Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (5) ひろやまひろし

2012年03月23日 16:30 プリズマ☆イリヤ
Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (1)

ひろやまひろし先生のコンプエース連載漫画、プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!の5巻を買ってきました。
ツヴァイはこれが最終巻になりますが、物語はここから新たなる展開に突入していきます。
アニメ化企画進行も決定していて、プリズマ☆イリヤはどんどん盛り上がりを見せてくれる。
Fate/stay nightのスピンオフ漫画であるこの作品もここまで来たかという感じですね。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (6)

ちなみにアニメ化は去年から進んでいたそうです。
担当編集者さんに居酒屋でポロリされたとか(笑)。

では雑誌掲載時の感想と共にいってみようと思います。

第23話 監視者
この号は巻頭カラーで表紙は武内崇さんとひろやまひろしさんのコラボイラストでしたね。
圧倒的な力を見せた黒化英霊が鏡面界を破壊してこちらの世界へとやってきてしまいます。
地底からヴィマーナで軽々と地盤を突き抜けて地上に行くまでの過程は圧巻でした。
この辺りから見覚えのある宝具もチラホラ出てきてこの英霊の正体は疑いようもありませんね。

第24話 地下のその地下にあるモノ
この号にはプリズマ☆イリヤが活躍するドラマCDの「イリヤエ・ロボマエ」が付いてました。
マジカルルビーと琥珀で声優がかぶってしまうのですが、その時の対応策は意外なものでしたw

カレン・オルテンシアも本編に関わってきてシリアスに拍車がかかる。
こんな空気でもコミカルなシーンもちゃんとあるあたりは流石の一言。
カレンの戦闘服に「スカートはいてない」ネタをやってくれました(笑)。

大空洞のある円蔵山に向かった黒化英霊を見つけたイリヤと美遊。
巨大な魔方陣の上で笑う黒化英霊を押し出そうとするのですが、押し出されたのは金髪の子供でした。
まさかの子ギル登場にはビックリでした。しかも全裸。
その上イリヤに●●●を握られていたというから、もう何がなにやらって感じですねw

第25話 金色の少年

ワールドワイド!さすがは英雄王でございます。
この号はギャグな部分でしっかり笑せてくれました。
異常事態が進んでる中ですっぽんぽんの子供とやりあう魔法少女というのも凄い絵です(笑)。
そして子ギルから語られる驚愕の事実からシリアスへ。
アインツベルンとは別の聖杯戦争や美遊の秘密、そして平行世界の関わりが明らかに。
ここから謎がいろいろと分かってきます。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (2)

ちなみに修正されてる所もありました。
雑誌掲載時に修正するって言ってましたがまさかこっち方面とは。これは際どい(笑)。

第26話 黒色の運命

これまで謎だった様々な設定が明かされるのですが、
それがFate本編の設定を踏襲しているからファンとしてはたまりません
聖杯や並行世界などに美遊も絡めて、ここにきて物語の根本に関わる存在となりました。
そして子ギルのお姫様発言と共になんだか囚われのヒロイン的なポジションへと。
それを助けようとするイリヤはまさにヒーローですね。
イリヤと美遊の友情が大きく描かれているのが見所でした。

最終話 世界の片隅で君の名を

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (3)

イリヤが覚醒してツヴァイフォームの新コスチュームをお披露目。
可愛く素敵な姿で巨大な黒化英霊と真っ向からぶつかるバトルシーンが見所です。
いや、それにしてもバトルの迫力が半端無い。怒涛の勢いで戦闘してます。
何よりエアと打ち合う程の力を見せるのだから驚きですね。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (4)

イリヤの奮闘もあって助け出された美遊。
「わたしたちは友達だから」の流れから、イリヤと美遊の美しい友情を魅せてくれます。
美遊の表情が乙女チックモード全開。二人の絆がより深まったのを感じさせる実に美しい光景です。

Fate kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 5巻 (5)

このまま大団円かと思った所に現れたのは謎の二人。
片方はアーチャー(ギルガメッシュ)のカードをインストールした少女。
もう一人は何者かサッパリ分かりません。
わかったのはエアの作った世界の裂け目から美遊を迎えに来たということ。
ということは並行世界の存在でしょうか。
しかし美遊に対する扱いがとても好意的なものではありません。

そして引き裂かれるイリヤと美遊の絆。
ハッピーエンドかと思った矢先に訪れた衝撃のラストでした。
改めて表紙を見直してみるとこの結末を予感させるかのような切ない構図になっています。
一体二人は、そして周りに居た他のメンバーはどうなってしまったのか。
この結末から物語は3rei(ドライ)へと続きます。


最終巻と聞いてどうまとめるのかと思ってたら、まさかのドライです。
ここからどのように物語がどのように展開していくか本当に気になりますよ。
とりあえず受肉した子ギルが今度こそ味方になってくれたら個人的に面白いと思っていたりする。
普通なら強すぎる味方ですがエアやエルキドゥのような主力はたぶん持ってかれてるんじゃないかなと。
子ギルも友(鎖)を取り戻すためという奇しくもイリヤと同じ目的を持つ展開になったら燃えるではないですか!
全力を出して負けた子ギルがなんだか清々しそうだったから、イリヤを友人として扱うとかも面白いかも。

まあ自分の予想はあてにならないので鵜呑みにしないように(笑)。
まだまだこの作品が楽しめるというのは純粋に嬉しいですね。
アニメ化も決まりましたし盛り上がりも絶好調なプリズマ☆イリヤをこれからも応援していきたいと思います。

オススメ記事

「プリズマ☆イリヤ」カテゴリの関連記事

コメント

コメント投稿

・スパム対策の為URLを貼る場合は、h抜きでお願いします ・煽りや荒らしは完全無視が最も効果的です。反応するあなたも同類です。 ・誹謗中傷、荒らし、煽り、記事と無関係なコメ等はNGです。削除、規制対象となる場合がございます ・他サイト・特定個人への中傷、暴言はおやめください。 ※悪質な場合はプロバイダに通報させていただきますのでご了承ください その他通報・ご報告→メールフォーム

TOPページに戻る