Fate/complete material V Hollow material.

2012年02月25日 10:00 TYPE-MOON
ホロウ マテリアル (1)

シリーズ第5弾であるホロマテが発売ということで買ってきました。
いままでありそうでなかったhollowの本ということでついに来たかって感じですね。
とにかくゲームで使われたイラストやCG、立ち絵や表情差分は当たり前。
特典や雑誌のイラストからHPで公開したカウントダウンなんかも全て網羅してます。
今回初めて公開されるラフ画などもあり、もはや出し惜しみは無しだ!と言わんばかりに豪華な仕様でした。


ホロウ マテリアル (2)

それにしてもホロマテでこのみを見るとは思わなかったよ。
■セイバー&このみ 「ちょwwこのコラボは・・・ww  こ、これはイイものだ!」
↑アキバblogさんから当時の雑誌でコラボした時の記事。
もう6年も前になるんですねー。インパクトがあったのは覚えてますよ。
このようにとにかくhollowに関するイラストは全て収録されてる勢いです。

ホロウ マテリアル (3)

SDキャラのパターンも全て収録。
こういうチビキャラが好きな自分としては嬉しい限りです。

ホロウ マテリアル (6)

ミニゲームのトラぶる花札道中記や風雲イリヤ城も当然あります。
花札に関しては後から追加されたキャラも全て掲載。
ちゃんと穂群原にゃーにゃーズと穂群原にゃーにゃー団も居ますよー。

ホロウ マテリアル (5)

イリヤ城だって各キャラのドットパターンまで細かく載ってて素晴らしい。
でっでれでっで♪ でっでれでっで♪ でれでれでーでーでーでー♪

物語を追体験できるビジュアルストーリーも掲載されてます。
読み進めるたびに当時の記憶が蘇ってあの時の感動と充実感を思い出す。
う~ん、久しぶりにまた遊びたくなって来ました。

見たこと無いイラストもチラホラあります。
アルゴンコインのビジュアルはたぶんこの本が初登場だと思う。
こんな感じのキャラなのかー。
hollowに登場したら一成に続く小言を言うキャラだったことでしょう。あそこまで小姑ではないでしょうが(笑)

ホロウ マテリアル (4)

そしてこやまさんは相変わらずキャスター好きなんだなあとw

各キャラの随所に武内崇さんと奈須きのこさんのコメントもありますよ。
武内さんがあのイラストを勝手に用意した、ピカソは天才、
若い頃の葛木宗一郎はきのこさんの処女作の主人公(静希草十郎)のイメージでもある、
などなど、色々な裏話が聞けて面白かったです。
あとプリズマ☆イリヤや氷室の天地の事に言及してたのも嬉しかった。

そしてhollowということでカレンとバゼットは外せません。
コメントでは嬉しい情報がいくつか。

ホロウ マテリアル (8)

たとえばカレンのその後について・・・

>奈須: ……『hollow』後はその終生まで暗黒の聖者を追いかけ続け、
>     最期の悪魔祓いが成った時、望みが叶ったとかなんとか。


望み・・・最期にアンリと会うことが出来たとかでしょうか?
それがどんなカタチかはわからないけど嬉しくなるコメントですね。

そしてバゼットのコメントでは初期設定では髪は水色だったとか。
想像してみたら実力は変わらないけど、なんだか優しげなキャリアウーマンみたいなイメージになりましたw

ホロウ マテリアル (7)

そして爆弾発言。

>『月姫2』では鮮烈な登場シーンを予定していますので、もう気長に待っちゃってください。

なんだと!?
カーニバル・ファンタズムのコメントでも「月姫2」の話が少し出てましたけど今度は明確な情報が。
小出しとはいえ公式サイドから言及されるともう期待しちゃうのはしょうがない。
TYPE-MOONさんには是非とも頑張ってもらいたいです。
何時になるかは分かりませんが、待つのは慣れてるので待たせてもらいますともいつまでも~。
差し当たって・・・まずは月姫リメイクですね。

最後の奈須きのこさんと武内崇さんによる2ページの対談でも興味深い話が色々聞けました。
特にTYPE-MOONにとってのFateは「ガンダム」だとか、単純に続編は作らないけど何か思いついたらやるとか、
付き合ってくれるユーザーのみんなが楽しめるよう頑張るなどなど、今後の展開を感じさせます。
自分も「またFateか!」と言いつつ作品を楽しんでるクチですね(笑)

>奈須: 今やりたい『Fate』はあれだね、『Fate無双』(笑)。

サーヴァントも増えてきたし色々と遊べそうなゲームですねw
サバプラスと一緒に実現できるならして欲しいゲームです。
他にもhollowで星空めておさんが担当したシナリオの話、製作時の面白エピソードや小ネタが沢山ありました。


というわけで、今まで続いたマテリアルシリーズはこれで最後とのことです。
魔法使いの夜を前にようやくFateの正史に幕を下ろすカタチになったとはきのこさんと武内さんの言です。
「Fate」ファンならば押さえておいて損は無い、今までを締めくくるに相応しい素敵な一冊でした。

オススメ記事

「TYPE-MOON」カテゴリの関連記事

コメント

コメント投稿

・スパム対策の為URLを貼る場合は、h抜きでお願いします ・煽りや荒らしは完全無視が最も効果的です。反応するあなたも同類です。 ・誹謗中傷、荒らし、煽り、記事と無関係なコメ等はNGです。削除、規制対象となる場合がございます ・他サイト・特定個人への中傷、暴言はおやめください。 ※悪質な場合はプロバイダに通報させていただきますのでご了承ください その他通報・ご報告→メールフォーム

TOPページに戻る