コンプティーク 2011年 8月号 購入

2011年07月08日 20:18 TYPE-MOON
コンプティーク 2011年 8月号

今月号の表紙はブラック★ロックシューター
中の記事でも今度発売するゲームを12ページというボリュームで特集を組んでいます。
見てみましたが、なんだか新しいキャラがどんどん登場してますね。
コンプティーク 2011年 8月号 (1)

付録のTYPE-MOON10周年記念ドラマCD
「恐怖・人類未踏の地底大洞窟!喫茶店地下666メートルの秘境に幻の美少年を見た!!」

セイバー:・・・川澄綾子
間桐慎二:・・・神谷浩史
日比乃ひびき:・・・本多陽子
桂木千鍵:・・・仙台エリ
シエル:・・・佐久間紅美
セブン:・・・戸松遥
ネコアルク:・・・柚木涼香

登場人物はこの7人。
今回初めて聞くことになった戸松遥さん演じるななこですが、これは合ってますね
キャラとマッチしているのもありますが、テンションの使い分けが上手くて違和感なく受け入れられました。
うん、第七聖典かわいい。
ストーリーはお宝を求め、皆でアーネンエルベの地下にある大洞窟に赴くというものでした。
相変わらずパロディネタが豊富で楽しませてくれます。

セイバーは途中からオルタに変化したり
シエルにイギリス名物の料理、フィッシュ・アンド・チップスを馬鹿にされ
「わっちらの国の食いモン馬鹿にすんでねぇ!」
などと言ったりしてましたw

ワカメはなんだか輝いていた。
しかし扱いは相変わらずといえば相変わらずかw
神谷浩史さんは演じてるうちにスタンダートな慎二が分からなくなってきたそうですw

ひびちかコンビとシエル&ななこも相変わらずですね。
やはりシエル=カレーという構図は鉄板です。
「どうせカレー以外のものでも食ったんだろ」
シエル先輩がカレーを食べないだけで皆が心配しますw

というわけで最初から最後まで楽しませていただきました。
ますますカーニバル・ファンタズムが楽しみですね。


フェイト/エクストラ Phantasm4:嵐の夜に
いざ、ライダーとの決戦のお話。
大まかな流れはゲームと同じですが、戦闘シーンや掛け合いにはオリジナルが多いです。
こういうのはゲームのコミカライズの醍醐味ですね~、ライダーの宝具で展開された艦隊に乗り込む所が熱い。

コンプティーク 2011年 8月号 (3)

マスターも戦っているのだという描写もあって面白い。
ゲームでは気になりませんが、マスターも宝具に巻き込まれる危険があるんですよね。
敵がライダーみたいな広範囲にわたる攻撃を持つのが相手では主人公も大変ですねw

コンプティーク 2011年 8月号 (6)

まだまだ不安定な主人公ですがセイバーの信頼に応えるためにシンジのコードキャストを打ち破る所がカッコイイ。
赤セイバーも自分のマスターを褒めちぎります。
ライダーも一緒に戦う以上はシンジは立派な上官だとシンジの事を評していたり
もうちょっと傍にいて鍛えてやりたかったとなかなかの好評価。
このライダーに鍛えられたらシンジもひとかどの人物になっていたかもしれませんね~、聖杯戦争に参加できる才能はあったわけですし。

というわけでライダーとの決着まで見事に描かれていたと思います。
気になったのは「大航海の悪魔(エルドラゴ)」と宝具の「黄金鹿と嵐の夜」の名前は出てきましたが、肝心の真名のドレイクが出てこなかった所かな?

コハエース 第二話「2002年 メル★ぶら」
今回も型月の歴史と共にセガの歴史も教えてくれます。
もう月姫は10年も前の作品で入手も困難ですからねー、秋葉と琥珀がメルブラのキャラだと思われるのも致し方なし?
月姫リメイクが今世紀中あやしいって・・・シャレにならない!
ゲストにはメルブラの話と言うことで、シオンと髪の色が似てるライダーが登場。
素直にシオンを呼ぼうよw
またもやライダー登場・・・これは来月も出るのではw
こうしてみるとメルブラもたくさん出てますね~、まだまだ出そうです(笑)
個人的にはいつかやるという話のHD化がとても楽しみですね。

ひびちかタイム 11Time
夏といえば海、うみといえばやはり水着ですね。
というわけで海の家のお手伝いにやってきたひびちかコンビです。

コンプティーク 2011年 8月号 (7)

しかし集まってくるのはいつもの面子。
というわけでやってることは相変わらずです。
ひびきは海を堪能してますがw
スナオも新キャラの黒衣先生も水着姿でウエイトレスと海の家「アーネンエルベ」も大繁盛です。
よく海の家で店員が美少女だらけというネタは見るが、自分はお目にかかったことはない。


コンプティーク 2011年 8月号 (2)

カーニバルファンタズムの記事。
まさかカーニバルファンタズムの絵柄でひびちかコンビが見れるとは。
しかしこれは今回の付録であるドラマCDでの一場面ですからCPアニメ本編に登場するというわけではないのかな?
それでもちょっと期待してしまいますね。


感想はこんなところで。
9月号は「TYPE-MOON最強特集号!」で付録は「フェイト/エクストラ トイズワークスコレクション にいてんごせいばー」
これは型月ファンとして来月も楽しみです。

オススメ記事

「TYPE-MOON」カテゴリの関連記事

コメント

コメント投稿

・スパム対策の為URLを貼る場合は、h抜きでお願いします ・煽りや荒らしは完全無視が最も効果的です。反応するあなたも同類です。 ・誹謗中傷、荒らし、煽り、記事と無関係なコメ等はNGです。削除、規制対象となる場合がございます ・他サイト・特定個人への中傷、暴言はおやめください。 ※悪質な場合はプロバイダに通報させていただきますのでご了承ください その他通報・ご報告→メールフォーム

TOPページに戻る