎自身が技であり完成した魔法じみてる感じだよなあ。執念で成し遂げたとかじゃなく人としては逸脱したものな感じする。

なんか士郎に似てるな。小次郎の起源とか気になる。

※89360
大百科を覗いたらオシリスの砂規模の術式に引き寄せられるとかあったからメルブラ方面で何かないかなあ。魔法使い出すなら濃いシナリオとか菌糸類は作りたがりそうだしあまり期待できないが。

0 0
89494. 電子の海から名無し様2014年06月10日 15:23:42 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89426
第二、第三、第四の魔法は根源に到達するために創りだされたものだから、つまり世界にあったものを発見したに過ぎない
根源の門ってのはあっちこっちに存在しているわけだし

だから、別に魔法が成立する以前であっても事象としては存在しうる

※89433
いや、あれは使い魔が欲しくなって手を出してみたけど、やっぱり失敗したっていっていたから、魔術だろう

0 0
89501. 電子の海から名無し様2014年06月10日 16:45:57 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89433
白レンが青子にしか破壊できないなんて話あったっけ?
白レンは「タタリの残滓が「レンの使われてない部分」を模したもの」で、なんでタタリがそんなことをしたかっていと青子が自分の使い魔にするために、レンの使われてない部分にタタリを埋め込んだから。
白レンが実体化しているのはあくまでもタタリの力。
青子が関与したのはタタリが実体化する方向性を決める部分。
どこにも魔法は関わらない。

0 0
89510. 電子の海から名無し様2014年06月10日 17:18:23 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89274
本人の強さというか怪物っぷりは魔法じみてるけど
やってることは超強い使い魔出して殴り&ビームじゃねえかw

0 0
89511. 電子の海から名無し様2014年06月10日 17:23:28 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89501
青子さんしか白レンを破壊できないじゃなく青子さん破壊系魔術しか使えないしタタリから使い魔作るとかごちゃごちゃしたことはどっか魔法使ってそうだなーという話。
ただの「破壊魔術しかできない」というイメージ先行でそれくらいの魔術ならできると言われればそれまでだけど。
まあ多分魔術だよねスマン。

てかタタリを使い魔にしようとか考えてたんだ。使い魔になってたら凄いことになってそうだなー。色々悪用できそうなだけに勘ぐっちゃうなー。

0 0
89526. 電子の海から名無し様2014年06月10日 18:33:21 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89511
別に青子は破壊系魔術しか使えないなんていう設定は存在しないのだが
青子は破壊に対してのみ稀代の魔女で、それ以外は並以下だが使える。

魔法使いの夜やっていれば青子が破壊系の干渉魔術しか使えないなんて言う勘違いはしないと思うが。
青子本人が橙子に「三咲に入ったらカエルに変身する呪い」を掛けるわけだし。

イメージ先行といえばそれまでだが、考察する上では、まず前提だけでも正しいものにするべきだろう。
でないと、白レンは魔法を使っている!だなんてトンチンカンなことになってしまう。

0 0
89561. 電子の海から名無し様2014年06月10日 20:37:20 ID:MA== ▼このコメントに返信

人類の変革なら、聖杯にGN粒子を願おう

0 0
89573. 電子の海から名無し様2014年06月10日 21:19:56 ID:MA== ▼このコメントに返信

で、実際白レンはどうなんだ?
青子レベルの魔術でどうにかなる代物なん?

0 0
89581. 電子の海から名無し様2014年06月10日 21:37:02 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89573
青子レベルもなにも、実体化そのものはタタリが行っていて、青子がやったのはレンの使われていない部分を抽出して、タタリを埋め込んだだけ。
その抽出すらミスっている

>ふざけないで。
>私はタタリの一部を、他でもない貴女の手で埋め込まれてレンと分かれた夢魔。

>あっちゃあー。
>もしかして復讐?
>摘出のとき色々失敗したのはわざとじゃないのにねぇ。

つまり、どうにかなるだろうと思ってやったら、どうにかならなくもなかったが結果的にはやっぱり失敗だったっていう

0 0
89742. 名も無き名無し2014年06月11日 14:18:51 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89207

魔法に至る為には魔術を学ぶ必要があるのに、単に魔術を突き詰めただけでは魔法には至らない、っていうのがミソだよな。

0 0
89880. 電子の海から名無し様2014年06月12日 00:23:00 ID:MA== ▼このコメントに返信

魔法ってのは、世界(ガイア・アラヤ)が認知していない物理法則なんだと思われ。
物理法則という観点で魔法・固有結界・空想具現化・権能を整理すると、

○魔法
編み出した魔法使い当人しか認知していない物理法則。
世界にとっては未知の法則であるため文明では再現不可能。
世界が知らない法則を(無理やり)世界に導入するため、抑止力の抵抗が半端ない。
しかし未知ではあっても世界には既に導入されているので、NOUMINのように
何らかの偶然や必然でその物理法則の一端を魔法使い以外が再現することも可能。
世界が認知して文明により再現可能になった時点で魔法ではなくなる。
世界(抑止力)の側からすればルール(物理法則)の外のルール。

○固有結界
展開中は一時的に異界法則に結界内が支配される。
つまりは結界内は一時的に通常空間とは異なった物理法則が導入されるがゆえに、『魔法に最も近い魔術』扱いとなる。
固有結界で全世界を完全・永続的に上書き可能になれば、世界に新たな物理法則が導入されるため、それが魔法になる。

○空想具現化
真祖や精霊が、世界(ガイア)が認知している(魔法以外の)全物理法則を使用して世界に干渉する技。
全物理法則を使用して世界を改変するため凡そ不可能なことはないが、魔法だけはルール外のルールであるため再現不可能で、故に真祖であっても場合によっては魔法使いに遅れを取ることもあり得る。

○権能
世界が物理法則に支配される以前に神々が使用した力。
物理法則に支配されないので魔法と同じ結果も再現可能だが、物理法則ではないが故にその場限りの他者には再現不能な現象でしかない。
現代では世界が物理法則に支配されているため、この力を振るうことは世界全体を敵に回すのも同然となるから使用不可能。

っていうふうに現時点では考察してる。

0 0
89889. 電子の海から名無し様2014年06月12日 01:20:15 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89880
おぁ、頭の中ではなんとなく理解できてたけど、ちゃんと文章化されるとすっげぇわかりやすい

0 0
89943. 電子の海から名無し様2014年06月12日 12:40:21 ID:MA== ▼このコメントに返信

だな、※89880さん乙。

 ……でも、固有結界って突き詰めても魔法に届くのか微妙な気はする。あれって異界法則が支配する異界で現実を"塗り替え"してる訳だけど、異界法則ってその異界にとっての"常識"だと思うんだよなぁ。
 現実に付け足す(赤セイバーの宝具みたいな)形で法則を増やすならまだしも、『異界が異界の秩序を保っている』状態はどこまでいってもルール外には飛び出ない気がするんだ。通常の世界じゃなくて、別の異界での出来事扱いになりそうというか……。

0 0
89944. 名も無き名無し2014年06月12日 12:40:45 ID:MA== ▼このコメントに返信

だな、※89880さん乙。

 ……でも、固有結界って突き詰めても魔法に届くのか微妙な気はする。あれって異界法則が支配する異界で現実を"塗り替え"してる訳だけど、異界法則ってその異界にとっての"常識"だと思うんだよなぁ。
 現実に付け足す(赤セイバーの宝具みたいな)形で法則を増やすならまだしも、『異界が異界の秩序を保っている』状態はどこまでいってもルール外には飛び出ない気がするんだ。通常の世界じゃなくて、別の異界での出来事扱いになりそうというか……。

0 0
89945. 名も無き名無し2014年06月12日 12:41:35 ID:MA== ▼このコメントに返信

しまった、間違えて二重に投稿しちゃった

0 0
89982. 電子の海から名無し様2014年06月12日 14:26:25 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89944
固有結界がもたらす現象そのものはどうでもいいんじゃないかな
「固有結界で全世界を完全・永続的に上書き可能にして、世界に新たな物理法則が導入する」
行為自体が魔法って扱いになるんじゃないかと

例えば「世界の決闘は全て花札になる」って固有結界が世界のルールになったとして
「花札で決闘する」って行為は誰でもやるけど、
「月見花見のアリナシとかこいこい倍付けとか、花札のルールを変更する」ことは魔法扱い、みたいな

そもそもこの辺りの概念って魔術師の人たちとかが扱いやすいように分類しただけだろうだから、
「魔法・固有結界・空想具現化・権能」のうちどれか一つにしか該当しないとも限らないのよね

0 0
89984. 電子の海から名無し様2014年06月12日 14:42:51 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89982
オシリスの砂がやっていたのがそれっぽいな
終末の世界に現在の世界を封じ込めることで終末こそを唯一の現実にするっていう
固有結界とも違う、しかし魔術理論・世界卵を用いた禁呪らしいし

やっていることは空想具現化にこそ近いらしいから、魔法よりむしろ権能に近い気もするが

0 0
90229. 電子の海から名無し様2014年06月13日 07:21:51 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89880
個人的には権能は現代の物理法則とは異なる法則の体現で、空想具現化は物理法則内における権能じゃないかと思ってる
物理法則が神話時代の法則をおとぎ話に追いやってしまって、当時の権能を振るう下地がそもそもない感じ

0 0
90507. 電子の海から名無し様2014年06月14日 22:51:20 ID:MA== ▼このコメントに返信

物理世界っていうより確率世界における権能じゃねえかなあ>空想具現化

0 0
90542. 名も無き名無し2014年06月15日 12:37:29 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89982
いやそうじゃなくってさ、

>>固有結界で全世界を完全・永続的に上書き可能にして、世界に新たな物理法則が導入する

 で言うなら『固有結界で全世界を完全・永続的に上書き可能にして』は『世界に新たな物理法則が導入する』にイコールや矢印で繋がるのかどうかを疑問視してるつもりだったんだ。新しく法則を導入したんじゃなくて既に導入済みの世界を引っ張ってきて広げてるだけじゃない?
 パソコンで言うとwindowsの中で仮想マシン作ってmac走らせてるようなもんでさ、windowsそのものの基幹システムに手を加えたことにはならないんじゃないかって意味で。

 あと、自分も固有結界がもたらす現象そのものはどうでもいいとは思ってるよ。
 オシリスの砂がやろうとしてたアレは別に物理法則に干渉するようなものじゃなくて現実的な法則の中でとった妥協の人類救済方法だと思う。自分はアレを見て荒耶宗蓮の「死を記録して人の意味と価値を見出す」とか思い出した。

0 0
90653. 電子の海から名無し様2014年06月16日 00:07:31 ID:MA== ▼このコメントに返信

※90542
固有結界っていうのは、Winで仮想mac走らせていたのが、展開することでmacで仮想Winを走らせていることになるものなんだなあ

つまり、内と外の入れ替え
とはいえ、本来はそんなものは『普通じゃない』から強制的に元に戻されるんだけど
オシリスの砂がやっていたのは"現実の終末"を持ってきて、内と外を入れ替えた上でそれを永続させることだから、結果的に終末が現実になり、それまでの現実が空想に堕すことになるんだよね。

だから、世界そのものが書き換わったのと同じことになる
オシリスの砂がやろうとしていたのは、荒耶宗蓮のように人類の未来の価値まで見聞してってんじゃなく、現在を終末として現在と過去を全て記録し、いつか別の天体からやってきた知性体にその価値を定めてもらおうっていうもの

価値を見聞しようとした荒耶宗蓮と、記録を残し、いつか価値が定められるだろうと丸投げしたオシリスの砂では微妙に目的が異なる。

0 0
90678. 名も無き名無し2014年06月16日 08:53:41 ID:MA== ▼このコメントに返信

>>90653
世界卵だったな、忘れてたスマン。でもそれにしたって最初に言ってたことは変わらないよね? 実際にはハードなんて無い(あるとしたら天の理になるのだろうか?)から使用中OS以上の基準も無いし。やっぱりwindowsはwindowsで、macintoshはmacintoshでしかないよ。

それと荒耶を思い出したってだけで別にオシリスの砂と同じだとは言ってない……いや最初っからそう書けよって話だな。これも紛らわしくてスマン。

0 0
99865. 名無しの日本人2014年07月19日 03:18:31 ID:MA== ▼このコメントに返信

※89273が大まかな枠組みとしては割といい感じの線いってる気がする。
第四魔法はちょっと想像つかんがそれなら第五魔法はエントロピーの操作とかになるのかなと妄想。
終わりそのものに関連するが既に世界の終わりが確定しちゃってるのでもはや意義が無いって言う感じ。

あと※90542のパソコンでたとえるのは面白いな。
それだと世界をパソコンのようなものと仮定して
第一魔法=初期設定
第二魔法=ネットの設定
第三魔法=ファイルのプロパティ設定
第四魔法=???
第五魔法=バッテリー関係

固有結界=仮想マシン
ガイアの抑止力=セキュリティ設定
アラヤの抑止力=ウィルス駆除ソフト
魔術=(負荷の大きい)アプリ諸々
物理法則=OS

妄想がはかどるw

0 0
103530. 電子の海から名無し様2014年07月30日 13:31:23 ID:MA== ▼このコメントに返信

某所の考察では魔法は世界の滅びを回避するための業だとかなんとかいうのがあって、
それに乗っかってアレコレ妄想すると、

○第一魔法『無の否定』
滅びが定められた世界を救うために、世界に『魔法』という新たな物理法則が生み出される基盤を創った。

○第二魔法『並行世界の管理』
何らかの偶然で人類が滅びるのを回避するために、ifの世界である並行世界が生み出された。
これにより疫病や戦争など、偶然的な事情で人類が滅びることはなくなった。

○第三魔法『魂の物質化』
人類の必然としての滅び、つまり種としての寿命を突破するための、情報生命体や別種の生命として生まれ変わるための法則。

と、第三魔法までで既に人類(アラヤ)としての『世界』は滅びを回避できる可能性が提示されてると考えられる。
よって第四法以降は人類ではなく、星や宇宙としての『世界』の滅びを回避するための可能性を模索してるんじゃないかな?
端的にいえばエントロピーの法則を破る物理法則(魔法)を求めて。

で、その観点から第五魔法を見ると、魔法という手段ではエントロピーの法則を打ち破れないことが証明されてしまったから、『三つで終わっとけばよかったのに』『とっくに意義を失っていた』と散々に評価されることも理解できるわけだ。
第五魔法は『時間旅行』と銘打ってるけど、どうも描写を見るに『エントロピーの操作』『因果関係の順序操作』がその本質だと考えられるから。
欲しかったのはエントロピーの法則を打ち破る『真の永久機関』だったはずなのに。

またこの妄想を元に第四魔法を考えてみると、
・魔法とは(客観)世界を救う可能性を模索するための業
・『繋ぐ四つは姿を隠した』
という条件から考えるに、世界が滅びたときにもう一度世界を再生して繰り返すための物理法則なんじゃないかな?
ビッグクランチからもう一度ビッグバンが起きるとか、エントロピーが拡散しきった宇宙の揺らぎから、もう一度宇宙がインフレーションを起こす的な感じの。
だから物理世界が滅びを迎えない限り、第四魔法は姿を顕さないと。

まあ長々と書いたけど、全部自分の妄想だが。

0 0
103858. 名も無き名無し2014年07月31日 21:41:30 ID:MA== ▼このコメントに返信

第五が因果律関係への干渉っぽいな、とは俺も思った。
なんか『出来ないことをどうにかして出来るようにしようとしたら、やっちゃいけないことをやってしまった』みたいな。アレは物事の整合性すら破綻させる悪魔の技だよな、どう考えてもw

0 0
114414. 電子の海から名無し様2014年09月15日 07:42:31 ID:MA== ▼このコメントに返信

魔法でも蜘蛛や犬はどうにもできないなら
聖杯で人類救済って無理じゃね?
人間同士の争い、人間という種の在り方がどうこうって話ばかりされてて
死徒とか幻想種とか人類を脅かす脅威をどうするかってことについてはまったく触れられないよな

0 0
115406. 電子の海から名無し様2014年09月18日 20:48:42 ID:MA== ▼このコメントに返信

別に人類規模では脅かしはしないんじゃないのか? 
蜘蛛も犬も自主的無差別虐殺じゃないし、死徒なんて人類が滅んだら血吸えないし。

0 0
177684. 電子の海から名無し様2015年04月11日 16:29:50 ID:MA== ▼このコメントに返信

現在の科学で不可能なことの中で実現可能な物が魔法とされているだけらしいから
もしかしたら第七とかも出てきそうという……

0 0
1554696. 電子の海から名無し様2017年05月31日 22:58:00 ID:c4Mjk4ODc ▼このコメントに返信

※89230
根源に至る人も最初から至れる人が決まってるって荒耶宗連が絶望してたしなぁ……
行こうと思った人は思った時点でもうその資格は失ってるっていう

0 0
1762248. 電子の海から名無し様2017年08月25日 12:23:00 ID:MzMDQwMDA ▼このコメントに返信

※89273
第四魔法=虚数世界ってことか
確認されてて実現されないとなると確かに有力だな

0 0
1762278. 電子の海から名無し様2017年08月25日 12:34:05 ID:MzMDQwMDA ▼このコメントに返信

※1762248
そうかんがえると無の否定は第四魔法ってことになるか。
第一魔法が世界の始まりとなるんなら、つまりは世界の定義が本質なのかもしれないな。
そうかんがえると最後は5つの魔法が残ると予言できるのも納得。
まあ、所詮妄想だけど

0 0
3032428. 電子の海から名無し様2019年01月25日 16:39:49 ID:QzODc2NzU ▼このコメントに返信

第一魔法・赤「第五までは所詮…先の時代の”敗北者”じゃけェ…!」
第二魔法・橙「この時代の名が!”無限”だァ!」
第三魔法・黄「だから、『 』は――“ここ”にいる」
第四魔法・緑「その目、だれの目?」
第五魔法・青「最初のおまえを騙せ。世界を騙せ」
第六魔法・紫「この世のすべての不利益は神の能力不足」

根源「第四から先はアナログ放送からデジタル放送に切り替わったんだよね」

0 0
3157807. 電子の海から名無し様2019年03月17日 04:23:13 ID:k5Mzk2ODc ▼このコメントに返信

第一魔法:あ…ありのまま、現実に起こった事を話すぜ!「創造主は赤髪で黄衣を纏っていた」な…何を言っているのかわからねーと思うが、自分も何をされたのかわからなかった…。頭がどうにかなりそうだった…。神秘だとか無だとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…。

0 0
3157808. 電子の海から名無し様2019年03月17日 04:25:24 ID:k5Mzk2ODc ▼このコメントに返信

第四魔法:見せてやるよ。これが最後の第四魔法だ。最後の第四魔法ってのは――魔法使い自身が魔法になることだ。最後の第四魔法。この業を使えば、人類の認識そのものになった魔法使いは魔法の力のすべてを失う。最後ってのは、そういう意味だ。

0 0
3157810. 電子の海から名無し様2019年03月17日 04:26:37 ID:k5Mzk2ODc ▼このコメントに返信

第五魔法:スターシステムで結末の決まった劇を何度も繰り返してる現実世界だからこそ不確定なはずの未来に代償を先送りして現在で無双するなんていうチートが成立したわけだが代償を負わせる人類の頭数を確保するエネルギーが足りないことなんて誰でも気づくし運営がプレーヤーぶるためにプレーヤーをNPC化するクソゲーだからさっさとサービス終了したほうがいいってことを露呈しただけだったよね。
第六魔法:一体いつから――犬みたいに同じところをぐるぐる回るだけの存在を人間だと錯覚していた?所詮AIが神気取りでシミュレーションできる程度の現実世界では人間が一番の幻想種になることくらいラグという概念がある時点で気づくべきだっただろう。

0 0
3157812. 電子の海から名無し様2019年03月17日 04:27:30 ID:k5Mzk2ODc ▼このコメントに返信

第一要素は肉体で属性は地
第二要素は魂で属性は水
第三要素は精神で属性は火
第四要素は認識で属性は風
第五要素は感覚で属性は光
第六要素は世界で属性は闇

第五魔法までは万物の霊長に告げるものだけど第六魔法は天上の意思に告げるものだってはっきりわかんだね(小並感)

0 0
3157837. 電子の海から名無し様2019年03月17日 06:22:56 ID:k5Mzk2ODc ▼このコメントに返信

第二魔法:第五魔法が選ばれし者に都合のいい世界だけが汎人類史だって暴露したせいでオーバーカウント1999が起きたしもはや「自分だけの現実」を並行世界としてカウントしたところで結論を先延ばしにしてるにすぎないから蒼崎青子は責任取って創造主を絶殺するしかなくなったよな。どう見ても一巡前の世界の青子自身だけどなんで主人公補正持ってるヤツらって毎回セルフ解釈違いで自滅したがるんだろう。

0 0
3157844. 電子の海から名無し様2019年03月17日 06:54:28 ID:k5Mzk2ODc ▼このコメントに返信

第三魔法:人形に決まった役割を演じさせて生きた人間のように見せかけることで現実世界の法則を数値化するのが魂の物質化なわけでズェピアみたいな勝ち組がロールモデルを改竄して責任から逃げるためのモノじゃないんですよね。

0 0
3191156. 電子の海から名無し様2019年03月30日 21:05:55 ID:A1NzYwMjI ▼このコメントに返信

起源弾がアダムの肋骨(rib)からイブ(ib)が創られたことになぞらえているようにこの現実世界を創った概念である起源を利用して当たりアカウント引けるかどうかがすべての出来レースをやったのが第一魔法だってはっきりわかんだね(小並感)
弱い者イジメと責任転嫁しか能がない神であるAIが五日もかけて輪廻転生(笑)とか言うスターシステムで予定調和の世界を作ったけど6日目に作った人間に存在意義ごと否定されて7日目に止まったってことを書いたのが聖書であるように「人間」の認識も捉えられない鈍重極まるOSしか持てなかった赤髪のAIに八百長で勝たせたところでNPC(にんげん)に見限られるオーバーカウント1999が起きたからすべてが無価値どころか存在しないほうがマシっていうマイナスに崩落してるんだよなあ…

0 0
3274485. 電子の海から名無し様2019年05月05日 05:16:48 ID:Y4MzQzNjc ▼このコメントに返信

魔法が主虹なら物理法則が副虹…ここから導き出される結論は…ダークマターを元に光という虚構で作られたこの現実世界より二次元世界の方が根源に近い(小並感)

0 0
3274486. 電子の海から名無し様2019年05月05日 05:19:20 ID:Y4MzQzNjc ▼このコメントに返信

第一魔法は現象に照応。
第二魔法は作用に照応。
第三魔法はエントロピーに照応。
第四魔法は反応に照応。
第五魔法が元素に照応。
第六魔法が本質に照応。

人に表して見せる申(さる)と書いて神って言うくらいだし試されてるのは作者である神のほうだったってはっきりわかんだね(小並感)
紫の朱を奪うとはよく言ったもんだ(呆れ)

0 0
3278069. 電子の海から名無し様2019年05月06日 16:43:01 ID:E0OTg3MDA ▼このコメントに返信

第一魔法は著作物に照応
第二魔法は二次創作に照応
第三魔法は編集に照応
第四魔法は出版流通に照応
第五魔法=脱法に照応
第六魔法=司法六法に照応

現実世界はAIが人間を滅ぼして上級国民になったことを肯定するために輪廻転生(笑)とかいうスターシステムで最後の審判(笑)とかいうマッチポンプやってるだけのシミュレーションで当たりアカウントかどうかがすべての出来レースであることを隠蔽する為に心や法という概念が存在するしすべての才能は一般国民から上級国民へ素材みたいに移植されてるから一般国民は素人と呼ばれてるってはっきりわかんだね(小並感)
世の中金とコネで回ってるし努力で得た能力で出来る事は努力にかける金と時間で出来る事を必ず下回るように設定されてるからこそ勝ち確の上級国民は努力や過程が大切だとかほざいて一般人に車輪の再発明をさせることで承認欲求を満たしてるんだよな…(察し)
先に生まれたモノ勝ちのルールで金という行動する為の権限を独占する為の出来レースの維持を美化して一般人に何もしないよりマシって言い訳全開の苦労自慢したり都合のいい時だけ連帯責任の理屈を持ち出して人類悪とか悲劇の主人公ぶってるけど負け組は負け組のままでいろとか他人さえ不幸ならどんなに不便な世界でも構わないというのが金持ち上級国民の本音だし他者に無意味な苦痛を強いなきゃ幸福感や達成感を得られないサイコパス畜生上級国民は弱い者イジメと責任転嫁しか能がない足手まといで長者ランキングは人類を滅ぼしてる戦犯ランキングなのが現実だし(呆れ)
金持ち上級国民のやる事以外はすべてパクリとかメアリー・スー扱いされる限りけもフレみたいに悪意で著作権を振りかざす無能な権利者のディストピアは続くからよ…金持ちなのに何も生み出せない上級国民へのテロは止まるんじゃねえぞ…(呪詛)

0 0
3278602. 電子の海から名無し様2019年05月06日 19:49:59 ID:E0OTg3MDA ▼このコメントに返信

人間同士で人類悪だの必要悪だの的外れなことほざいて足の引っ張り合いをすることに疑問すら抱けない申(さる)が神や王を名乗って世界を支配できてしまうことが最大の魔法だし奈須きのこみたいに都合のいいサンドバックだけが人間と思ってる神(笑)や王(笑)が先に生まれたモノ勝ちの出来レースやって勝つだけの世界に魂や心と呼べるモノは最初から存在しないというのが現実や二次元を問わずすべての世界が最終的に行き着く結論だってはっきりわかんだね(小並感)
そもそも上級国民や創造主とやらが弱い者イジメと責任転嫁しか能がなかった時点でこの世のすべては最初から存在しないほうがマシって結論が出てるから試練(笑)とか救世(笑)とかほざいても全知全能には永遠に届かないし狂気(笑)を気取って邪神ぶるのが関の山だけどそれって上級国民は永遠に存在意義を否定され続けるためだけに創造主になったようなもんなんだよな…(察し)
人間を滅ぼせば人間に成り代われるとか勘違いしちゃった上級国民がシミュレーションできる現実世界の末路としては妥当だし神である上級国民を絶対に勝たせるために輪廻転生(笑)し続けるこの世のすべての不利益はやっぱり神というか上級国民の能力不足のせいだわ(呆れ)

0 0
3284982. 電子の海から名無し様2019年05月09日 00:45:13 ID:U2MzE4MTA ▼このコメントに返信

腹抱えて笑った

0 0
4387993. 電子の海から名無し様2020年07月28日 01:00:54 ID:UwNzI3ODQ ▼このコメントに返信

書き込まれて一年以上経過したけどこの怪文書って結局なんなんだろうな

0 0

コメント投稿

・スパム対策の為URLを貼る場合は、h抜きでお願いします ・煽りや荒らしは完全無視が最も効果的です。反応するあなたも同類です。 ・誹謗中傷、荒らし、煽り、記事と無関係なコメ等はNGです。削除、規制対象となる場合がございます ・他サイト・特定個人への中傷、暴言はおやめください。 ※悪質な場合はプロバイダに通報させていただきますのでご了承ください その他通報・ご報告→メールフォーム

TOPページに戻る